大和国、郡山城跡を歩く。 その6 「三の丸・外堀」

ひと通り城跡内を歩いたので、次は中堀の外を散策します。

まずは、鉄御門を出た南側にある「三の丸緑地」

e0158128_20143020.jpg

現在は、市民憩いの場となっています。

e0158128_20164905.jpg

三の丸緑地から道路を挟んで東側にある「柳御門跡」

ここも石垣は「野面積み」ですね。

e0158128_20165319.jpg

石垣と押しボタン信号のミスマッチです(笑)。

e0158128_20181175.jpg

大和郡山市役所前の「中堀跡」

e0158128_20192580.jpg

そこから更に東へ進むと、「外堀跡」「外堀緑地公園」として整備されています。

写真はその南門

かつて郡山城の外堀は、惣構として九条町大門、鍛冶町大門、高田町大門、柳町大門の4つの大門を通じて出入りをしていましたが、この南門は、柳町大門をイメージして再現されたものだそうです。

e0158128_20231188.jpg

その外堀公園に設置されていた城下町MAPです。

e0158128_20263090.jpg

外堀を普請したのは、豊臣秀長の死後、文禄4年(1595年)に20万石で入部した増田長盛でした。

e0158128_20265528.jpg

この頃には約1万人の家臣が城下に集中し、武家屋敷も多くなり、城下町では商工業が発達するなど、外堀で城下全体を囲む惣構の必要が生じていました。

そこで長盛は、秋篠川の付け替えや溜池をつないで、周囲が50町13間(約5.5km)の外堀を完成させます。

e0158128_20285954.jpg

外堀のほとんどは素掘りで、中堀や内堀のように石垣は積まれなかったようですが、掘削した土を堀の内側に積み上げて土塁を作り、防御壁としました。

e0158128_20290354.jpg

それらの説明板です。

赤いTシャツを着たわたしが映っています(笑)。

e0158128_20301416.jpg

城下町には、箱本十三町と書かれた説明板とMAPが各所に設置されていました。

天正13年(1585年)に入城した豊臣秀長は、城下町の繁栄のため、奈良や堺の商人たちを郡山に呼び寄せ、地租免除などの特権を与えて箱本制度という自治組織を作りました。

e0158128_20310650.jpg

城下町に復元された「火見櫓」です。

延宝8年(1680年)、郡山で大規模な火災があり、町屋670軒あまりが焼失しました。
貞享3年(1696年)、当時の藩主・
本多忠平が、この延宝の大火」を教訓として城下町の防火進めるために、堺町、本町、柳5丁目、今井町に火見櫓を建てました。

城下町を描いた町割図という絵図には堺町の火見櫓が描かれているそうです。

建物の屋上に四角い望楼を高く建てて、四方に窓を開けたもので、17町が交代で見張りを行っていたそうです。

さて、シリーズ6まで続いた郡山城シリーズですが、ひとまずこれで終わりとします。

この日は2015年8月8日の夏真っ盛りの猛暑日で、汗だくになって歩きまわりました。

郡山城は桜の名所だと聞きますから、今度は春に訪れてみたいですね。




大和国、郡山城跡を歩く。 その1 「二の丸」

大和国、郡山城跡を歩く。 その2 「天守台」

大和国、郡山城跡を歩く。 その3 「本丸(法印郭)」

大和国、郡山城跡を歩く。 その4 「本丸(毘沙門郭)」
大和国、郡山城跡を歩く。 その5 「本丸(主郭)」

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


by sakanoueno-kumo | 2016-05-26 23:12 | 奈良の史跡・観光 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/24411400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2016-06-06 10:42
私はこことは違うのですが、古代の平城京の楼門跡でしたっけ?をわざわざ、川の近くまで見に行ったのですが、礎石があるといいながら、結局、見つけきらずに帰ってきました。そちらは行かれませんでしたか?
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-06-06 20:28
> heitarohさん

いや、平城京あたりはじっくり巡ったことはありません。
数年前にあった「平城遷都1300年記念事業」のときも、仕事では絡みましたが、プライベートではとうとう行けずじまいで・・・。
神戸から奈良って、近いようで結構遠いんですよね。
今度、じっくり大和路めぐりをしてみます。
Commented by heitaroh at 2016-06-13 14:42
いや、平城京そのものではなく、楼門跡というのが大和郡山にあったんですよ。
城を出てから、近辺をプラプラしていたらそれが書かれた地図があったので、ついでだからと思って行ってみたのですが、ここだけはどこかわからないままでした。
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-06-13 21:47
> heitarohさん

ああ、そういうことだったんですか。
であれば、わたしはその楼門跡の存在自体を知りませんでし、地図を見ても気づきませんでした。
でも、現地で予定外に出会う史跡って、たしかにありますよね。

<< 真田丸 第21話「戦端」 ~北... 大和国、郡山城跡を歩く。 その... >>