太平記を歩く。 その31 「六甲八幡神社」 神戸市灘区

阪急六甲駅のすぐ南にある森が、六甲八幡神社です。

e0158128_15084531.jpg

『太平記』によると、元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」において、摩耶山城に籠る赤松則村(円心)に対し、幕府六波羅の軍勢が「八幡林よりぞ寄たりける」とあるのですが、その「八幡林」が、ここ八幡神社の森と考えられています。

e0158128_15113238.jpg

いまは街なかにありながらも、境内は広い森となっています。

このあたりの住所は現在も八幡町といい、たぶん、当時はこの辺り一体が森だったのでしょう。

5000の大軍が身を隠すには、もってこいのロケーションだったのでしょうね。

e0158128_15132844.jpg

六甲八幡神社の創祀は、万寿3年(1026年)、この地に水原氏が八幡神を祀っていたものを、治承4年(1180年)の福原遷都に伴い、平清盛石清水八幡宮を勧請したものといわれています。

e0158128_15153244.jpg

その後、戦国時代の戦乱によって荒廃していましたが、天正年間(1573~92年)に林播磨という人によって修築され、寛政7年(1795年)には、その孫の林清兵衛が社殿等を改築。

さらに、領主の石河氏春日大社旧社殿移築したのが、現在の本殿だそうです。

このあたり一帯は、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受けた地域であり、本殿も全壊してしまいましたが、現在は彩色も鮮やかに復興されています。

e0158128_15162693.jpg

ここはわたしの会社から近く、よく通る場所だったのですが、このたび太平記のことを調べていて、ここが関連史跡だと知りました。

いにしえの先人たちの足跡は、けっこう身近にあるものですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-03-26 01:09 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25643906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< おんな城主 直虎 第12話「お... 太平記を歩く。 その30 「赤... >>