三木合戦ゆかりの地めぐり その36 ~渡瀬城跡~

三木城から直線距離にして13kmほど北東の吉川町にある「渡瀬城跡」を訪れました。

ここも、三木合戦のときに別所方に与し、羽柴秀吉軍によって滅ぼされた城です。

渡瀬城は兵庫県立吉川高校の裏山にあります。

おそらく、高校の敷地も城の一部だったんじゃないでしょうか?


e0158128_19332709.jpg


高校前の県道354号線を南下すると、城跡の案内表示があります。

e0158128_19372037.jpg

どうやら、あの丘陵が城跡のようです。


e0158128_19350094.jpg


法光寺
という寺に向かう参道を少しだけ進み、すぐに道路脇の畑道を入っていきます。

そこから既に城跡は始まっていますが、案内表示等は何もないので、探りながら進みます。


e0158128_19383441.jpg

渡瀬城の歴史は古く、佐々木源十郎義範守護職として文治元年(1185年)にこの地に移り住んだのが始まりとされています。

その後、南北朝時代の明徳2年(1391年)に起きた明徳の乱において、渡瀬右衛門綱光赤松義則別所敦則らとともに戦功をあげ、その功により将軍・足利義満から摂津・播磨の境に2万石の領地を賜り、ここ渡瀬城を築いたとされます。


e0158128_19404172.jpg


時代は進んで三木合戦のときの城主・渡瀬小治郎好光は、妻を別所氏から迎えていたこともあって別所方に与し、弟の渡瀬左馬介好勝に兵を添えて三木城に送り込むと、自身は渡瀬城に立て籠もりました。

しかし、三木城が落ちる前に渡瀬城は落城。

その後、伊丹有岡城荒木村重をたよって落ち延びたと伝わります。


e0158128_19404611.jpg


城跡内の一角に、墓石が2つありました。


e0158128_19422734.jpg


ひとつは、家老の石田治重の墓。

治重は渡瀬城落城を機に帰農し、城下の渡瀬に永住し、地域の発展に尽力したそうです。


e0158128_19434209.jpg


そしていちばん高いところにある墓石は、城主・好光の弟で三木城に籠城していた好勝のものでした。

e0158128_19450396.jpg

なぜ城主・好光の墓ではないのか・・・と考えたのですが、おそらく弟の好勝は三木城の籠城戦で討死し、兄の好光は城を捨てて落ち延びたことから、弟の好勝が手厚く葬られたのではないかと・・・。


e0158128_19460942.jpg


最後に城跡東側の景観。

いい天気です。




「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-11-11 23:44 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

<< 真田丸 第45話「完封」 ~大... 三木合戦ゆかりの地めぐり その... >>