三木合戦ゆかりの地めぐり その43 ~春日山城跡~

山下城跡から3kmほど北西にある飯盛山山頂に、春日山城跡があります。

ここも、三木合戦のときに羽柴秀吉軍によって攻め滅ぼされたと伝わる城です。


e0158128_11383067.jpg

春日山城は兵庫県神崎郡福崎町の最南端ある標高198mの飯盛山山頂にあります。

写真は西側から撮影した飯盛山。

この少し南は、姫路市になります。


e0158128_11383496.jpg

山頂にズームイン!


e0158128_11415581.jpg

登山口は2ヶ所ありますが、この日は南側山麓にある春日山キャンプ場からの登城。


e0158128_11415962.jpg

キャンプ場内にある登山口です。


e0158128_11442791.jpg

登山道は写真のように整備されていて、登りづらいといったことはありませんでした。

ただ、勾配は急なので、決して楽ではありません。


e0158128_11443814.jpg

道標です。


e0158128_11470234.jpg

頂上近くになると、登山道脇には曲輪跡と見られる削平地が目につき始めます。


e0158128_11470684.jpg

頂上らしき空が見えてきました。


e0158128_11504960.jpg

頂上の本丸跡です。


e0158128_11505343.jpg

結構広い面積の山頂です。


e0158128_11524789.jpg

三木合戦のときの春日山城主は、後藤基信

基信はあの後藤又兵衛基次の父・後藤基国の兄で、又兵衛の叔父にあたる武将です。

天正5年(1577年)の加古川評定を機に後藤家は別所方に与し、三木合戦が始まって間もない5月、羽柴軍によって城は落とされ、基信は討死したと伝わります。

春日山城の築城時期は南北朝時代の建武年間(1334~1338年)、播磨の守護赤松氏の幕下としてこのあたりを統治していた後藤三郎左衛門尉基明が築城したと言われます。

その後、応仁の乱では赤松政則の部下として出陣し、山名の軍勢を破って軍功を立てたと伝わります。

三木合戦時の城主・基信は、初代・基明から数えて9代目にあたります。


e0158128_11541379.jpg

説明板です。


e0158128_11592508.jpg

食料貯蔵庫跡だそうです。


e0158128_11592956.jpg

北側の眺望です。


e0158128_11593381.jpg

こちらは西側の眺望。

撮影は夏至近い6月18日の夕方4:00頃です。


e0158128_11593685.jpg

こちらは南側の眺望。

3kmほど南下したところには、甥の後藤又兵衛基次が生まれたとされる南山田城跡があります。

三木合戦時、又兵衛は姫路城主の黒田官兵衛孝高の元にいましたが、黒田家は羽柴方に、後藤家は別所方についたことから、黒田家を去ることになるんですね。

又兵衛18歳のときでした。


次回に続きます。




「三木合戦ゆかりの地」シリーズの、他の稿はこちらから。
  ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地

ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2016-12-01 20:14 | 三木合戦ゆかりの地 | Comments(0)  

<< 真田丸 第48話「引鉄」 ~つ... 三木合戦ゆかりの地めぐり その... >>