平清盛 第7話「光らない君」

 海賊討伐の凱旋パレードから間もなく、平忠盛に朝廷より恩賞が与えられ、その“譲り”によって息子である平清盛の位階が従四位下に上がり、翌年4月には中務大輔(天皇への近侍や勅命の起草・伝達を行う中務省の次官)に任じられた。このとき清盛18歳。祖父・平正盛が但馬や丹後といった大国の受領に任じられながらも五位止まりだったことを思えば、18歳にしてやすやすと五位から四位の壁を超えたことは、改めて平家の躍進を当時の人々に印象づけたに違いない。と同時に、妬みやっかみ的な視線も、新興勢力である平家と清盛に注がれていたことだろう。

 この頃、清盛は最初の妻を迎えていたようである。相手は、高階基章という廷臣の娘だったといわれている。ドラマでは明子という名前だが、実際には正確な名はわかっていない。清盛が中務大輔に就任した保延2年(1136年)、基章も右近衛将監に任じられており、そこでおそらく知己となり、その娘との結婚に至ったというのが通説である。右近衛将監という官職は宮中の警衛や行幸の供奉にあたる近衛府の三等官で、職務上清盛が務める中務省と関係する部分も多いとか。ただ、右近衛将監は位でいえば正六位程度の者が就く職務で、従四位下となった清盛よりはずいぶんと家格が下で身分がつりあわない。二人の結婚は、今でいえば“格差婚”だった。飛ぶ鳥を落とす勢いで出世していたこの頃の清盛にとって、この“格差婚”は政治的なメリットが何ら見られず、理由は謎とされている。何のメリットもないのに正式な妻として迎えていることを思えば、案外ドラマのとおり、清盛が見初めて妻にしたのかもしれない。とすれば、きっとたいそう美しい女性だったのだろうと・・・(笑)。

 ちなみに清盛の2番目の妻である時子が、書物によって「正室」と書かれたり「継室」と記されたりしているのは、名前もわからない身分違いの最初の妻を「正室」と見るか否かが、歴史家の中でも意見が分かれているためである。

 生涯、清盛の側近として仕え、清盛の最後も看取ったとされる平盛国。清盛の死後も滅びゆく平家と運命を共にし、その死際は敵方の将である源頼朝も称賛したと伝わる。ドラマでは、清盛の幼馴染で元漁師の鱸丸が、清盛の傅役(という設定)だった平盛康の養子となり、平盛国と名乗ることとなったという設定だが、これはドラマの創作であり、実際の盛国の出自は正確にはわかっていない。ただ、この「鱸丸」という名前から思い浮かぶのは、『平家物語』巻一の「鱸」の章だ。そこに出てくる逸話では、清盛が安芸守だった頃、伊勢から船で熊野へ詣でる途中、その船の上に一匹の大きな鱸が飛び込んできた。これを見た清盛は「昔、周の武王の船に白魚が踊りこんできたという。これは吉事である」といって早速調理し、殺生や肉食が禁じられた精進潔斎の旅であったにもかかわらず、一門や郎等に食べさせたという。このご利益によって平家はますます繁栄し、やがて清盛は太政大臣にまで上り詰めた・・・と。つまり、鱸は平家にとって出世魚だったようである(実際の鱸もセイゴ→フッコ→スズキと成長する出世魚で、縁起がいい魚とされている)。ドラマの「鱸丸」という名前の由来はおそらくここからきたものだと思われ、つまり、鱸丸=盛国が清盛の出世を支えた、盛国がいたから清盛は出世した、という設定なのだろうか。今後の展開を見てみたい。

 さて、「光源氏」ならぬ「光らない君」といわれてしまった大河の清盛。たしかに中務大輔に任官したにもかかわらず、あいかわらず埃まみれの汚い姿のままで、このままでは「光らない」どころか、また某県の知事にイチャモンをつけられそうである。そんなやんちゃ坊主の清盛だが、妻を娶り、そろそろ青春編も終わりといったところだろうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-02-20 21:35 | 平清盛 | Trackback(4) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/17401445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from to Heart at 2012-02-20 22:51
タイトル : 平清盛 第7回
脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/深田恭子/上川隆也/藤木直人/加藤あい/豊原功補/佐戸井けん太/平田満/檀れい/りょう/井浦新/尾美としのり/加藤浩次/松雪泰子 第7回 「光らない君」14.4% 海賊討伐を...... more
Tracked from 早乙女乱子とSPIRIT.. at 2012-02-20 23:07
タイトル : 妻との出会いは 〜平清盛・光らない君感想〜
±줿 ˵դݤܻҤ˷ޤ졢̾뤳Ȥˤʤ롣 ʬͤ˥ȡ꡼ʤƤ뵤⤹뤬 Ͱ̤ä ²餹ʤ ʸ¤դäƤϱκˤܤˤʤäƤƣݴزȤ餹Фʤ? ̣Τᤷͤ ̤äƤˤ 餸Ƥ뤫ʤ顣 ƽвäơ̼äƲʤƤⳬϤⲿʤ Ͱ̤鵤줿Τ ⳬȤϼ²Ȥ͵ʡäʤ ̼ϤơʿˤʤΤ ƤơīǤϥɥɥ?Ʈȯ ҡҡٲ϶ɤμ¸뤿褤 ŷĤ˵졢ŷĤλҤळȡ ͤ¿⤽ä...... more
Tracked from ショコラの日記帳 at 2012-02-21 15:50
タイトル : 【平清盛】第7回感想と視聴率「光らない君」
第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって、14.4%(関東)でした。同日の『必殺仕事人2012』は15.7%で、負けてしまいました。今回は、『源氏物語』が出て来て、古文が苦手なので、書...... more
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2012-02-21 15:50
タイトル : 【平清盛】第7回感想と視聴率「光らない君」
遅くなってしまって、すみません。 第7回の視聴率は、前回の13.3%より上がって... more

<< 光市母子殺害事件の終結に思う、... ホイットニー・ヒューストンの急... >>