平清盛 第16話「さらば父上」

 仁平3年(1153年)1月15日、平清盛の父・平忠盛がこの世を去った。享年58歳。当時の日記などによると、忠盛は死の2年前に就任していた刑部卿に職を、死の2日前の1月13日に辞任したという記録があるそうで、そのことから考えれば、忠盛の死は急死ではなく、おそらく病没だったのだろう。位は正四位上という四位の最上位に達していた。その上は三位、すなわち公卿である。国政に携わる一歩手前まできていただけに、まことに惜しい死であった。

 若き日の忠盛は白河法皇(第72代天皇)に重用され、検非違使などの官職、越前守などの受領を歴任し、山陽道、南海道の海賊討伐で活躍、治安維持に務め実績をあげた。白河院の没後は鳥羽法皇(第74代天皇)に忠節を尽くし、院庁の判官代別当(長官)などの要職を歴任した。後半生の忠盛はさらに、中務大輔尾張守播磨守内蔵頭などの要職を歴任する一方、鳥羽院の御厩の別当、美福門院得子年預(執事別当)なども兼ねた。そして長承元年(1132年)には清涼殿南廂の殿上の間への昇殿を許された。武家出身者が昇殿人となるのは異例のことで、これは、千体の観音像をおさめた得長寿院の造営の功により許されたものだといわれている。その後も忠盛は、保延元年(1135年)にも海賊討伐で実績をあげ、さらに保延5年(1139年)には興福寺宗徒が起こした強訴を洛外で阻止した。このように忠盛は、人並み外れた手腕、軍事力を有する時代を代表する武将だった。

 もっとも忠盛は武力財力だけで出世したわけではなかった。宮廷貴族として認められるには、それに相応しい教養を身に着けていなければならない。忠盛は武家の棟梁としてのみならず、和歌音楽にも造詣が深い人物として知られていた。特に和歌は『金葉和歌集』(白河院の命により編纂された勅撰和歌集)に載るほどの名手だったようだ。『平家物語』にも、備前から帰ってきた忠盛が鳥羽院に「明石浦はどうであった」と聞かれて、即座に「有明の月も明石のうら風に浪ばかりこそよるとみえしか」(残月の明るい明石浦に、風が吹かれて波ばかり寄ると見えた)と詠んだエピソードが残されている。「明石」「明かし」「寄る」「夜」をかけた歌で、その出来栄えに鳥羽院も大いに感心したという。

 管弦ではをよくしたという。「小枝(さえだ)」という笛を鳥羽院から賜り、それを三男の平経盛に譲り、それがさらに孫の平敦盛に伝わったことが、『平家物語』「敦盛最期」に見える。その他、舞は元永2年(1119年)の賀茂臨時祭で舞人を務め、見物の公卿に「舞人の道に光華を施し、万事耳目を驚かす」と称えられたほどであった。ドラマでの忠盛は無骨な武家の棟梁としての一面だけしか見られなかったが、実際の忠盛は和歌、管弦、舞などの芸術面にも優れた文化人でもあったようである。いや、武力一辺倒の武士のイメージを払拭するため、また、朝廷での平家の地位を高めるため、血のにじむような努力を重ねた上のものだったのかもしれない。

 ちなみに、平家一門には平忠度(清盛の末弟)の和歌や平経正(経盛の長男)の琵琶など、和歌や管弦など芸術面に優れた人物が多いが、これも忠盛の血を引く遺伝的素質だったのだろう。そう考えれば、清盛が芸術面でこれといった才能を見せなかったのが興味深い。ひょっとしたら、ドラマのとおり清盛と忠盛には血の繋がりがなかったのだろうか・・・。

 忠盛の死にあたって、祇園闘乱事件では忠盛・清盛父子の刑を主張した悪左府・藤原頼長でさえ、自身の日記『台記』に次のように記している。
 「数国の吏を経て、富は巨万を重ね、奴僕は国に満ち、武威は人にすぐる。然るに人となり恭倹にして、未だかつて奢侈の行あらず。時の人、これを惜しむ」
 巨万の富と多くの家来を持ち、人にまさる武威を持ちながら、あくまで慎み深く、贅沢な振る舞いはなかった・・・と、あの憎たらしい頼長からは想像できないほどの賛辞を書き残している。この一文からも、忠盛の人となりが窺えるというものである。若き日の清盛が飛ぶ鳥を落とす勢いで異例の出世を遂げたのも、父・忠盛の配慮によってのもので、この時期はまだ忠盛あっての清盛だった。

 公卿を目前にして叶わなかった忠盛だったが、その最終の位である正四位上というのは、通例ではあまり与えられる者のない位階で、公卿になる人はこれを飛び越えて三位になる場合がほとんどだった。忠盛が異例の正四位上についたのは、なんとしても武家を公卿にしてはならないという政治力がはたらいた結果と考えられなくもない。いかに富を蓄え、武力を持ち、宮廷人としての素養を身につけても、武士が公卿に上る道は依然として険しかったのである。その道は、こののち清盛に引き継がれていく。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-04-24 16:37 | 平清盛 | Trackback(2) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/17847692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2012-04-24 19:00
タイトル : 【平清盛】第16回感想と視聴率最低「さらば父上」
最後の清盛、剣を掲げての雄叫び、何だったのでしょう? とても父が亡くなって悲しい... more
Tracked from ショコラの日記帳 at 2012-04-24 19:01
タイトル : 【平清盛】第16回感想と視聴率最低「さらば...
最後の清盛、剣を掲げての雄叫び、何だったのでしょう?とても父が亡くなって悲しいようには見えませんでした(汗)忠盛が平氏一同の前で、清盛が次期棟梁と明言しました。そして、...... more

<< 祇園と亀岡の事件に思う。 平清盛 第15話「嵐の中の一門」 >>