太平記を歩く。 その17 「金剛山(國見城跡)・後編」 大阪府南河内郡千早赤阪村・奈良県御所市

金剛山後編です。

葛木神社境内の西側の参道に、「宝剣塔」という名称の宝篋印塔があります。


e0158128_21000154.jpg

これは、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)とその第2皇子・大塔宮護良親王追善供養のために建てられたもので、足利時代のものだそうです。


e0158128_21010617.jpg

足利の誰の時代でしょうね?


e0158128_21020439.jpg

後醍醐天皇も大塔宮も、最期は足利尊氏と敵対する立場で死んでいきますから、政敵からの追善供養ということですね。

まあ、尊氏はほかにも京の嵐山に、後醍醐天皇の菩提を弔う天龍寺を建立していますから、この宝篋印塔も、尊氏が建てたものかもしれませんね。

天皇の敵となった自責の念があったのでしょう。


e0158128_21031043.jpg

そして、葛木神社の西側にある転法輪寺です。

真言宗醍醐派大本山である金剛山転法輪寺は、今から約1300年前、山岳での修験道の開祖とされる役小角が建立したといわれ、奈良時代より明治維新に至るまで修験道七高山のひとつに数えられ、全国にその名が轟いていたと言われます。

あの行基、鑑真、最澄も来山し、聖宝も修行したと記録されているそうです。


e0158128_21055817.jpg

本堂です。


e0158128_21072155.jpg

境内には、豊臣秀吉がこの地を訪れたときに掘ったと伝わる瓢箪形の池「ひさご池」があります。


e0158128_21081977.jpg

で、転法輪寺の西側、山頂尾根伝いの最西端にある削平地に、「金剛山國見城址」と書かれた看板があります。


e0158128_21093105.jpg

ここは見晴らしがよく、登山客の憩いのスポットとなっています。


e0158128_21105609.jpg

大阪府が一望できます。

この日は霞がかっていたので遠くまで見えませんでしたが、空気の澄んだ日は、大阪湾を経て遠く神戸の六甲山系から淡路島まで見渡せるそうです。

たしかに、わが町神戸からも空気が澄んだ日は、金剛山が見えます。

直線距離で言うと60km以上離れているんですけどね。


e0158128_21105903.jpg

ここからも、某教団の平和の塔が見えます。


e0158128_21123933.jpg

その伝承によると、元弘2年(1332年)12月に再挙兵した楠木正成は、自身は上赤坂城に入り、金剛山の正面に國見城を設け、まだ少年だった息子の楠木正行とその傅役の湯浅孫六を配置し、転法輪寺の僧兵との連携をとらせたといいます。

城といっても、たぶん突貫の砦のようなものだったのでしょうね。


e0158128_21135786.jpg

その後、正成は千早城に移り、寡兵で大軍を寄せ付けなかったのですが、その理由のひとつに、背後の金剛山の僧兵の援助が大きかったといいます。


e0158128_21153414.jpg

城址公園の一段下にも、削平地があります。

二ノ丸跡?・・・即席で作った城にそんなもんないかな?


e0158128_21171417.jpg

余談ですが、太平洋戦争時に活躍した戦艦「金剛」は、ここ金剛山に因んでいます。

「大和」「武蔵」「長門」「陸奥」など、当時の戦艦の名称は旧国名が多かったと思いますが、「金剛」という山の名がつけられたのはなんででしょうね?

当時、楠木正成が忠臣の象徴的存在だったこともあり、大軍相手に落ちなかった城に因んで付けられたのでしょうか?

でも、沈没しちゃいましたけどね。

現在は、海上自衛隊のイージス艦「こんごう」に、その名は引き継がれています。


e0158128_21180595.jpg

この日の山頂は気温17度。

快適な秋のハイキングでした。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-02-23 01:33 | 太平記を歩く | Comments(2)  

Commented by mm at 2017-02-23 12:01 x
ご無沙汰しています。いつも精力的に廻っておられますね。金剛山を眺める地域に住んでいるので、南朝シリーズはことに身近に感じます。こんな田舎まで来られているのだ…と頭が下がります笑。記事を読んで、ブログ主様に倣い、私も金剛山周辺を廻ってみたいと感じました。神戸から金剛山が見えるというのは意外でした。意外に、遠くまで見えるものなのですね。

戦艦の名称に「金剛」がつけられたのは、ダイヤモンドのことを日本語で金剛と呼ぶことからでは?と感じます。一番強いという意味でのネーミングかと。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-02-23 23:49
> mmさん

コメントありがとうございます。
10年以上続けていた少年野球のコーチを一昨年に辞めてから、もっぱら休日は史跡めぐり三昧です。
誰にも鑑賞されず、気ままに一人で歴史探索。
贅沢な休日を楽しませてもらっています。

>ダイヤモンドのことを日本語で金剛と呼ぶことからでは?

なるほど、そうとも取れますね。
いまググってみたら、戦艦は国名、巡洋艦、巡洋戦艦は、金剛、霧島、古鷹、羽黒の山岳名だそうです。
金剛だけじゃなかったみたいですね。

<< 太平記を歩く。 その18 「楠... 太平記を歩く。 その16 「金... >>