江~姫たちの戦国~ 第44話「江戸城騒乱」

 豊臣秀頼と正室・千姫の間に子供はいなかったが、秀頼は側室・伊茶との間に一男一女をもうけていた。慶長13年(1608年)生まれの長男は名を国松といい(偶然か否か徳川秀忠お江の間に生まれた次男と同名で、歳も近いのでややこしい)、慶長14年(1609年)生まれの長女は、名を奈阿姫という(彼女は別の側室・小石の方の生んだ子という説も)。もっとも、この二人の存在は淀殿をはじめ、ごく一部の者しか知らされていなかったようで、正室の千姫も大坂冬の陣以前は二人の存在を知らなかったともいわれる。慶長8年(1603年)、数えの7歳で秀頼のもとに輿入れした千姫は国松が生まれたときでもまだ13歳。側室や子供の存在を知らされてなかったとしても、頷ける話である。

 といっても秀頼と千姫が形だけの夫婦だったわけでもなさそうで、子供が生まれなかっただけで、仲睦まじい夫婦だったといわれている。千姫が16歳のとき、秀頼が女性の黒髪を揃える儀式「鬢削(びんそぎ)」を千姫にしている姿を侍女が目撃した、という逸話も残されている。考えてみれば、秀頼は11歳から23歳、千姫は7歳から19歳までを二人で共に過ごしたわけで、その関係は夫婦というより幼馴染兄妹のようなもので、特に千姫にとっては徳川家で母・お江と共に過ごした日々よりはるかに長く、ほぼ人生の全てといってもいいほど。19歳の千姫にとっては、秀頼はかけがえのない存在だっただろう。

 そんな秀頼が大坂夏の陣自刃し、千姫は徳川方に救出されて生き延びることとなった。彼女自身が生きる道を望んだかどうかはわからないが、正室としてその最期を共にで出来なかったことに、きっと罪悪感を感じたことだろう。秀頼落命後、その長男・国松は徳川方に捕らえられ、市中引き回しのすえ斬首されたが(享年8歳)、長女の奈阿姫は千姫の懸命な助命嘆願が功を奏し、出家して子を残さないことを条件に生を許される。この当時、男子は父親のもの、女子は母親のものという考え方があった。父の正室のことを嫡母といい、秀頼の正室である千姫は奈阿姫の嫡母。その嫡母の千姫が母親代わりとなることを主張されれば、秀忠らも許さざるを得なかっただろうと想像する。当然、淀殿の孫で織田家浅井家の血を引く奈阿姫の助命は、お江も切望するところだったに違いない。

 その後、しばらくの間千姫と共に過ごした奈阿姫だったが、翌年に千姫が本多忠刻のもとに再び輿入れすると、彼女は相模鎌倉の東慶寺での修行生活に入り、天秀尼と名乗った。東慶寺は臨済宗の尼寺で、弘安8年(1285年)に覚山志道尼が開山した格式高い尼寺だった。そんな天秀尼と東慶寺に、その後も千姫は色々と庇護を加えたという。のちに天秀尼は第20世の住持(住職)となり、東慶寺の発展に功績を残す。東慶寺は離婚を希望する女性の駆込寺としても有名だが、千姫の庇護を受けていた天秀尼は江戸幕府と交渉しつつ、寺法の整備不幸な女性の保護に尽力した。しかし、出家した尼であるため生涯結婚することなく、正保2年(1645年)に37歳の若さで病没する。彼女の死によって、豊臣秀吉の直系は断絶した。長く母親がわりをつとめた千姫は、天秀尼病没の報に接して、きっと嘆き悲しんだことだろう。

 20歳で本多忠刻と再婚した千姫は、一男一女をもうけ束の間の幸せを取り戻したものの、千姫30歳のときに忠刻が病没して再び未亡人に。同じ年、実母であるお江も病没するなど不幸が続き、娘の勝姫と共に本多家を出て江戸城に入る。江戸にもどった千姫は落飾して天寿院と号し、弟の三代将軍徳川家光を陰から支えながら、70歳までの長い余生を竹橋の邸で静かに送った。

 織田家徳川家の血を引き、豊臣家と契りを結んだ戦国最期の姫君・千姫。その長い人生の最期を迎えたとき、半世紀以上前の秀頼との生活を顧みて何を思っただろうか。残念ながら彼女の心を後世に伝えるものは、何も残されていない。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2011-11-16 11:56 | 江~姫たちの戦国~ | Trackback(2) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/16775190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2011-11-16 23:53
タイトル : 【江】第44回感想と視聴率「江戸城騒乱」
第44回の視聴率は、前回の16.1%より少し下がって、15.6%でした。 思った... more
Tracked from ショコラの日記帳 at 2011-11-16 23:54
タイトル : 【江】第44回感想と視聴率「江戸城騒乱」
第44回の視聴率は、前回の16.1%より少し下がって、15.6%でした。思ったほど下がらなくて、良かったです。ちなみに、裏の「ワールドカップ女子バレー日本×ブラジル戦」は、16.3%で...... more

<< 時空の広場で徹夜なう。 ブログ開設3周年のご報告。〜石... >>