山崎合戦のまちを歩く。 その12 「勝龍寺城跡 ~前編~」

前稿で紹介した恵解山古墳から北東へ500mほどのところに、勝龍寺城跡があります。

山崎合戦において羽柴秀吉に敗れた明智光秀は、一時、ここ勝龍寺城に逃げ込んだと伝えられます。

当時、勝龍寺城には光秀の三女・玉(ガラシャ)が嫁いでいました。


e0158128_14095464.jpg

応仁・文明の乱頃から、寺院としての勝龍寺が臨時的なとしてしばしば使われていたようですが、恒常的な城として確実な史料が残されているのは、元亀2年(1574年)に織田信長が京都の防御拠点として細川藤孝に勝龍寺城の普請を命じたことに始まります。

「幽斎」の雅号で知られる藤孝は、肥後細川家の中興の祖と言われる人物で、あの細川護熙元総理大臣のご先祖さんとして有名ですね。

藤孝は光秀との親交が深く、一説には、藤孝と信長を引き合わせたのも光秀だったといいます。


e0158128_14103593.jpg

現在の勝龍寺城は、昭和63年(1988年)から発掘調査が行われ、平成4年(1992年)に勝龍寺城公園として蘇ったものです。

発掘調査の結果、穴太積の石垣枡形虎口など、のちの安土城大坂城など織豊時代の城郭に見られる特徴の先行的城郭だったことがわかったそうです・・・と、現地のボランティアで解説されていたご老人がおっしゃっていました。


e0158128_14105904.jpg

現在公園として整備されているのは、本丸跡と西側の沼田丸跡です。

本丸跡の周辺は、で囲われています。


e0158128_14111230.jpg

本丸を囲む土塁の上に石垣を積んだを作り、角の隅櫓と連結して守りを固める構造の建物を「多聞櫓」といいますが、これも、確認された遺構としては、ここ勝龍寺城が最古なんだそうです。


e0158128_14112586.jpg

南門です。

枡形虎口になっています。

「枡形」とは、出入り口の通路を直角に曲げて、大軍が侵入しづらく考えられた設計のことを言います。


e0158128_14113925.jpg

城門の向こうに見えるのは、模擬天守(櫓?)です。


e0158128_14115603.jpg

天守が存在していたことは間違いないようですが、文書の史料しかなく、復元はできません。

現在の建造物は、あくまで模擬です。


e0158128_14121079.jpg

こちらは北門跡

やはり、枡形になっています。


e0158128_14122112.jpg

外側から見た北門跡です。


e0158128_14124632.jpg

北門跡の側には、発掘調査の際に石垣跡から多数出土した石仏五輪塔が祀られていました。

当時、石垣にそれらの石材を使用することは、珍しくありませんでした。


e0158128_14130086.jpg

やっぱ、城跡レポートは長くなっちゃいますね。

もう一回、勝龍寺城の続きをやります。




このシリーズの他の記事は、こちらから。

  ↓↓↓

山崎合戦のまちを歩く。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-07-28 14:17 | 山崎合戦ゆかりの地 | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2016-07-28 17:51
ここは名前しか残ってない城だろうとばかり思ってましたので、こんなに立派なのがあるとはとても意外です。立派・・・過ぎるような(笑)。
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-07-29 15:56
> heitarohさん

さすが、名前だけでもご存じなんですね。
わたしは、光秀本陣跡の説明看板で、はじめてこの城を知りました。
たぶん、小説などでは読んでいたのでしょうが、覚えてませんでした。

>立派・・・過ぎるような(笑)。

たしかに。
でも、現地ボランティアの方の説明では、ほんとに立派な城だったみたいですよ。

<< 山崎合戦のまちを歩く。 その1... 真田丸 第29話「異変」 ~秀... >>