三木合戦ゆかりの地めぐり その9 ~高木大塚城跡~

シクノ谷峯構付城から更に北へ500mほどのところに、高木大塚城跡があります。
ここも、三木合戦における織田方の付城で、絵図『三木城地図』に描かれているものですが、どういうわけか、現地看板などの記載は「大塚城」となっており、名称に「付城」という言葉が入っていません。
なんででしょうね?

e0158128_21215949.jpg

この周辺には高木古墳群と呼ばれる5~6世紀の古墳が多くあり、この付城は、それらのなかでもっとも大きな古墳を利用して築かれた付城と考えられています。
そこで、大きな塚を利用した「大塚城」という名称になりました。

e0158128_21245265.jpg

現地看板の説明文によると、曲輪は主郭のみで、櫓台を中心に配し、その周囲を十字の形に土塁で囲み、南西に虎口(出入り口)を設けています。
曲輪の広さは約3,600㎡で、古墳が所在する周囲を含めると約6,500㎡が残っているそうです。

e0158128_21264698.jpg

古墳を利用した櫓台は、一辺約20mの隅丸方形を呈する高さ約5mを測る規模で、周囲を高さ150cmほどの土塁が囲んでいます。

e0158128_21282718.jpg

とにかく、この付城の遺構の保存状態は素晴らしく、これまで見てきた他の付城とは比べものにならないほど立派な土塁が残されています。

e0158128_21301712.jpg

また、土塁が十字型に四方に張り出した形をしていて、変わった構造をしているのが興味深いところです。
この独特の土塁のかたちは、正面だけでなく側面からも攻撃できるように意識し築いたもので、これを横矢掛りと呼んでいるそうです。

e0158128_21311232.jpg

いまいち写真では伝わりづらいですね。

e0158128_21325720.jpg

他の付城のほとんどは現在も山の上にあるのですが、ここ高木大塚城は、住宅街の一角にあるので訪れやすく、城の全体像が素人でも容易に想像できます。
わたしが訪れたときは、ここを散歩していたご老人が主のように解説してくれました(笑)。

e0158128_21341824.jpg

ここを守っていた武将はわかっていませんが、たぶん、明石道峯構付城やシクノ谷峯構付城と同じく、小林伝右衛門が作図した絵図『三木城地図』に描かれており、織田信忠が築城した三木城包囲網の第二期の付城と考えられています。
約500m間隔で連なっていますからね。

で、次はここから更に500mほど北上したところの、法界寺山ノ上付城を訪れます。

三木合戦ゆかりの地めぐり その1 ~三木城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その2 ~秀吉本陣(平井山付城)跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その3 ~竹中半兵衛墓所~
三木合戦ゆかりの地めぐり その4 ~もうひとつの竹中半兵衛墓所~
三木合戦ゆかりの地めぐり その5 ~平田村付城跡・平田村山之上付城跡・大村城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その6 ~谷大膳墓所~
三木合戦ゆかりの地めぐり その7 ~明石道峯構付城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その8 ~シクノ谷峯構付城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その10 ~這田村法界寺山ノ上付城・朝日ヶ丘土塁跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その11 ~法界寺別所家霊廟~
三木合戦ゆかりの地めぐり その12 ~三木城鷹尾山城(鷹ノ尾城)跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その13 ~淡河城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その14 ~端谷城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その15 ~福谷城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その16 ~枝吉城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その17 ~池尻城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その18 ~加古川城跡(称名寺)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その19 ~野口城跡(教信寺・野口神社)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その20 ~神吉城跡(常楽寺・神吉神社)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その21 ~生石神社(石の宝殿)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その22 ~志方城跡(観音寺)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その23 ~太閤岩~
三木合戦ゆかりの地めぐり その24 ~中道子山城(赤松城)跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり その25 ~安楽寺・円照寺~
三木合戦ゆかりの地めぐり その26 ~井ノ口城跡・見登呂姫の石仏~
三木合戦ゆかりの地めぐり その27 ~高砂城跡(高砂神社)~
三木合戦ゆかりの地めぐり その28 ~御着城跡~
三木合戦ゆかりの地めぐり ~史跡分布図~



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2015-04-15 21:36 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2015-05-01 18:56
付城という言葉自体は当時からあったんですか?あるいは当時は一つ一つを城と呼んでいたのでは。
私もご城主・・・じゃなかった、ご老人の説明を聞いてみたかったです。あるいはその方、この世の方ではなかったのかも(笑)。
Commented by sakanoueno-kumo at 2015-05-01 23:17
< heitarohさん

付城という言葉が当時あったかどうかはわかりませんが、◯◯◯付城といった名称は、学術的に便宜上つけられた名称だと思います。

<< 花燃ゆ 第16話「最後の食卓」... 花燃ゆ 第15話「塾を守れ!」... >>