「ほっ」と。キャンペーン

2017年年頭のご挨拶と初日の出。

あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も相変わらず、宜しくお願いします。


e0158128_14561376.jpg

写真は神戸市垂水区の高台から見た東南の景色です。

毎年大晦日から元旦の朝にかけてはだいたい仕事で、会社もしくは現場で年を越すことが多いのですが、今年も昨年同様、徹夜になっちゃいました。

昨年は会社で朝を迎えたので、会社屋上から初日の出を拝んだのですが、今年はもうちょっと早く終われたので、家路の途中で初日の出を撮影です。

向こうに見える海は、大阪湾

その海近くまで迫る写真左の山は、六甲山系最西端にある標高246mの鉢伏山と標高253mの旗振山です。

旗振山周辺は東西に見通しがよく、17世紀末の元禄時代から電信が普及する大正初期まで、大阪堂島の米相場畳1枚ほどの大きな旗を振って伝達する中継点だったそうで、それが由来となって旗振山と呼ばれているそうです。

旗振山から大阪堂島までというと、直線距離にして30km以上離れています。

本当に畳1枚分の旗が見えたのかなぁ・・・。


e0158128_14562200.jpg

江戸時代以前、あの旗振山を境に、東は摂津国、西は播磨国でした。

現在でも、あの山を境に東が須磨区、西が垂水区です。

今はどちらも神戸市ですが、かつては、国境だったんですね。

あと、あの山の南側麓は一の谷と言い、12世紀の源平合戦のひとつ、一の谷合戦の舞台でもありました。

有名な源義経の逆落としは、あの山だったかもしれないと言われます。


e0158128_14563105.jpg

遠く彼方に見えるのは、大阪府再南東にある標高1,125mの金剛山と標高959mの葛城山です。

大阪府と奈良県の県境にそびえる山で、歴史的には、旧河内国大和国の国境にあり、金剛山中腹には、中世、楠木正成がわずか1000人足らずの兵で鎌倉幕府軍100万と対峙したことで知られる千早城があります。

神戸市に西の端であるここ垂水区から金剛山までは、直線距離にして70kmほど、車で高速をとばしても2時間ほどかかる距離ですが、空気が澄んだ晴れた日は、こうして肉眼で見えることがあります。

題して、播磨国から望む金剛山と初日の出

貴重です。


e0158128_14564990.jpg

私事で恐縮ですが、今年、あと2週間ほどで、私もとうとう大台の50歳になります。

「五十知命」と言いますが、とてもそんな境地にはほど遠く、いまだ迷いの中ですが・・・。

とにもかくにも、半世紀を生きたメモリアルイヤー、いい1年にしたいですね。

本年もよろしくお願いします。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-01-01 17:56 | 日常 | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2017-01-05 11:13
あけましておめでとうございます。
まだ、大台乗ってなかったんですね(笑)。
ようこそ、五十代へ(笑)。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-01-05 17:13
> heitarohさん

あけましておめでとうございます。
まだ、あと10日ほどは40代です(笑)。
たぶん、50歳になっても、なんら変わらないとは思いますが、最近めっきり白髪が増えてきたのと、いよいよ老眼鏡に頼ろうかどうか思案中です。

<< 豪壮な石垣群の津山城登城記 そ... 「ポケモンGO」ならぬ「発見!... >>