八重の桜 第3話「蹴散らして前へ」 ~山本覚馬と八重~

 八重の生まれ育った山本家は、会津藩砲術指南役を務める家でした。山本家は、八重の祖父にあたる山本左兵衛の代より砲術指南の家柄となったようです。八重の生家の辺りは、家禄が百石~百五十石クラスの藩士たちの屋敷が立ち並んでおり、山本家もそんな中級クラスの家柄でした。山本家の祖先は、2007年の大河ドラマ『風林火山』の主人公で、あの武田信玄に仕えた軍師・山本勘助だという説があるそうです。系譜をたどれば、会津藩祖の保科正之に仕えた、武田家ゆかりの山本道珍なる人物にいきあたるそうで、その道珍の祖先が山本勘助だというのですが、いかがなものでしょう。道珍は保科正之が信州高遠藩主だったころ、遠州流の茶師として江戸で召し抱えられた人物だとか。後年、八重は茶道に深く傾倒していきますが、遠祖である道珍のDNAだったのかもしれません。

 祖父の左兵衛には跡取りがいなかったため、娘・佐久の婿として養子を迎え入れ、砲術指南役を継がせました。それが、八重の父・山本権八です。権八と佐久の間には三男三女が生まれましたが、次男、長女、次女は夭折し、成人したのは長男の覚馬、三男の三郎、そして三女の八重だけ。八重の人生に大きな影響を及ぼすことになる兄の覚馬は、17歳も年上でした。

 藩校・日新館で神童と呼ばれた秀才・山本覚馬は、嘉永6年(1853年)、22歳で江戸に出て蘭学を学びます。このとき、佐久間象山勝海舟と出会うのは前話までにあったとおりですね。嘉永6年といえば言うまでもなく黒船来航のあった年。覚馬がその目で黒船を見たかどうかはわかりませんが、この出来事が当時の若者たちに与えた衝撃ははかり知れず、おそらく覚馬もその例外ではなかったでしょう。この江戸出府の期間中、覚馬は蘭学や西洋砲術の研究に没頭していたようです。そして28歳のとき会津に帰国、このとき八重はかぞえで11歳でした。綾瀬はるかさんでは、まだちょっと無理があるかも・・・(笑)。

 帰国後、覚馬は西洋式の砲術や兵法の重要性を説き、軍備の近代化を推し進めようとします。しかし、執拗に軍制改革を主張したことが保守的な上層部の反感を買ってしまい、1年間ほどの禁足処分を受けてしまうのはドラマのとおりです。戦国時代、鉄砲は身分の低い足軽が持つ武器でした。それから時代は200年以上経っていましたが、依然として武士の世界では剣術槍術弓術が重んじられ、砲術に対する評価は低いものでした。軍制改革とは、すなわち武士が鉄砲を持つこと。とりわけ会津藩は宝蔵院流の槍術で知られた藩で、鉄砲にしても、戦国時代以来変わらず火縄銃。刀槍の時代ではないという覚馬の主張が容易に受け入れられるはずはなかったことは、想像に難しくありません。しばらくは不遇をかこつ覚馬ですが、しかし、時勢が覚馬を必要とするときが、こののちやってきます。

 お転婆娘の八重が柄にもなく裁縫を習っていましたね。でもこれは当時の武士の娘としては当然のたしなみで、幼少期の女子は、小笠原流の作法手芸機織り女今川、そして薙刀も習います。針仕事の稽古は、最初は雑巾、次は足袋の底、続いて袖口や褄、そして着物が一枚仕立てられるようになれば、嫁入りの資格ができたとみなされたそうです。もちろん八重も例外ではなく、幼馴染の日向ユキの談によれば、一緒に近所の高木のおばあさんから針仕事を習っていたとか。でも、どうやら裁縫はあまり得意ではなかったようです。

 立派な兄を慕い、兄のようになりたいと願っていた八重は、活発で男勝りの幼少期だったようです。駆けっこ石投げでも男の子に負けていなかったらしく、ドラマであったように、13歳の頃には四斗俵を掴んで肩に上げ下げできたとか。世が世ならば運動選手になっていたかもしれないと、後年の八重自身が語っていたそうです。現代ならば、重量挙げのオリンピックメダリストになっていたかもしれませんね。

 会津藩随一の秀才の兄と、会津きってのお転婆娘の妹。なんとも不つりあいな組み合わせの兄妹ですが、八重は兄・覚馬を生涯慕い、覚馬は妹・八重を生涯頼りにします。そんなふたりの強い絆の話は、今後の物語の展開にゆずることにしましょう。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2013-01-21 01:04 | 八重の桜 | Trackback(2) | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/19625202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2013-01-22 13:25
タイトル : 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして前へ」
20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました... more
Tracked from ショコラの日記帳 at 2013-01-22 13:25
タイトル : 【八重の桜】第3回感想と視聴率「蹴散らして...
20日、『平成25年お年玉付年賀はがき』の抽選会が行われ、当選番号が決定しました。当選番号の一覧はこちらです。 第3回の視聴率は、第2回の18.8%より下がって、18.1%でした。続落...... more

<< スポーツ指導における体罰問題に... 阪神・淡路大震災から18年、い... >>