豪壮な石垣群の津山城登城記 その5 「天守台」

津山城シリーズ最終稿です。

本丸西側には、天守台石垣がそのままのかたちで残っています。

残念ながら明治初期の廃城令によって天守は取り壊されていますが、かつてここに五層の立派な天守がありました。


e0158128_17283640.jpg

津山城の天守は地上5階建で、破風を持たない質実な造りだったそうです。

城の造りはその築城主の人間性を表しているようにも思いますので、森忠政という人は、きっと生真面目な人物だったのでしょうね。

高さは天守台石垣を除いて約22mで、一般的な五層の天守としては最大規模のものだったようです。

壁は漆喰塗りの白壁とし、天守台の平面が正確な四角形で、上階が規則的に小さくなっていく「層塔型」と呼ばれるものでした。


e0158128_17300442.jpg

現存している天守台には、自由に登ることができます。


e0158128_17310518.jpg

上から見ると、こんな感じ。


e0158128_17334948.jpg

天守台から見た本丸跡です。


e0158128_17395658.jpg

天守台から見た津山城西側の眺望です。


e0158128_17400177.jpg

こちらは南側の眺望


e0158128_17423995.jpg

こちらは、天守台から見た「備中櫓」です。

天守の南西側、西側、北西側を取り囲むように、「多門櫓跡」があります。


e0158128_17442769.jpg

こんな感じの細長い空間で、天守を西側から守っていた櫓です。


e0158128_17453582.jpg

多門櫓跡から見た天守台です。


e0158128_17481359.jpg

多門櫓北面は「七番門」に接続されています。

そして、下の写真は、本丸北側の「長屋櫓」から見た天守台。

なんか、但馬の竹田城みたいですね。


e0158128_17514551.jpg


森氏は初代の忠政から4代続きましたが、元禄10年(1697年)、4代藩主・森長成の跡継ぎを立てられずに改易となり、翌年に松平宣富が美作10万石を領して津山城に入城します。

その後、松平氏は慶倫まで9代続き、明治維新を迎えます。

江戸時代の終焉とともにその役目を終えた津山城は明治7年(1874年)から取り壊されますが、石垣はそのまま残され、明治32年(1899年)から公園化が進められ、現在に至ります。

この豪壮な石垣群を、よく残してくれていたものですね。

天守台の脇には、「森侯入封三百年記念碑」と刻まれた石碑が建てられています。


e0158128_17594097.jpg

最後に、三の丸に建つ松尾芭蕉の句碑を紹介します。


e0158128_18015338.jpg


鐘つかぬ里は何をか 春のくれ


今度は、名物の桜の季節に訪れてみたいものです。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-01-11 22:40 | 岡山の史跡・観光 | Comments(0)  

<< おんな城主 直虎 第1話「井伊... 豪壮な石垣群の津山城登城記 そ... >>