江~姫たちの戦国~ 第35話「幻の関ヶ原」

 「天下分け目の関が原」
 で知られる「関ヶ原の戦い」は、慶長5年(1600年)9月15日に、交通上の要衝であった美濃国不破郡関ヶ原で東西両軍約20万以上ともいわれる大軍が雌雄を決した戦いのことを指すが、その本戦を前後して他にも日本各地で東西両陣営による戦いが行われており、その局地戦の中でもとりわけ激しかったといわれるのが、お初の夫・京極高次が大津城に籠城した「大津城の戦い」である。

 会津の上杉討伐を掲げて大阪を発った徳川家康が、その道中で大津城に立ち寄ったのは史実のとおり。その時点で関ヶ原を想定した会談があったかどうかはわからないが、何らかの布石を打つために立ち寄ったことは間違いないだろう。大津は、京都から近江国、更には北陸道や東海道に出る交通上の要地であり、この時点で家康が石田三成との決戦を想定していたならば、何としても抑えておきたいだった。しかし、それは三成とて同じで、その後、挙兵した三成は、氏家行広朽木元綱を介して西軍に与するよう高次に要請する。家康と三成の戦いといっても、実質は徳川と豊臣の戦い。高次は迷ったであろう。彼にしてみれば、義妹・お江の夫である徳川秀忠は義弟となり、義姉・淀殿の子である豊臣秀頼は、義甥となる。高次は、徳川方に実弟の京極高知を同行させ、一方で石田方に味方する証として、嫡子の熊麿(のちの京極忠高)を人質として送った。似たようなかたちで、父子または兄弟が東西に別れて、どちらが勝利しても家名が存続できるように図った諸大名は他にも数多くいたが、京極家においては上記のとおり一層難しい立場にいたわけである。おそらく妻・お初共々、ギリギリまで迷っていたことだろう。

 そんな迷いからきた行動かどうかはわからないが、一旦は西軍に味方することを表明し、9月1日には西軍に従軍して大津城を発った高次だったが、9月3日に突如として兵を返して大津城に舞い戻り籠城、家康率いる東軍に寝返った。この高次の寝返りに驚いた義姉・淀殿は、西軍に味方するよう説得の使者を大津に送るが、高次の決意は固く、再び寝返ることはなかった。この行動を見過ごすわけにはいかない三成は、毛利元康立花宗茂らに命じて大津城を包囲。その数、1万5千とも、3万7千とも、4万ともいわれる。対する京極軍は僅か3千ほどだったとか。高次はその僅かな兵で、約1週間の籠城戦を戦うことになる。

 この高次の行動は、当初からの予定行動だったのか、はたまた、寸前まで迷っていた故の行動だったのか・・・。もし、家康との何らかの約束があっての寝返りだとすれば、あまりにも無計画すぎるようにも思える。具体的にいえば、東軍に寝返るにしても、徳川方の諸将との連携を何ら行わずに大津城に籠城したため、僅かな兵で大軍を迎え撃つはめになり、結果、猛攻を受けるはめになった。そう考えれば、計画的な行動だったとは考え難く、おそらく、迷いに迷った末のギリギリの決断だったのではないかと私は思う。

 ドラマのとおり、お初も懸命に高次の籠城戦を支え、奮闘したと伝わる。彼女にとっては、夫が東西どちらに与しようとも、実姉、実妹のどちらかを敵としなければならない。彼女にしてみればドラマでの台詞のとおり、両方に味方したい気持ちだったであろう。しかし、そんなことが出来るはずもなく、結局は高次の判断に従うしかない。おそらくお初は、高次と運命を共にする覚悟を決めていたことだろう。

 西軍の猛攻は凄まじく、わけても大砲を駆使した攻撃は、城内にいたお初や松の丸殿(京極龍子)の身辺に砲弾が降り注ぐという熾烈なものだったようである。天守に撃ち込まれた砲弾で侍女二人の首が吹き飛び、それを目の当たりにした松の丸殿が失神したという伝承も残っている(ドラマでは、さすがに首が吹っ飛ぶシーンはなかったが)。高次自身も傷を負っていたようで、籠城戦も限界と感じ始めた折り、再び、淀殿と京都の高台寺に隠棲していた高台院(北政所)からの和睦を勧める使者が訪れ、やむなく高次は降伏開城を決し、その日のうちに剃髪して高野山に登る。奇しくもこの日は慶長5年(1600年)9月15日、関ヶ原の戦い当日の朝だった。あと1日頑張っていれば・・・歴史の悪戯である。

 高次は降伏開城したものの、結局は西軍勢を大津で釘付けにして関ヶ原へ向かわせなかったことになり、徳川家康は関ヶ原の戦後、この功績を高く評価した。当初、高次は開城したことを恥じて下山することを拒んでいたが、弟の高知に説得され若狭小浜8万5千石に加封され、翌年には更に7千石を加増されたという。以前は、姉や妻の威光を借りて出世したことから“蛍大名”と揶揄された高次だったが(参照:第19話「初の縁談」)、今回はまぎれもなく自力で手にした地位だった。それは、妻であるお初にとっても、きっと喜ばしいことだったであろう。ただ、一歩間違えれば夫婦共々砲弾の餌食になるところではあったが・・・。

 徳川秀忠と真田昌幸・信繁(幸村)父子との「上田城の戦い」についてもふれようと思っていましたが、すでに多くの行数を費やしてしまっため、またの機会に。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-09-13 23:59 | 江~姫たちの戦国~ | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/15434115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳 at 2011-09-14 11:07
タイトル : 【江】第35回と視聴率「幻の関が原」&「清...
来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の撮影が11日、広島県呉市で行われ、全長約22メートルの船を用いた大河ドラマ史上最大規模の海上ロケだったそうです。「江」はロケが少なくて、こじん...... more
Commented by heitaroh at 2011-10-14 16:05
家康の評価は必ずしも大げさではないと思いますよ。
特に、立花宗茂をここに足止めさせたという功績は大きかったのでは。
Commented by sakanoueno-kumo at 2011-10-14 19:22
< heitarohさん
そうですね。
立花宗茂は関ヶ原直前まで、家康は必死に懐柔しようとしていたといいますしね。

<< 夏休み播磨路紀行 その1 「な... 世界陸上大邱大会における、フラ... >>