西郷どん 第7話「背中の母」 ~相次ぐ肉親の死と最初の結婚~

e0158128_15131310.jpg

 嘉永5年(1852年)、西郷吉之助(隆盛)の身辺に不幸が相次ぎます。まず、7月18日に祖父の西郷龍右衛門死去。没年齢はわかりませんが、息子の吉兵衛がこのとき47歳だったことから想定すると、この時代としては長寿70歳前後だったんじゃないでしょうか。ドラマでは温厚なおじいちゃんでしたが、実際には、どんな人だったか詳しくは伝わっていません。藩職は御台所御番という最下級のお役目で、石高も47石の小身でしたが、後年の西郷隆盛・従道兄弟大山巌の祖父にあたる人物となるわけですから、英雄のDNAを持っていたのかもしれません。

 龍右衛門の死から2ヶ月余りが過ぎた9月27日、今度は父の西郷吉兵衛が死去します。享年47。死因は病没としかわかっていません。ドラマでは突然死、いわゆるポックリ系の設定でしたね。人生50年と言われた時代ですから、それほど若死にというわけではなかったのかもしれませんが、父の龍右衛門の長寿を思えば、やはり早かったといえるでしょうか。吉兵衛の家格は御小姓与で、勘定方小頭を務めました。その人となりは詳しくは伝わっていませんが、寡黙で実直な能吏であったものとみられています。


 そして、さらに2ヶ月が過ぎた11月29日、夫の後を追うように母のマサ(満佐・政佐)が亡くなります。没年齢はわかりませんが、長男の吉之助の年齢から考えて、40代前半だったんじゃないでしょうか。自身も病気でありながら、看病にあたったのが、死期を早めたのかもしれませんね。夫同様その人となりは詳しく伝えられていませんが、四男三女を生み育て、あの英雄肌の西郷隆盛・従道兄弟の母だったわけですから、きっと、ドラマのようにおおらかな女性だったんじゃないでしょうか。


 わずか4か月余りの間に立て続けに両親と祖父を亡くした西郷。このとき彼は数えの25歳で、まさに厄年でした。父が亡くなった直後の9月の時点で吉之助の家督相続願が藩に提出され、翌嘉永6年(1853年)2月に正式に藩によって認められます。これにより、西郷はひとりで弟妹たちを支えなければならなくなりました。


e0158128_22092865.png ただ、ひとりといっても全くの独りぼっちではなく、両親が亡くなる少し前、西郷は両親の勧めで結婚していました。西郷にとって最初の妻となる須賀です。彼女についての史料は極度に乏しく、鹿児島城下上之園町に住んでいた伊集院兼善の長女で、このとき20歳だったということぐらいしかわかっていません。ネタバレになりますが、“最初の”妻と述べたとおり、二人の結婚生活は長くは続かないんですね。その理由は詳しくはわかっていませんが、ドラマでの須賀は、いかにも幸薄そうな雰囲気を漂わせていましたね。次週のタイトルは『不吉な嫁』(笑)。たしかに、彼女が嫁いできてすぐに父母が亡くなったわけですから、そう思われたかもしれません。二人の短い夫婦生活がどのように描かれるのか、楽しみにしましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-19 19:01 | 西郷どん | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その202 「等持院」 京都市北区

シリーズ200を超えましたが、関西を中心とした『太平記』ゆかりの地は、ほぼ網羅できたんじゃないかと思っています。

というわけで、このあたりで、ひとまず一区切りにしようかな・・・と。

そこで、その節目を飾るのは、足利将軍家の菩提寺「等持院」です。


e0158128_15273973.jpg

ここ等持院は「その158」で紹介した臨済宗天龍寺派の古刹で、室町幕府を開いた足利尊氏が、興国2年/暦応4年(1341年)に「その157」で紹介した洛中の等持寺を建立し、その2年後の興国4年/康永2年(1343年)、この地に別院北等持寺を建立したことに始まるといわれます。


e0158128_15280674.jpg

開山当初は「北等持寺」と呼ばれましたが、尊氏の死後はその墓所とされ、尊氏の法名をとって「等持院」に寺号を改めたと伝わります。


e0158128_15285146.jpg

ここ等持院は紅葉の名所としても知られていますが、わたしが訪れたこの日は11月26日。

だいぶん枯れかけてはいましたが、辛うじて残っていました。


e0158128_15301652.jpg

庫裏と呼ばれる入口を潜ると、すぐに方丈(本堂)があります。


e0158128_15302185.jpg

屋根瓦には足利家の家紋(足利二つ引)が見えます。


e0158128_15302450.jpg

方丈に入るとすぐに、達磨図の衝立が目に入ります。

これ、似たような衝立が天龍寺にもありましたよね。

こちらの絵は、天龍寺の元管長で等持院の住職でもあった関牧翁の作だそうです。


e0158128_15334122.jpg
e0158128_15334561.jpg

こちらは方丈から望む南側の庭園。


e0158128_15352609.jpg

方丈の回廊を奥に進むと、はなれのような建物があります。


e0158128_15354081.jpg

それがこれ、霊光殿という建物です。

実は、ここに来たいちばんの目的はここ。

この中に、尊氏が日頃念持仏として信仰していた利運地蔵菩薩(伝弘法大師作)を中心として、足利歴代の将軍木像(第5代義量と第14代義栄を除く)が、徳川家康の像と共に安置されています。

残念ながら木像の撮影は禁止だったので、建物外から中を望遠レンズでブームイン

これくらいは勘弁してください。


e0158128_15362614.jpg

左右に木像のシルエットが見えるのがわかるでしょうか?

これらの像がいつの時代に作られたものかは、説明書きなどがなかったためわかりませんでしたが、家康の像は、42歳の厄除けのために自ら作らせたものだそうです。

時代は下って幕末、文久3年(1863年)2月22日、倒幕派の志士たちによって足利尊氏・足利義詮・足利義満三代の木像の首が鴨川の河原にさらされる事件が発生しますが(足利三代木像梟首事件)、そのときの木像が、ここに安置されている木像です。

3体の首のあたりをじっくり観察しましたが、斬首された痕跡はわかりませんでした。

どうやって繋いだんでしょう?


e0158128_15391413.jpg

方丈北側に目をやると、夢窓疎石の作と伝わる見事な庭園が広がります。


e0158128_15403295.jpg

しばし庭園を散策。


e0158128_15431233.jpg

水面に映る紅葉。

ちょっと枯れかけですが。


e0158128_15442098.jpg

紅葉、紅葉、紅葉。


e0158128_15452980.jpg

庭園の一角に、「足利家十五代供養塔」と伝わる全高5m十三重塔があります。

等持院では、代々、大切に供養されてきました。


e0158128_15483896.jpg

で、庭園の片隅に樹樹に隠れるようにひっそりとある宝篋印塔

これが、尊氏の墓だそうです。


e0158128_15484229.jpg

高さ約1.5m

室町幕府の開祖の墓としては、なんと小じんまりした墓でしょう。

これまでこのシリーズで見てきた楠木正成新田義貞などの墓と比べても、ずいぶんと小さく質素なたたずまい。

どう見ても征夷大将軍の墓とは思えません。


e0158128_15484532.jpg

尊氏が死んだのは正平13年/延文3年(1358年)4月30日、自身の落胤で弟・足利直義の養子となっていた足利直冬との合戦で受けた矢傷による背中の腫れ物がもとで、洛中の等持寺で死去したと伝わります。

享年54


e0158128_15512937.jpg
e0158128_15513363.jpg

『太平記』巻33「将軍御逝去事」では、尊氏の死を次のように伝えます。


病日に随て重くなり、時を添て憑少く見へ給ひしかば、御所中の男女機を呑み、近習の従者涙を押へて、日夜寝食を忘たり。懸りし程に、身体次第に衰へて、同二十九日寅刻、春秋五十四歳にて遂に逝去し給けり。さらぬ別の悲さはさる事ながら、国家の柱石摧けぬれば、天下今も如何とて、歎き悲む事無限。さて可有非ずとて、中一日有て、衣笠山の麓等持院に葬し奉る。

(病は日を追って重くなり、時とともに容態も思わしくないように見えてきたので、将軍の屋敷に仕える男女らは固唾を飲んで見守り、側近く仕える従者らは涙をこらえ、日夜寝食も忘れていました。やがて身体は次第次第に衰え、四月二十九日の寅刻(午前四時頃)、享年五十四歳にして、ついに逝去しました。それでなくても別れは悲しいものなのに、国家の柱石が砕けてしまったので、天下は今後一体どうなるのかと嘆き悲しむ限りです。しかし、いつまでも悲しんでいるわけにもいかず、中一日おいて、衣笠山の麓にある等持院に葬りました。)


ここ等持院に葬ったと伝えていますね。

さらに『太平記』はこう続けます。


哀なる哉、武将に備て二十五年、向ふ処は必順ふといへ共、無常の敵の来るをば防ぐに其兵なし。悲哉、天下を治て六十余州、命に随ふ者多しといへ共、有為の境を辞するには伴て行く人もなし。身は忽に化して暮天数片の煙と立上り、骨は空く留て卵塔一掬の塵と成にけり。

(生まれながらの武将として二十五年、向かう先は全て彼に従ってきたといえども、死を迎えるにあたってそれを防ぐ兵士はいません。悲しいかな、天下を治めて六十余州、彼の命令に従う者は多いといえども、この世を去るにあたって伴ってくれる人もいません。身は忽ちにして暮れ行く空を立ちのぼる僅かな煙となり、はかなく残った骨は僅かばかりが墓石の塵となりました。


『太平記』は南朝よりに書かれた物語ですが、尊氏の死に際しては、ひとつの時代の終わりを伝えています。


e0158128_15513618.jpg

さて、冒頭でも述べたとおり、この稿をもって『太平記を歩く』シリーズはひとまず終わりにします。

関西を中心に山陰、北陸をめぐってきた202回でしたが、日本全土に目を向けると、『太平記』ゆかりの地は、関東、東北、東海、四国、九州などにまだまだ数多くあります。

いつの日か、また続きを再開できればと思っていますが、なにぶん遠方ばかりになるため、資金と時間が許せばですが・・・。

そのときは、また、おつきあいください。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-17 09:02 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その201 「大光明寺陵」 京都市伏見区

北朝の光明天皇(北朝第2代天皇)、崇光天皇(北朝第3代天皇)、そしてその孫にあたる治仁親王が眠る「大光明寺陵」を訪れました。


e0158128_21292703.jpg

大光明寺とは、室町時代のはじめにこの辺りにあった臨済禅宗の寺院で、北朝の護願寺だったそうです。

現在の大光明寺陵の場所は、かつて伏見殿上御殿があった付近で、明治時代に入り、光明・崇光両天皇の遺骨は大光明寺に納められたとの一部の古記録から、かつて大光明寺のあったと伝わる付近に円丘の御陵が整備されたそうです。


e0158128_21293255.jpg

宮内庁の案内板です。

治仁親王のことを「後伏見天皇皇玄孫」と表していますね。

後伏見天皇(第93代天皇)は光厳上皇(北朝初代天皇)の父です。

なぜ、「崇光天皇の皇孫」ではいけないのか?

北朝5代の天皇が歴代天皇に数えられていないからでしょうか?


e0158128_21311791.jpg

御陵までの長い道。


e0158128_21312003.jpg

御陵が見えてきました。


e0158128_21354682.jpg

御陵です。


e0158128_21360179.jpg

光明天皇は足利尊氏の擁立で、延元元年/建武3年(1336年)に即位し、延元3年/暦応元年(1338年)には尊氏を征夷大将軍に任じて室町幕府樹立に一役買った天皇です。

後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)も、いったんはこの即位を認めましたが、その後、吉野にのがれて南朝をひらき、以後50余年にわたる南北朝対立の時代となります。

つまり、南北朝の分裂時の天皇であり、事実上、光明天皇が北朝初代の天皇という見方もできるわけです。

康暦2年/天授6年(1380年)6月24日崩御。

在位12年、宝算60歳。


e0158128_21360588.jpg

崇光天皇は正平3年/貞和4年(1348年)に譲位を受けて即位しますが、同じ頃、足利幕府内では内紛が激しくなり、正平6年/観応2年(1351年)に尊氏が南朝に下ったことで正平一統が成立し、一時的に北朝は消滅

これにより崇光天皇は廃位となります。

その後、「その197」で紹介した天野山金剛寺幽閉生活を送り、京に戻ったのちは仏門に入り、応永5年(1398年)に崩御しました。

在位3年、宝算65歳。


e0158128_21354925.jpg

ただ、前稿の山国御陵と同じく、この大光明寺陵も、宮内庁のHPで紹介されている歴代天皇陵には記載されていません。

というのも、現在の天皇家の歴史は、南朝が正統とされているからです。


e0158128_21355334.jpg

明治44年(1911年)に起きた南朝、北朝どちらが正統かという議論「南北朝正閏問題」で、「南朝正統論」を広めることこそ日本国民の道徳教育であると一部の歴史家が唱えたことにより、大逆事件などの政治問題と絡んで国会で追及された桂太郎内閣が、明治天皇(第122代天皇)の裁可を得て南朝を正統と決定しました。

これにより、北朝5代天皇は歴代天皇からは除外されてしまいます。

その後、「南朝正統論」は国策として進められ、教科書では「南北朝時代」「吉野朝時代」と改められ、政府を挙げて南朝の正統性を国民に浸透させようとしました。

ただ、それまでの明治政府は北朝を正統としてきたため、このような立派な御陵が建てられていたんですね。


e0158128_21355698.jpg

ちなみに、現在の皇室は北朝の血筋です。

もはや南朝正統論が政治的意味を持たなくなった今日、北朝5代天皇を歴代天皇に復帰させてもいいように思うんですけどね。

そうしてこその南北朝合一なんじゃないかと。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-15 22:40 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その200 「光厳天皇髪塔」 京都市右京区

光厳天皇(北朝初代天皇)の御陵前稿で紹介した常照皇寺にあり、「その196」で紹介した天野山金剛寺に遺髪を葬った分骨陵がありますが、「その158」で紹介した嵐山の天龍寺の東側正門前にある金剛院の境内にも、光厳天皇の髪塔があります。


e0158128_21232360.jpg

金剛院の境内といっても、嵐山の観光のメインストリート沿いにあるため、お寺の境内といった雰囲気ではありません。


e0158128_21232745.jpg

なぜ、この地に光厳天皇の遺髪が葬られたのかは、調べてみたのですが、わかりませんでした。

金剛院と天野山金剛寺が、何かつながりがあるのでしょうか?

あるいは、天龍寺を建立した足利幕府が、その境外塔頭である金剛院に持ってきたのかもしれません。

ただ、天龍寺が後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の菩提を弔うために足利尊氏によって創建された寺院であることを思えば、その真向かいに光厳天皇の遺髪を葬るというのは、どういう意図だったのでしょうね。

当人たちは、それを望んだかどうか・・・。


e0158128_21233125.jpg

「髪塔」とされていますが、現在、塔は存在せず、「髪塚」といった方が正しいかもしれません。

おそらく、かつては宝篋印塔があったのでしょう。


e0158128_21233557.jpg

前稿でも紹介したとおり、後醍醐天皇に勝るとも劣らない波乱万丈な人生を送った光厳天皇ですが、現在の天皇家の歴史は南朝が正統とされているため、歴代天皇には数えられません。

しかし、現在の皇室は北朝の血筋であり、そういうこともあってか、一応は宮内庁によって管理されています。

まあ、いわば、備考欄のような扱いですけどね。


e0158128_21233879.jpg

でも、戦前は、北朝5代天皇の存在すら学校で教えなかったといいますから、戦前教育を受けた世代の人たちには、知られていなかった天皇といえます。

戦前は逆賊あつかいだった足利尊氏が擁立した天皇ですからね。

いまでも、南北朝時代って、それほど時間を割いて教えませんよね。

そのせいもあってか、この日も、観光客でいっぱいの嵐山のメインストリート沿いにありながら、この塚の前で足を止めていたのは、わたしだけでした。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-14 22:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

西郷どん 第6話「謎の漂流者」 ~ジョン万次郎と薩摩藩~

e0158128_23434994.jpg
 土佐の貧しいの家に生まれながら、少年期に遭難してアメリカの捕鯨船に助けられたことで、アメリカに渡り、西洋文化に触れ、帰国後はその知識で幕府高官にも討幕の志士たちにも多大な影響を与えたことで知られるジョン万次郎こと中濱萬次郎。天保12年(1841年)、14歳のときに漁師仲間4人と共に遭難し、伊豆諸島の無人島鳥島に漂着して何とか命を繋いでいると、143日目にアメリカの捕鯨船ジョン・ホーランド号に救助されます。その後、他の4人はハワイで下船して日本に帰国しますが、好奇心旺盛だった少年・万次郎はこのまま船に残りたいと希望し、その向学心を気に入った船長のホイットフィールドは、そのまま本国へ連れて帰りました。

 アメリカ本土に渡った万次郎は、ホイットフィールド船長の養子となります。そしてオックスフォード学校、バーレットアカデミーに通い、英語、数学、測量術、航海術、造船技術などを猛勉強し、なんと首席で卒業したといいます。英和辞典なんてない時代ですからね。ていうか、言葉のハンデだけじゃなく、万次郎の場合、土佐にいた頃は貧しさで寺子屋に通うことも出来ず、読み書きもほとんど出来なかったといいます。そんな状態から、わずか2年半の在学で首席になったわけですから、すごい吸収力ですよね。それと、そのポテンシャルの高さを見抜いて教育を受けさせたホイットフィールドもすごいですね。もし、あのまま土佐で漁師をしていたら、万次郎はその頭の良さを発揮できる機会を得ることなく生涯を終えたことでしょう。人生はわからないものです。


 学校を卒業後は捕鯨船に乗る道を選び、一等航海士として世界の海を股にかける生活をしていましたが、アメリカに渡って10年近くが過ぎた嘉永3年(1850年)、日本に帰国することを決意。万次郎は捕鯨船時代の収入に加えて、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアで働いて資金をため、小型船の「アドベンチャー号」を購入し、上海に向かう商船に乗せて日本に向かいました。


e0158128_20010110.jpg

翌嘉永4年(1851年)2月、万次郎はアドベンチャー号で当時は薩摩藩領だった琉球に接岸し、番所で尋問を受けたのち、薩摩本土に送られました。言うまでもなく当時の日本は鎖国状態。日本船の海外渡航と在外日本人の帰国を全面的に禁止する海外渡航禁止令が布かれており、その禁を破った万次郎は、下手をすれば死罪になりかねません。ところが、万次郎にとって幸運だったのは、ときの薩摩藩主が開明的で知られる島津斉彬だったこと。「蘭癖」と呼ばれるほど西洋の学問技術を好んだ斉彬にとっては、万次郎はまさに歓迎すべき人物だったわけです。斉彬は万次郎一行を手厚く歓待し、斉彬自ら直々に質問するなどの厚遇ぶりだったといいます。このときはまだ、ペリー提督率いる黒船艦隊来航の2年前で、世の中はまだ、西洋文明に対してそれほど明るくない時代です。もし、万次郎の帰国があと数か月早ければ、前藩主・島津斉興によって死罪にされたかもしれません。人生はわからないものです。

 このとき万次郎が薩摩に滞在したのは47日間。その間、薩摩藩は万次郎から洋式の造船術や航海術、さらには海外の情勢や文化なども貪欲に教えを請い、その後、斉彬はその情報を元に和洋折衷船の越通船を建造しました。万次郎はその後、長崎に送られ、投獄されて取り調べを受けたあと母藩である土佐藩に引き取られ、そこでもまた取り調べを受け、琉球に着いてから1年半後、ようやく故郷の中濱村に帰ることができました。その後、すぐに万次郎は士分に取り立てられ、黒船来航後は幕府に招聘されて直参の旗本になり、激動の幕末にその存在感を示すこととなります。もし、万次郎が帰国したのが幕末と言われる時代でなければ、彼は単なる罪人でしかなかったかもしれません。ほんと、人生ってわからないものですね。

 ちなみに、「ジョン万次郎」という呼び名は、昭和13年(1938年)に直木賞を受賞した井伏鱒二の著書『ジョン萬次郎漂流記』で用いられて広まったもので、当時は、遭難した万次郎を助けた船名にちなんでジョン・マン (John Mungという愛称をアメリカ人からつけられていました。この点、ドラマは忠実でしたね。

 西郷吉之助(隆盛)は、このときはまだ斉彬に引き上げられておらず、万次郎に会うことはなかったでしょう。後年に万次郎は薩摩藩の洋学校(開成所)の英語講師として招かれますが、その頃の西郷は倒幕に向けて日本中を縦横無尽に飛び回っていた時期であり、万次郎と会っていた可能性は低いと思われます。二人の会う機会があったとすれば明治維新後だったでしょうが、記録は残っていません。お互い名前くらいは知っていたでしょうけど。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


# by sakanoueno-kumo | 2018-02-12 00:01 | 西郷どん | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その199 「常照皇寺(山国御陵)」 京都市右京区

京都北郊の山中にある、常照皇寺を訪れました。

ここは、出家した光厳天皇(北朝初代天皇)が晩年に開山して隠棲した寺院で、光厳天皇陵(山国御陵)があります。


e0158128_20440475.jpg

参道入口です。

ここは紅葉の名所として知られていますが、人里離れた山奥ということもあり、それほど人は多くない穴場スポットです。

わたしがここを訪れたのは平成29年(2017年)11月11日。

もちろん、紅葉狙いです。


e0158128_20440820.jpg

真っ赤です。


e0158128_20463199.jpg
e0158128_20463610.jpg

山門です。

長い石段は、まだ楓のレッドカーペットはできていません。

あと1週間ほど経ってからのほうがよかったかも。


e0158128_20485399.jpg


石段を上りきったところにある勅額門です。


e0158128_20502713.jpg

勅額門をくぐると、目の前に紅葉が広がります。

太陽が照っていればもっと鮮やかに見えたでしょうが、少し残念。


e0158128_20533138.jpg

正面に見えるのは勅使門

現在は閉ざされていて使われていません。


e0158128_20514383.jpg

光厳天皇は、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の失脚により、鎌倉幕府によって擁立されますが、その後、配流先の隠岐島を脱出した後醍醐天皇が討幕の兵を挙げると、討幕方に与した足利尊氏の軍勢によって京都の六波羅探題が攻め滅ぼされ、光厳天皇は後伏見上皇(第93代天皇)・花園上皇(第95代天皇)らとともに北条仲時に連れられ、東国に逃れるべく京を落ちます。

しかし、ほどなく近江番場宿で捕らえられ、在位僅か1年8ヶ月で廃位されます。


e0158128_20560683.jpg

その後、復権した後醍醐天皇によって、「朕の皇太子の地位を退き、皇位には就かなかったが、特に上皇の待遇を与える」として、光厳天皇の即位そのものを否定されます。

ところが、後醍醐天皇の建武の新政はわずか2年で崩壊

再び後醍醐天皇が京を追われて吉野朝を起こすと、光厳上皇は足利幕府の庇護の下、北朝院政を行いました。


e0158128_20565282.jpg

しかし、その後、南朝軍が一時京を奪還したことにより、弟の光明天皇(北朝第2代天皇)、子の崇光天皇(北朝第3代天皇)と共に捕えられ、南朝の本拠地だった大和賀名生幽囚されました。

その幽囚先で光厳天皇は失意のうちに出家し、諸国を行脚したのち、この山奥の寺を隠棲の場と定め、正平19年(1364年)7月7日、この地で崩御しました。


e0158128_20593688.jpg

中庭入口の紅葉もきれい。


e0158128_21001627.jpg

中庭の中央には、天然記念物に指定されている枝垂れ桜「九重櫻」があります。

光厳天皇の弟、光明天皇が手植えした桜と伝わるそうですが、だとすれば、樹齢650年に及びます。

これは、桜の季節にもう一度来る価値がありそう。


e0158128_21010709.jpg

庫裏入口です。


e0158128_21020229.jpg

方丈内です。


e0158128_21023215.jpg

玉座?

・・・じゃないでしょうね。


e0158128_21035210.jpg

方丈の縁側から見る庭園です。

みごとな紅葉です。


e0158128_21044605.jpg

しばし堪能。


e0158128_21061438.jpg

方丈の奥に続く怡雲庵(開山堂)に向かいます。


e0158128_21072562.jpg

怡雲庵(開山堂)のなかです。

明るく開放的な印象の方丈とは対照的に、薄暗く厳粛な雰囲気が漂う異空間といった感じです。


e0158128_21092206.jpg

外陣両脇のギャラリーには十六羅漢像が並んで見下ろしています。

その下には、昭和天皇をはじめとする歴代天皇の位牌が整然と安置されています。


e0158128_21100996.jpg

圧巻ですね。


e0158128_21113597.jpg

内陣です。

奥に、何やら僧侶のような人影が。


e0158128_21130825.jpg

どうやら、光厳天皇の木像のようです。

一瞬、即身仏かと思ってしまいました。

傍らにいるのは、側近の順覚の像だそうです。

順覚は、光厳天皇が諸国行脚の旅に出たとき、ただひとりお供した僧です。


e0158128_21150414.jpg

波乱に満ちた生涯を送られた光厳天皇ですが、木造のお顔はたいへん穏やかに見えます。


e0158128_21151093.jpg

それにしても、国の重要文化財でありながら撮影禁止じゃないのがありがたい。


e0158128_21162718.jpg

建物を出て、光厳天皇の御陵に向かいます。


e0158128_21184661.jpg

ここが、光厳天皇が眠る山国御陵です。

後花園天皇(第102代天皇)もここに眠ります。


e0158128_21185054.jpg

多くの歴代天皇が洛中にほど近い場所に眠るなか、人里離れた山奥を終焉の地に選んだ光厳天皇。

おそらく、俗世とは距離を置きたかったのでしょうね。

同じく山奥に眠りながら、最後まで京に帰ることを望んだ後醍醐天皇とは、対照的です。


e0158128_21185557.jpg

ただ、この山国御陵は、宮内庁のHPで紹介されている歴代天皇陵には記載されていません。

というのも、現在の天皇家の歴史は、南朝が正統とされているからです。

明治44年(1911年)に起きた南朝、北朝どちらが正統かという議論「南北朝正閏問題」で、「南朝正統論」を広めることこそ日本国民の道徳教育であると一部の歴史家が唱えたことにより、大逆事件などの政治問題と絡んで国会で追及された桂太郎内閣が、明治天皇(第122代天皇)の裁可を得て南朝を正統と決定しました。

これにより、北朝5代天皇は歴代天皇からは除外されてしまいます。

その後、「南朝正統論」は国策として進められ、教科書では「南北朝時代」「吉野朝時代」と改められ、政府を挙げて南朝の正統性を国民に浸透させようとしました。


e0158128_21185957.jpg

ちなみに、現在の皇室は北朝の血筋です。

もはや南朝正統論が政治的意味を持たなくなった今日、北朝5代天皇を歴代天皇に復帰させてもいいように思うんですけどね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-11 00:49 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その198 「後村上天皇陵(観心寺)」 大阪府河内長野市

「その102」で紹介した楠木正成首塚がある観心寺に、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)の陵があります。


e0158128_20350626.jpg
e0158128_20351110.jpg

観心寺の山門をくぐってすぐ右手に池があり、その向こうに、「後村上天皇御奮跡」と刻まれた大きな石碑が立っています。

観心寺は、正平14年/延文4年(1359年)から約10年間、南朝の行在所となりました。


e0158128_20354588.jpg
e0158128_20354920.jpg

後村上天皇陵は別名、檜尾陵といいます。

公式形式は円丘

この長い階段を上ったところにあります。


e0158128_20354019.jpg

後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の第7皇子として生まれた後村上天皇は、建武の親政が始まると、東国武士の帰属を目的に北畠親房等と共に東国へ出兵しました。

その後、足利尊氏が離反すると討伐のために京へ戻りますが、その後も戦が続き、幼い身で奥州、美濃等各地の戦場に身を置きます。

延元4年/暦応2年(1339年)3月、11歳で吉野朝の父帝の元に戻ると、間もなく皇太子となり、同年8月に父帝の譲位を受けて天皇に即位します。


e0158128_20374462.jpg
e0158128_20374955.jpg

天皇となってからは積極的に畿内の寺社や武士に対し綸旨を発し、南朝方への帰属を促しました。

一時、北朝方に攻められて紀伊賀名生行宮を移しましたが、足利幕府内の内紛・「観応の擾乱」の隙をついて北朝の崇光天皇(北朝第3代天皇)を廃位させ、一時的に南北朝の統一に成功します。(正平一統)

そして、京都を奪還すべく河内国・摂津国経由で山城国の男山八幡に入り、七条大宮の戦にて足利方を破り京都を奪還しますが、勢力を盛替えした足利方の反撃に破れ、賀名生に戻ったあと河内金剛寺を行宮とし、のちにここ観心寺に移ります。


e0158128_20375363.jpg

この後も、楠木正儀らが再度京を奪還しますが、すぐに義詮軍の反撃に遭って撤退。

住吉行宮に戻った後村上天皇は、北朝方との和睦交渉を行いますが、あくまで強硬姿勢だったため交渉は決裂しました。

このころ天皇は病を得ており、和睦交渉の翌年、住吉行宮にて崩御されます。

在位30年、宝算41歳


e0158128_20375710.jpg

後村上天皇は嘉暦3年(1328年)に生まれ、正平23年/応安元年(1368年)3月11日に崩御されたといいますから、ほぼ『太平記』の物語の年月と重なります。

『太平記』は父・後醍醐天皇の挙兵によって幕を開けますが、『太平記』を生きた天皇は、後村上天皇だったといえるかもしれません。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-10 01:42 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その197 「栄山寺行宮跡」 奈良県五條市

奈良県五條市にある栄山寺を訪れました。

ここも、かつて南朝の行在所が置かれていたと伝えられおり、「栄山寺行宮跡」として国の史跡に指定されていいます。


e0158128_20015753.jpg

現在、本堂前には、「史跡榮山寺行宮阯」と刻まれた石碑があります。

昭和13年(1938年)に建てられた碑のようです。

e0158128_20045412.jpg


栄山寺は、藤原南家の創始者・藤原武智麻呂が養老3年(719年)、父母を弔うために創建したと伝わる古刹です。

その後、武智麻呂を祖とする藤原南家の菩提寺として、鎌倉時代になるまで大いに栄えたそうです。


e0158128_20065672.jpg

写真は天文22年(1553年)の再建と伝わる本堂です。


e0158128_20070021.jpg

本堂には重要文化財の木造薬師如来坐像が安置されています。


e0158128_20080150.jpg

本堂前には弘安7年(1284年)との銘が打たれた石灯籠が据えられています。

こちらも重要文化財。


e0158128_20101367.jpg

こちらは大日如来像を安置する塔ノ堂(大日堂)


e0158128_20101689.jpg

塔ノ堂の前には、奈良時代のものと伝わる石造七重塔(石塔婆)があります。

こちらも重要文化財。


e0158128_20101990.jpg

こちらは、国宝の梵鐘を吊るす鐘楼です。

なかの梵鐘が国宝なのに、鐘楼が鉄筋コンクリート造なのが残念。


e0158128_20102229.jpg

こちらがその国宝の梵鐘です。

銘文から延喜17年(917年)の製作とわかるそうで、京都の神護寺、宇治の平等院の鐘と共に「平安三絶の鐘」として知られています。

四面に菅原道真撰で、小野道風の書と伝えられる陽鋳の銘文が施されています。

高さ157.4cm、口径89cm。


e0158128_20131390.jpg

そして、榮山寺境内の最も東側にある八角堂

国宝です。

天平宝字年間(757~765年まで)の建立と推定され、この時代の円堂としては、法隆寺の夢殿に並ぶものだそうです。


e0158128_20131753.jpg

八角堂は、藤原武智麻呂の菩提を弔うために、その子・藤原仲麻呂が建立したと伝えられるそうです。

平城京および斑鳩以外の地区にある奈良時代建築としては稀有のものであり、建立年次がほぼ特定できる点でも貴重な建築物だそうです。

榮山寺の堂宇は戦国時代にほとんど焼失してしまいましたが、この八角堂だけは焼け残ったのだとか。


e0158128_20164570.jpg

で、本題の南朝の行在所についてですが、吉野行宮賀名生行宮男山八幡行宮金剛寺行宮観心寺行宮住吉行宮については、それぞれ、いつの年代に行在所となっていたかが克明に記録として残されているのですが、ここ栄山寺行宮については、いろいろ調べてみたのですが、「南北朝時代に南朝の行在所がおかれていた」と記されているだけで、時代背景がわかりませんでした。

実は、わたしも栄山寺行宮のことを最近まで知らず、当ブログで『太平記を歩く』シリーズを読んでくれた方が、ここの存在を教えてくれて、さっそく足を運んだ次第です。

Wikipediaによると、長慶天皇(第98代天皇・南朝第3代天皇)と後亀山天皇(第99代天皇・南朝第4代天皇)の皇居には栄山寺行宮が載っていますが、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)のページには記載されていませんでした。

あるいは、長慶天皇以降の行在所だったのかもしれません。


e0158128_20164957.jpg

ここを訪れたのは、年末の12月23日でしたが、気候は暖かく、のどかな雰囲気を堪能して帰りました。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-09 01:36 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

太平記を歩く。 その196 「天野山金剛寺(北朝御座所・光厳天皇分骨陵)」 大阪府河内長野市

前稿では天野山金剛寺と南朝のゆかりを紹介しましたが、同じくここ天野山金剛寺は北朝ゆかりの地でもあります。


e0158128_16162932.jpg

正平7年/文和元年(1352年)2月、足利幕府内の内紛によって勢力を盛り返した南朝軍は、北朝の光厳上皇(北朝初代天皇)、光明上皇(北朝第2代天皇)、崇光上皇(北朝第3代天皇)、直仁親王を拉致し、当時南朝方の拠点だった賀名生に移しました。

その2年後の正平9年/文和3年(1354年)3月、北朝三上皇の身柄はここ金剛寺に移され、南朝方の軟禁下に置かれます。


e0158128_16163249.jpg

北朝三上皇の御座所は、本坊内の奥殿にあります。


e0158128_16194989.jpg

奥殿に向かう回廊から眺める庭園


e0158128_16202085.jpg

この庭園は室町時代につくられ、桃山時代に蜂須賀政が手直しし、江戸時代には庭師雪舟流の家元・谷千柳によって改装された名勝です。


e0158128_16204994.jpg

写真では部分的な絵になるので伝わりにくいですが、見事な庭園です。


e0158128_16221623.jpg

向こうに見えるのが、北朝御座所のある奥殿です。


e0158128_16231268.jpg

奥殿に向かう回廊の横には、「北朝光厳天皇行在所」と刻まれた石碑が見えます。

行在所というより幽閉所なんですけどね。


e0158128_16275056.jpg

奥殿内の玉座の間に向かう長い廊下です。


e0158128_16305488.jpg

その廊下から見た玉座の間です。

金箔の菊の紋章のふすまが厳かです。


e0158128_16305862.jpg

一番奥に玉座が見えます。


e0158128_16324635.jpg

三上皇同時に幽閉されていたのですが、玉座はひとつです。

まあ、天皇、上皇はいつも御簾の向こうの玉座に座っているわけではありませんが。


e0158128_16350880.jpg

また、天野山金剛寺の敷地内には、光厳上皇の御陵があります。


e0158128_16351254.jpg

光厳天皇陵は京都の常照皇寺内にある山國陵に治定されていますが、当時、光厳上皇は金剛寺学頭の禅恵僧正について出家しており、その縁で、常照皇寺で崩御されたのち、遺髪を金剛寺に送ってきたそうです。


e0158128_16355082.jpg

立札には、「分骨所」とありますね。

遺髪でも「分骨」というのでしょうか?


e0158128_16362510.jpg

北朝三上皇と皇太子がここに幽閉されていたのは約4年間

ちょうど時を同じくして、南朝の後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)も境内・魔尼院食堂を行宮所としていました。

奇しくも南北朝が同座していたんですね。

顔を合わすなんてこともあったかもしれません。

のちの南北朝合一までは、なお40年の年月を要するのですが、一瞬だけ、ここ河内国の寺院内で南北朝の融合の歴史があったわけです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-07 23:12 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その195 「天野山金剛寺(南朝行在所)」 大阪府河内長野市

大阪府河内長野市にある天野山金剛寺を訪れました。

ここは、かつて南朝行宮所となった歴史をもつお寺です。


e0158128_15491225.jpg

天野山金剛寺は、奈良時代、天平年間(729~749年)に聖武天皇(第45代天皇)の命により、当時の高僧・行基によって開かれたといわれています。

また、平安時代には弘法大師(空海)が修行した聖地ともいわれています。


e0158128_15504924.jpg

正平7年/文和元年(1352年)に起きた「正平の役(八幡の戦い)」に敗れた後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)は、「その 」で紹介した賀名生の行宮に帰還したあと、正平9年/文和3年(1354年)10月に河内天野に移り、ここ金剛寺を行宮と定めます。

その後、正平14年/延文4年(1359年)12月に観心寺に移るまでの5年余りをこの地で過ごしました。


e0158128_15520125.jpg

わたしがここを訪れたのは平成29年(2017年)6月10日、このとき、金剛寺は各所が修復工事中でした。

上の写真は鎌倉時代築で国指定の重要文化財楼門ですが、工事中でネット養生されていました。

残念。


e0158128_15542251.jpg

境内側から見た楼門です。


e0158128_15562076.jpg

楼門を潜ってすぐ右手(北側)にある食堂です。

こちらも国指定の重要文化財。

後村上天皇はここで政務を執られたそうです。


e0158128_15562351.jpg

食堂は別名「天野殿」とも呼ばれるそうです。

石碑には「南朝六年間常御殿」と刻まれています。


e0158128_15573047.jpg

平安時代の治承2年(1178年)の創建と伝わる金堂

こちらも国指定の重要文化財。

慶長年間の大修理で改築されており、金堂内陣に安置されている本尊の木造大日如来坐像、脇士の木造降三世明王坐像木造不動明王坐像は、いずれも運慶の作と伝えられ、国指定の重要文化財。

ここも修復工事中でした。


e0158128_15582903.jpg

平安時代の創建と伝わる多宝塔

こちらも国指定の重要文化財です。

慶長10年(1605年)に豊臣秀頼の命により、大規模な修理が行われています。


e0158128_15592544.jpg

こちらは五佛堂


e0158128_16010858.jpg
e0158128_16011228.jpg

五佛堂と回廊でつながる観月亭


e0158128_16035355.jpg
e0158128_16035719.jpg

観月亭は後村上天皇の行在所時代に付け加えるように建てられたそうで、ここで天皇がお月見をしたため、観月亭と呼ばれるようになったそうです。


e0158128_16050326.jpg

その隣の御影堂

五佛堂、観月亭、御影堂、いずれも重要文化財です。


e0158128_16104487.jpg

そして、その北側にある魔尼院が後村上天皇の行在所となったところなんですが、この日は魔尼院も修復工事中で、まったく近寄ることすら出来ませんでした。

非常に残念。

魔尼院は後村上天皇が5年余りに渡って行在所としたのち、長慶天皇(第98代天皇・南朝第3代天皇)、後亀山天皇(第99代天皇・南朝第4代天皇)の3代20余年にわたり、行在所となりました。

下の写真は「後村上天皇御手植桜」だそうですが、たぶん、当時のものではなく、何代目かなんでしょうね。


e0158128_16123501.jpg

さて、天野山金剛寺は南朝行在所という歴史を持つとともに、北朝ゆかりの地でもあります。

というわけで次稿も金剛寺を続けます




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

# by sakanoueno-kumo | 2018-02-06 23:41 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)