太平記を歩く。 その63 「二条富小路内裏址」 京都市中央区

京に戻った後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は、翌年の建武元年(1334年)1月より「建武の新政」を開始します。

その政令が発せられたのが、京都御所の少し南にある「二条富小路内裏址」です。

現在は御所南小学校第二運動場前に、石碑のみが建てられています。


e0158128_19045255.jpg

「建武の新政」「建武の中興」とも呼ばれ、武家政権から朝廷に政権を移し、関白摂政院政も排除し、天皇自らが政治を行うというもの。

「大化の改新」「明治維新」とともに、天皇親政における日本史上の三大革命のひとつとされます。

後醍醐天皇の掲げた「建武の新政」のテーゼは、「延喜・天暦の治にかえる」いうもの。

延喜・天暦の治とは、延喜が醍醐天皇(第60代天皇)時代、天暦は村上天皇(第62代天皇)時代の元号で、この時代は摂政・関白を置かず、天皇自らが政治を行い、文化も繁栄して後世に「理想の聖代」と言われていました。

だから、南朝の天皇は“後”醍醐天皇、“後”村上天皇だったわけですね。

後醍醐天皇は、その「理想の聖代」を復活させようとしていたわけです。


e0158128_19045681.jpg

しかし、前例を無視した後醍醐天皇の独裁は、権力を奪われた貴族の不満を買い、皇居造営などによる重税農民たちの不満はつのり、倒幕に尽力した武士たちも満足いく恩賞を得られず、天皇に失望します。

やがて、鎌倉幕府に変わる新しい武家政権を望む声が広がり始めます。

『太平記』巻12は、次のように嘆きます。

「世の盛衰、時の転変、嘆くに叶はぬ習ひとは知りながら、今の如くにて公家一統の天下ならば、諸国の地頭、御家人は皆奴婢雑人の如くにてあるべし。哀はれ、いかなる不思儀も出で来て、武家四海の権を執る世の中にまたなれかしと、思はぬ人のみ多かりけり」


結局、「建武の新政」は約2年しか続きませんでした。

天皇の政治が稚拙だったのか、しかし、急激な改革というのは抵抗勢力を生むもの。

明治維新でも、約10年に渡って内乱が続きましたからね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-03 22:03 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25821396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< おんな城主 直虎 第22話「虎... 太平記を歩く。 その62 「澤... >>