三木合戦ゆかりの地めぐり その28 ~御着城跡~

とうとう姫路市まで来ました。
姫路市の城というと、世界遺産姫路城をいちばんに思い浮かべると思いますが、三木合戦当時の姫路城は現在のような立派なお城ではなく、ここ御着城支城にすぎませんでした。

e0158128_20133230.jpg

当時の姫路城主は黒田官兵衛孝高、そして、その本家の御着城主は小寺政職
大河ドラマ『軍師官兵衛』片岡鶴太郎さんが演じていた赤鼻のバカ殿さまですね。
当時の官兵衛は小寺官兵衛と名乗っており、小寺家の傘下にありました。
いうなれば、御着城が本社で姫路城が支店だったわけです。

e0158128_20145173.jpg

現在、かつての城の敷地は国道2号線で分断されており、本丸跡城跡公園として整備されています。
遺構は堀切が少し確認できるくらいで、ほとんど残っていません。
公園内には、御着城をイメージした姫路市東出張所が建てられています。

e0158128_20163941.jpg

御着城は政職の祖父にあたる小寺政隆が永正16年(1519年)に築いたと伝わりますが、現地説明看板によれば、昭和52~54年の発掘調査で、14世紀後半からこの地に城が存在していたことが判明したそうで、小寺家がこの地に来る以前から、播磨国の守護大名である赤松氏の支配下として、何らかの機能を果たしていたようです。

e0158128_20173861.jpg

公園内には、黒田官兵衛顕彰碑があります。
ここの城主は小寺氏なんですけどね。

e0158128_201968.jpg

ほかにも、小園内には「黒田官兵衛ゆかりの地」と書かれた幟がたくさん立てられていました。
まあ、昨年の大河ドラマのブームもありましたし、知名度から言ってやむを得ないのでしょうが、あくまでここの城主は小寺氏です(笑)。

e0158128_20201380.jpg

公園の隣には、官兵衛の祖父にあたる黒田重隆と、官兵衛の生母廟所があります。
黒田家は重隆の時代に小寺家に仕えるようになりました。
官兵衛の生母は、「その16」で紹介した枝吉城主の明石氏の出身だと伝えられます。

e0158128_20241811.jpg

写真左が重隆公、右が官兵衛の生母の五輪塔です。
でも、なんで御着城跡に黒田家の廟所が?・・・と思ったのですが、調べてみると、元は隣村に葬っていたものを、享和2年(1802年)に末裔の福岡藩主の命で、この地に移されたそうです。
じゃあ本家本元の小寺家ゆかりの史跡は?・・・と探してみると、公園の隅に小さな誘導表示が・・・。

e0158128_20255578.jpg

で、国道2号線を渡ってみると、小さな古い公園があり、そこに、小寺大明神と呼ばれるがありました。
ここには、小寺家一族が祀られているそうで、説明板によると、宝暦5年(1755年)の絵図も載っているそうです。

e0158128_2028727.jpg

e0158128_20281827.jpg

初代城主・小寺政隆の歌碑があります。

e0158128_20291628.jpg

黒田家の廟所に比べると、本丸跡から離れた場所にひっそりと遠慮がちに建っているように思えた小寺大明神ですが、それも、のちに大大名となった黒田家と、没落した小寺家の格差といえるでしょうか。

e0158128_2034066.jpg

周知のとおり、小寺政職は当初、織田方に与していましたが、三木合戦が始まると別所氏に呼応して反旗を翻し、荒木村重と組んで家臣である官兵衛を陥れました。
しかし、三木城が落城すると政職はたちまち城を捨てて毛利領へ逃亡し、その後、羽柴秀吉軍の攻撃を受けた御着城は、残された別所氏家臣の岡本秀治が降伏し、落城しました。
そんな歴史を思うと、小寺大明神の扱いがこの程度なのは、仕方ないかもしれませんね。
公園の片隅には、旧御国小学校校庭の発掘調査で出土した、羽柴軍との戦いでの戦死者を弔うために立てられた五輪塔があります。

e0158128_20345559.jpg

さて、今年2月から始めた三木合戦ゆかりの地めぐりシリーズですが、気がつけば7月、になってしまいました。
姫路市まできましたし、他のテーマもやりたいので、このへんで一旦おきたいと思います。
といっても、播磨にはまだまだ三木合戦に関連する史跡がたくさんあります。
ですので、終わりではなく、いったん休憩して、また機会を作って続きができたらと思っています。
そのときは、またお付き合いくださいね。



次回、これまで紹介した史跡の分布図を起稿します。

「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2015-07-01 18:49 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

<< 三木合戦ゆかりの地めぐり ~史... 花燃ゆ 第26話「夫の約束」 ... >>