豪壮な石垣群の津山城登城記 その3 「本丸」

ようやく本丸まで登ってきました。

3,496坪の本丸跡にも、多くの櫓跡が現存しています。

そのいくつかを追っていきます。


e0158128_14354825.jpg

まずは本丸東側の「矢切櫓跡」です。

石垣がみごとですね。


e0158128_14372388.jpg

その南側にある「包櫓跡」

「鐘撞堂」があります。


e0158128_14401220.jpg

矢切櫓跡北側にある「月見櫓跡」


e0158128_14401530.jpg

さらにその北側にある「栗積櫓跡」です。


e0158128_14450673.jpg

栗積櫓跡からみる津山城北面の眺望です。

遠方の山の頂には、「神楽尾城跡」が見えます。


e0158128_14472692.jpg

栗積櫓跡の西側にある「大戸櫓跡」


e0158128_14500400.jpg

その南側に位置する「長屋櫓跡」です。


e0158128_14501642.jpg

さらに、そこから裏鉄門跡を挟んで南にある「腰巻櫓跡」


e0158128_14473955.jpg

そして、そこから西側に向かった天守台北にある「長櫓跡」

そして、本丸南西に復元された「備中櫓」があります。


e0158128_14531276.jpg

津山城の建造物は、本丸に31棟、二の丸に12棟、三の丸に17棟が建てられ、門は本丸に15、二の丸に、三の丸に11あったそうです。

これは広島城姫路城よりも多い数だそうで、両城に比べて比較的コンパクトな面積の中に、これだけの建物がひしめき合っている様は、実に壮観だったでしょうね。

もともと、この地には嘉吉年間(1441~44年)に山名忠政鶴山城を構えていましたが、慶長9年(1604年)に森忠政が鶴山を「津山」と改め、12年間の年月をかけて築城したのが津山城です。

当時は築上の最盛期であり、おそらく、当時の技術の粋を集めた城だったのでしょうね。


次回に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-01-06 13:12 | 岡山の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25131072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 豪壮な石垣群の津山城登城記 そ... 豪壮な石垣群の津山城登城記 そ... >>