太平記を歩く。 その67 「藤之寺(北風家菩提寺)」 神戸市兵庫区

神戸市兵庫区にある、藤之寺にやってきました。

ここは兵庫津の豪商・北風家の菩提寺として知られますが、その北風家の祖先が、『太平記』に関わっていると知り、ここを訪れました。


e0158128_20544044.jpg

伝承によると、建武3年(1336年)2月10・11日の打出合戦に破れた足利尊氏軍が、兵庫津から船で九州に敗走しようとしていたとき、この地に古くから住む豪族・白藤氏の第44代・白藤惟村が、北風を利用して足利軍の船に火をつけ、足利軍に大きなダメージを与えたそうです。

その功により、足利追討軍の新田義貞から軍忠状とその佩刀を賜り、北風にあやかって「喜多風」の姓を受け、さらに、惟村は新田義貞から「貞」の一字を譲り受け、喜多風貞村と名乗るようになったそうです。


e0158128_20544596.jpg

しかし、その新田軍が湊川の戦いで敗走すると、喜多風一族もそれとともに隠遁、その後、なんとか一族の滅亡は逃れたものの、室町時代は目立った活躍はなかったようです。

やがて江戸時代に入り、姓を「北風」と改めると、廻漕業を営むようになり、寛永年間(1624~1648)には、北風彦太郎が越後米、加賀米を西廻り下関を経て瀬戸内海から兵庫に廻漕するルートを開き、莫大な富を築きます。

第63代・北風荘右衛門貞幹のときには、俳人与謝蕪村パトロンとなったり、無名時代の高田屋嘉兵衛を後援したりしたそうです。

また、幕末から明治にかけての当主・北風正造(第66代荘右衛門貞忠)は、表向き幕府の御用達を勤めながら、勤皇の志士側たちに資金と情報を提供し、倒幕を推進しました。

しかし、正造はあまりにも公徳心が強すぎ、明治に入って家業は倒産してしまいます。


e0158128_20544953.jpg

新田軍に与したことから始まり、倒幕軍に与して終わった北風家。

時代は違えど勤皇だったんですね。

その北風家の一族が、ここに眠ります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-09 23:52 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25835984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< おんな城主 直虎 第23話「盗... 太平記を歩く。 その66 「打... >>