三木合戦ゆかりの地めぐり その35 ~福中城跡~

神戸市西区にある「福中城跡」を訪れました。

「城跡」といっても、それを思わせる遺構は存在せず、正確には「城があったとされる場所」です。

ここ福中城も、他の諸城と同じく、羽柴秀吉軍の手によって落城したと伝わります。


e0158128_19153931.jpg

現在、城のあった場所には国道175号線が南北に走っています。

その「福中」という交差点から「福中北」という交差点あたりが、福中城の敷地だったそうです。


e0158128_19155498.jpg

国道が通る以前は、内堀、外堀、居館、土居など多くの遺構が残っていたそうです。

神戸市内では最も遺構が残る城跡だったとか。

しかし、国道が通ることが決まると、たちまち地主さんたちはその土地を手放してしまい、またたく間にその姿は都市計画に埋もれてしまったそうです。
付近を歩いてみましたが、これといって往時を思わせるものは見られませんでした。


e0158128_19155868.jpg

福中北の交差点近くには、「福中城主・間島彦太郎菩提寺」と記された宝珠寺という小さな寺があります。

ここは間島彦太郎氏勝自身の創建と伝えられ、彦太郎の墓石と伝わる五輪塔があります。


e0158128_19160112.jpg

五輪塔横にある説明板です。


e0158128_19160645.jpg

説明板によれば、三木合戦の際、間島家では父・兵衛尉氏常が別所方につき、子・彦太郎氏勝が秀吉方について親子で戦ったとあります。

おそらくこれは、いずれが勝っても家名が続くための策で、この当時、めずらしい話ではありませんでした。


e0158128_19202237.jpg

その甲斐あって間島家の家名は残りましたが、三木合戦後、福中城は廃城となり、間嶋氏は明石海峡を挟んで対岸にある淡路岩屋城主に任命され、この地を去りました。


e0158128_19203551.jpg

その後、彦太郎は秀吉に仕え、九州征伐文禄の役などに従軍した記録が残されていますが、その後、文禄の役の功で加藤嘉明に淡路国岩屋1700石を与え、間嶋氏は何らかの理由で転封あるいは改易になったのかもしれません。

その後の彦太郎の動向はわからなくなりますが、一説によると、関ケ原の戦い西軍に味方し、間島氏は滅亡したとされます。

その後、彦太郎は同郷のよしみを頼って、筑前福岡の黒田官兵衛孝高に寄食したともいわれますが、これも定かではありません。



「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2016-11-10 23:19 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/24885286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 三木合戦ゆかりの地めぐり その... 三木合戦ゆかりの地めぐり その... >>