三木合戦ゆかりの地めぐり その37 ~細川城跡~

三木城から北東へ7kmほどのところにある「細川城跡」を訪れました。

城跡というより、居館跡といった方が正しいでしょうか。

ここは関白藤原氏の血を引く名門・冷泉家の居館でした。


e0158128_20510442.jpg

三木合戦が行われる直前、三木城主の別所長治は冷泉家に対して反織田方に与するよう誘いますが、当時の主だった冷泉為純とその長男・為勝がこれを断ったため、別所氏の家臣で中村城主岡村秀治に攻められて為純は討死。

為勝は救援に駆けつけた小沢城主依藤太郎左衛門とともに依藤野へ逃れますが、やがて自刃して果てます。

この戦いが、三木合戦関連の最初の戦いでした。


e0158128_20531980.jpg

居館跡に建つ銅像は、為純の三男で、のちに「近世日本儒学の祖」として名を成す藤原惺窩の像です。


e0158128_20532269.jpg

父・兄が討ち死にしたとき惺窩は17歳。

三男ということで幼いころから龍野の景雲寺で禅僧としての修行中だった惺窩は、凶報に接し、姫路の書写山に陣していた羽柴秀吉に面会して仇討家名再興を願い出ますが、秀吉から時期を待つよう諭され、やむなく母や弟妹を伴い京都の相国寺に逃れました。


e0158128_20575414.jpg

以後、としての学問に励みますが、やがて秀吉の天下となり、朝鮮国使節が来国した際、惺窩は秀吉から使者との筆話役を命じられました。

この縁で惺窩は儒学に目覚め、仏道を捨てて学者の道を進みます。


e0158128_20585136.jpg
e0158128_20590117.jpg

以来、学ぶところ幅広く、特に、それまで学問の一部にすぎなかった儒学を体系化し、ひとつの独立した学問として作り上げたことにより、広く名が知れ渡りました。

しかし、時の権力に媚びることを嫌い、のちに徳川家康から高禄をもって招かれるもこれを辞退。

士官を好まず自由気ままな学者人生を送りました。

名門・冷泉家に生まれながら、権力争いのなかで滅びていった父や兄の姿を見たことで、権力とは無縁の暮らしを望んだのかもしれませんね。



「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2016-11-17 20:54 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/24938833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 三木合戦ゆかりの地めぐり その... 真田丸 第45話「完封」 ~大... >>