荒木村重ゆかりの摂津路逍遥 その3 ~花隈城跡~

先日のつづきです。

尼崎城(大物城)を脱出した荒木村重は、嫡子の村次とともに花隈城に逃げ込みます。
花隈城は、花熊、鼻熊とも書かれ、現在の神戸市中央区にあります。
神戸の象徴であるポートタワーの真北あたりです。
この頃、花隈城は有岡城の支城として、荒木一族の荒木元清が城主を務めていました。
築城時期は諸説あるようですが、天正2年(1574年)頃、石山本願寺毛利氏に備えて、織田信長が村重に命じて築かせたといいます。

e0158128_20333889.jpg

現在、花隈城本丸跡には模擬石垣が築かれていますが、往時を類推するものではなく、単なる史跡っぽい演出施設です。
石垣の中は駐車場になっており、たしか1時間400円です(笑)。
村重もビックリでしょうね(笑)。

e0158128_20371110.jpg

石垣の上は公園になっていて、模擬天守台が築かれています。

e0158128_20372665.jpg

花隈城に逃げ込んだ村重でしたが、追撃してきた池田恒興、元助、輝政父子らに攻め込まれ、天正8年(1580年)7月2日に落城します。
その後、その恩賞として恒興に旧荒木領が与えられますが、のちに恒興は兵庫城を築城したため、花隈城は廃城となります。
現在、花隈公園には、「花隈城趾」と書かれた石碑が建っていますが、その筆は、池田恒興の子孫にあたる池田宣政公爵のものだそうです。
この碑は阪神・淡路大震災で倒壊してしまったそうですが、資料に基づき新たに模造されたものだそうです。

e0158128_2039208.jpg

わたしは、この近くに親戚の家があったことから、子供の頃によくこの公園で遊びました。
もう40年以上も前のことですが、その頃は、この城跡公園から南を見ると、模擬石垣より高い建物はほとんどなく、ポートタワーだけがそびえ立っていました。
ところが、いまはご覧のとおり、建物の間からなんとかタワーを探せる状態です。

e0158128_20422262.jpg

史料として残されている花隈城の絵図によると、城は大きく三つの郭に分かれ、現在の花隈公園は、本丸の東南にあたるそうです。
天守は西北隅にあったようで、その地には、現在は福徳寺があります。
その山門脇には、「花隈城天守閣之趾」と刻まれた石碑があります。

e0158128_2045397.jpg

e0158128_2045533.jpg

村重の一連の戦いにおいて、物語などでは花隈城の戦いはほとんど描かれませんよね。
おそらくその理由は、ほとんど勝敗が決まった中での最後の悪あがきといった印象でしかなく、一瞬で片付けられたようなイメージでしかないからでしょう。
ところが、実際には、村重が花隈城に籠っていたのは約半年間で、池田恒興との戦端が開かれてからも、約4ヵ月持ち堪えているんですね。
尼崎城にいたのがわずか3ヵ月ほどだったことを思えば、花隈城は、なかなか堅固な城だったのかもしれません。
この場所で、村重は最後の望みをかけて援軍を待っていたのでしょうが、結局はそれも叶わず、この花隈城が文字どおり「最後の砦」となってしまいます。
まさしく、「兵どもが夢の跡」ですね。

(いまでは、このように高層マンションに見下されています)
e0158128_20495692.jpg

今年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で、これまでになくフィーチャーされた荒木村重。
信長に反旗を翻した先見性のなさや、説得にきた黒田官兵衛を籠城したこと、妻子を見殺しにして逃げ出したことなどから、後世にあまり人気がありません。
しかし、一方で、ルイス・フロイスの著書のなかでは、きわめて穏和で陽気な人物として、たいへん好感を持って記述されている側面があります。
「その1」の稿で紹介した有岡城の惣構という城づくり、まちづくりから見ても、領民を大切にする、心優しい武将だったのかもしれません。
だから、信長の恐怖政治についていけなくなったのかもしれませんね。
そんなことを思い巡らせながら、村重ゆかりの史跡をめぐりました。
この辺で、このシリーズを終わります。

荒木村重ゆかりの摂津路逍遥 その1 ~有岡城跡~
荒木村重ゆかりの摂津路逍遥 その2 ~尼崎城跡~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2014-12-18 20:55 | 神戸の史跡・観光 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/22659782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2014-12-18 21:51
いやあ、有岡城は惣構えで庶民の家を守ってやるという構造になっている反面、突破されたら庶民を人間の盾にして守るというコンセプトになってますから、そんなに好い人ではなかったと思いますよ。
まあ、それが戦国武将なのでしょうが。
それにしても、一時間400円。村重もこんなことなら...と臍を噛んでいるかも(笑)。
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-12-22 13:43
< heitarohさん

なるほど。
人間濠というわけですか。
たしかに、「心やさしい」という表現には語弊があったかもしれませんが、村重は惣構のほかに、史上はじめてと言われる大規模な農業灌漑を設けたと、本で読みました。
やさしくはなかったかもしれませんが、領民思いではあったのかなあと。
だから、多くの百姓が、村重と一緒になって反信長の行動をとったのかなあと。

花隈駐車場は1時間400円ですが、1日最大1,000円です。
やはり、領民思いなんじゃないでしょうか?(笑)
Commented by heitaroh at 2014-12-22 22:15
確か、天守閣という名称も有岡城が最初と聞きましたがどうなんですか?
Commented by sakanoueno-kumo at 2014-12-23 00:08
< heitarohさん

そうなんですか?
初めて知りました。
イメージ的には、安土城が最初のような感じですけどね。

<< 軍師官兵衛 最終回「乱世ここに... 荒木村重ゆかりの摂津路逍遥 そ... >>