太平記を歩く。 その37 「滝山城跡」 神戸市中央区

「その8」で紹介した布引の滝の西側にある滝山城に来ました。

場所は、JR山陽新幹線・新神戸駅の裏山です。


e0158128_16560542.jpg

滝山城の築城年代は定かではありませんが、京都東福寺良覚が記した『正慶乱離志』によると、摩耶山合戦から1ヶ月余りあとの元弘3年(1333年)4月、赤松則村(円心)の陣として、ここ滝山城が使われたと記されています。


e0158128_16584366.jpg

城跡への登山道は2とおりありますが、この日は先に「布引の滝」を訪れたので、東から攻めます。

標高は316.5m、比高は約250mの山頂にある滝山城への登山道は、ハイキングコースとして整備されているので、藪をかき分けて進むような場所はありません。

ただ、斜面はかなり急で、結構ハードです。


e0158128_17002660.jpg

道中から望む神戸市内の眺望です。

目の前に広がるのは三宮の町並み

神戸市のド中心部です。

このような大都会のすぐ近くに中世の山城跡が残っているというのが、山と海が接近する神戸ならではという気がします。


e0158128_17014212.jpg

しばらく登ると、いかにも曲輪跡と見られる削平地が次々に表れます。


e0158128_17023616.jpg

ここ滝山城跡の遺構の保存状態は良好で、30以上の曲輪跡が確認されています。


e0158128_17035121.jpg

たいぶん上まで進むと、ところどころに石垣跡と見られる大きな岩が見られます。


e0158128_17045515.jpg

これなんて、間違いなく石垣跡でしょう。


e0158128_17082197.jpg

傾斜がゆるやかになって、尾根伝いになると、いよいよ土塁堀切などの遺構の宝庫となります。


e0158128_17112728.jpg

三の丸下に設置された説明板です。


e0158128_17113007.jpg

縄張り図です。


e0158128_17123133.jpg

大きな堀切跡です。


e0158128_17142694.jpg

立派な土塁跡です。

写真じゃ、なかなか伝わりづらいですね。


e0158128_17154693.jpg

三の丸跡と思われます。


e0158128_17163684.jpg

そして二の丸跡

ハイキング客用のあずまやが設置されています。


e0158128_17175634.jpg

そして頂上の本丸

昭和13年(1938年)に建てられた石碑があります。


e0158128_17191071.jpg

摩耶山合戦に勝利した赤松軍は、これを好機と捉え、京都近くまで攻め上りますが、そこで今度は逆に幕府六波羅軍に反撃されて後退し、ここ滝山城に立て籠もったそうです。

赤松軍は同年4月3日に滝山城を出撃し、ふたたび六波羅軍を攻撃しますが、またしても敗退。

その後、赤松軍は千種、結城軍の援軍を得て、六波羅軍を八幡、山崎で破り、5月7日に足利尊氏軍と協力して入京を果たし、六波羅を攻略するに至ります。

その拠点となったのが、ここ滝山城だったんですね。


e0158128_17220447.jpg

その後、滝山城の城主は則村の息子・赤松範資になったり、後醍醐天皇方に渡ったり、再び範資の息子・赤松光範に戻ったりしたそうですが、やがて歴史の記録からその名が消え、再び滝山城が記録に登場するのは戦国時代、三好長慶の西の拠点として松永久秀が改修したことで登場します。

その後も幾度となく戦いの舞台となり、最期は、織田信長に反旗を翻した荒木村重花隈城籠城戦のとき、落城したと考えられているそうです。


e0158128_17235697.jpg

本丸からは、木が茂って景色が見えません。

たぶん、木樹が枯れただったら、神戸の町を望めたのでしょうね。

ここを訪れたのは5月14日。

森林浴には最適な季節でしたが、景色や遺構の縄張りを見るには、冬のほうが良かったかも。

山城を訪れるのは、真冬がいいですね。


e0158128_17244350.jpg

下山して新神戸駅南側から撮影。

写真左側の山が、滝山城です。

700年経った今も、神戸の中心部を見下ろしています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-04-08 11:54 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25679341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2017-04-11 11:12
神戸の高台からの風景は私にはどれも同じに見えます。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-04-12 00:13
> heitarohさん

そうでしょうね。
今度は夜景の写真でも載せることにします。

<< おんな城主 直虎 第14話「徳... 太平記を歩く。 その36 「太... >>