雨の讃岐高松城を訪ねて ~後編~

昨日の続きです。

生駒氏が転封になったあと、讃岐国は一時、隣国伊予国の西条藩主・一柳直重、大洲藩主・加藤泰興、今治藩主・松平定房により分割統治されますが、寛永18年(1641年)に西讃地域に山崎家治が入って丸亀藩ができると、翌19年(1642年)には水戸黄門様で知られる水戸城主・徳川光圀の兄・松平頼重が東讃地域に入り、高松藩12万石の藩祖となります。
入封した頼重は、すぐに城の拡張工事にとりかかり、光圀の子で養子となっていた2代藩主・松平頼常の代まで工事は続いたそうです。

e0158128_225473.jpg

写真は重要文化財に指定されている艮櫓(うしとらやぐら)
もともとは東の丸の北東の隅櫓として建てられたもので、北東の方角のことを丑寅(艮)ということから、この名前になったそうです。
記録によれば、延宝5年(1677年)に完成されたようで、2代藩主・頼常の時代ですね。

e0158128_2274263.jpg

艮櫓の横にある旭門を出ると、濠に旭橋が架かっているのですが、写真で見てもわかるように、濠に対して斜めに架かっています。
これは、横矢が掛かりやすくしているのだとか。

e0158128_221168.jpg

写真は向かって左から月見櫓(つきみやぐら)・水手御門(みずてごもん)・渡櫓(わたりやぐら)です。
これらもすべて重要文化財指定です。
下の写真は正面から撮影。

e0158128_2211241.jpg

月見櫓は北之丸の最北端に位置し、瀬戸内海を監視するためにつくられた隅櫓だそうで、艮櫓とほぼ同時期に建てられたものと考えられているそうです。
月見櫓は「到着を見る」という意味の「着見櫓(つきみやぐら)」が本来の名称で、藩主が江戸から船で帰ってくるのをこの櫓から望み見たことから名づけられたのだとか。

e0158128_22144449.jpg

水手御門は海に向かって開いた門で、藩主はここで小舟に乗船し、沖で御座船に乗換えて参勤交代等に出かけたそうです。

e0158128_22152337.jpg

上の写真は城敷地内から見た水手御門。
門のすぐ外が濠になっていて、不思議な景色です。

e0158128_2217590.jpg

渡櫓は、生駒氏築城時からあった海手門を改修して建てられたと考えられているそうです。

e0158128_22182526.jpg

写真は渡櫓の中です。
壁がめずらしい波型壁になっているのですが、どういう意味があるのでしょう?

e0158128_22184356.jpg

石落としです。

e0158128_22211194.jpg

梁の継手の下面に、「延寳四年卯二月十日井上氏□□」という墨書が確認でしかます。
340年前の落書きですね。

e0158128_22212569.jpg

こちらは月見櫓の内部。
急な階段で3階まで上れます。

e0158128_22252236.jpg

上からの景色です。

e0158128_22253223.jpg

こちらは北側の景色。
海がすぐそこにあるのがおわかりいただけるかと思います。

e0158128_22254866.jpg

瓦の先には言うまでもなく「葵の御紋」です。

e0158128_2226178.jpg

向こうに写っているのは、藩の政庁および藩主の住居として使われていた披雲閣(ひうんかく)です。
明治5年(1872年)に老朽化のため解体されましたが、大正6年(1917年)に建てなおされて現在に至るそうです。
かつては昭和天皇・皇后両陛下も2度宿泊されたそうです。

e0158128_22261896.jpg

その後、高松松平氏は11代続き、幕末まで西国大名の監視と瀬戸内海の要としての役目を担います。
しかし、幕末には宗家である水戸藩が尊皇に傾く一方、11代藩主・松平頼聰の正室が井伊直弼の娘という立場から、尊皇・佐幕の板挟みで苦しい立場に立たされます。
結局、鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍に与したため朝敵とされ、やがて高松城は無血開城され、高松松平氏は終焉を迎えます。

e0158128_2229474.jpg

とにかくこの日は1日中雨で、片手に傘、片手にカメラでたいへんでした。
ハッキリ言ってどう考えても城見物などできる状態ではなかったのですが、せっかく高松に来て、しかも城の隣の施設にいて、見物に行かない手はないだろうと、無理やり強行した次第です。
まあ、それでも行ってよかったですけどね。
というわけで、自己満足の讃岐高松城見物備忘録は、このへんで終わりにします。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-11-14 19:00 | 香川の史跡・観光 | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2014-11-17 21:43
こちらの高松城は十年ほど前に行ったのですが、まったく記憶がないてわすねえ。栗林公園だけで行かなかったのかも。
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-11-18 20:41
< heitarohさん

わたしは栗林公園には行きませんでした。
雨でしたし、高松城に行ったのも、たまたまこの隣の香川県民ホールで仕事だったからで・・・。
やっぱ、雨の城見学は無理がありましたね。

<< 軍師官兵衛 第46話「家康動く... 雨の讃岐高松城を訪ねて ~前編~ >>