平清盛 第39話「兎丸無念」

 『平家物語』巻一の「禿髪」によると、平清盛が栄華を誇っていたとき、14歳から16歳までの少年を300人集めて、赤い直垂(ひたたれ)を着せて都中に放ったという。少年たちは髪を切り揃えたままで束ねていなかったため、「禿髪(かぶろ)」と呼ばれた。こういったおかっぱのような髪型の少年は、宗教的に神聖な存在と考えられていたらしい。そして、平家の悪口をいう者がいれば禿髪は徒党を組んで家へ乱入し、家財道具を没収した上で、その者を逮捕して六波羅へ連行したという。都人たちはこれを恐れて平家に対する不満を一切口にしなくなった。禿髪を見かけると牛車馬車も道を譲り、御所の諸門を守る門番でさえ禿髪をフリーパスで通すようになったとも伝えられる。平家の恐怖政治を象徴するエピソードである。

 この禿髪については『平家物語』のみに記されている逸話で、事実かどうかは定かではない。そもそも同物語巻一の「禿髪」は、平家による強権政治を象徴的に物語った章段であり、清盛の義弟・平時忠「平家にあらずんば人にあらず」と放言したとされる逸話も、この章で紹介されているエピソードである。史実としては清盛が都中に密偵を放って反平家勢力を弾圧したという裏付けはない。だいいち、禿髪頭に赤い直垂といった目立つ格好で密偵が務まるとはとても思えない。清盛独自の諜報部隊は存在していたかもしれないが、それが禿髪だったというのは『平家物語』の創作だと考えてよさそうだ。

 そんな禿髪の逸話が生まれた背景には、清盛が応保元年(1161年)から1年8ヵ月に長期間にわたって検非違使別当に任じられていたことに関係があると考えられている。検非違使別当とは、今で言う警察庁長官である。検非違使は犯罪者の追捕だけではなく、諜報員を操って情報収集にもあたった。その諜報員の中には、犯罪を犯して刑罰を受けたのち出獄した前科者や、少年たちも含まれていたという。もっとも、それは清盛が別当だったときのみ行われていたことではなく、検非違使としては当然の職務だった。

 ただし、このころ検非違使は平家によって掌握されていたのは確かだった。実際に犯罪者を追捕するのは検非違使尉(判官)だが、その多くが平家の有力家人に独占されていたという。さらに注目すべきは、平時忠が検非違使別当に3回も就任していることだ。同一人物が別当に3回も就任した例は歴史上初めてのことであり、九条兼実はその日記『玉葉』のなかで、「物狂いの至り」とまで酷評している。時忠の別当時代にはかなり強引な捜査が進められることもあったようで、今話のドラマより少し先の話だが、福原遷都が失敗に終わり京に還都してからは、反乱勢力の追討のために上級貴族への取締も厳しくなり、源頼朝に通じたと噂された貴族に対して、かなり強引な家宅捜索も行なっている。そんな風に、都の警察権力を一手に握った平家の権勢が、禿髪のような逸話を作る下地になったと言えそうである。

 元海賊の兎丸という男は本ドラマのオリジナルで架空の人物。したがって今話はほとんどがフィクションの回である。平成の物語で作られた架空の人物・兎丸が、800年近く前の物語で作られた架空の少年たち・禿髪に殺されるという設定は実に秀逸だった。兎丸という人物を登場させたときから、この最期を想定していたのだろうか・・・? 若き日の清盛が互いに夢を語り、40年近くも清盛の右腕として過ごしてきた兎丸を、“おごる平家”の象徴とも言うべき禿髪に殺させたのは、この後の平家の行く末を予見させるものといえるだろうか・・・。

 「今のわしは、白河院のようだと言いたいのか? ・・・わかるまい・・・お前にも、兎丸にも・・・誰にも」
 腹心である平盛国に諌められ際に言った清盛の台詞。
 「全ては殿が邁進するために起こったこと。どれだけ欲しても兎丸は戻りませぬ。それでも進みまするか? この修羅の道を」
 果たして清盛の邁進なのか・・・? あるいはその先に何かを見ているのか・・・?
 「そちはまだ知らぬ。のぼり切ったその果ての景色を・・・」
 第34話で白河法皇が言ったように、位人臣を極めた清盛は、その果ての景色を見ているのかもしれない。そこに何があるのか・・・。今後の展開を楽しみにしたい。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2012-10-08 02:20 | 平清盛 | Comments(0)  

<< 鉄人・金本知憲選手が引退。~今... 平清盛 第38話「平家にあらず... >>