桜に彩られた大楠公像と、鞍上を失った騎馬像。

昨日から4月、ですね。

今日の神戸は初夏のような暖かさで、2~3日前から一気にの木がピンクに染まり始めました。

まだ七分咲きといったところですが、今日は天気が良かったのと、明日からはしばらく忙しくて桜を観る余裕がなさそうということもあり、カメラを持って桜見物です。

e0158128_19060960.jpg

今日訪れたのは、神戸市兵庫区にある湊川公園

ここには、巨大な楠木正成銅像があります。

e0158128_19073546.jpg

というのも、いまから700年近く前の建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」において、楠木正成軍と足利尊氏の弟・足利直義の軍が激突したのが、ちょうどこのあたりだったといいます。

e0158128_19090089.jpg

楠木正成というと、戦前の皇国史観における忠臣の象徴のようなイメージの人物ですが、神戸では、この近くにある正成を祀った湊川神社も含めて「楠公さん」と親しみを込めて呼ばれています。

e0158128_19104409.jpg

桜に立ち向かう楠公さん。

e0158128_19104899.jpg

桜を飛び越える楠公さん(笑)。

e0158128_19145087.jpg

青空にピンクがよく映えます。

e0158128_19145452.jpg

公園内には、馬の銅像があるのですが、実はこの馬の像、以前は聖徳太子が乗っていたのですが、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で太子が落馬し、いまは馬だけになっています。

e0158128_19145832.jpg

なぜ神戸に聖徳太子像かというと、太子が法隆寺を建立した際、このあたり一帯も法隆寺の寺領だったそうで、明治以降の学校教育で聖徳太子の人気が高まると、神戸でも太子信仰が広まったからだそうです。

で、大正10年(1921年)にこの地に像が建てられたそうですが、70余年後に落馬、胴が真っ二つになったそうです。

隣の大楠公像の馬と違って、こちらの馬は、なんか寂しそう・・・。

e0158128_19150216.jpg

現在、休日を利用して『太平記』ゆかりの地の史跡めぐりをしており、その関連もあってここを訪れました。

そのうちシリーズをレポートしたいと思っています。

e0158128_19182742.jpg

たぶん、明日か明後日には満開でしょうね。

この感じでは、入学式の頃には散っちゃってそうですね。

新入学生を持つ親御さんにはお気の毒なことです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ


by sakanoueno-kumo | 2016-04-02 19:20 | 神戸の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/24271022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2016-04-07 18:23
げ!銅像が落馬なんて結構、びっくりです。あれって、最初から人馬一体で作られてるわけではないんですね。
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-04-08 03:59
> heitarohさん

そうなんですよね。
大正時代の技術では、人馬一体は難しかったのでしょうか?

<< 真田丸 第13話「決戦」 ~第... 埼玉女子中学生誘拐監禁事件に再... >>