太平記を歩く。 その69 「福海寺(足利尊氏開祖)」 神戸市兵庫区

足利尊氏が開祖という神戸市兵庫区の福海寺に来ました。

建武3年(1336年)、京都を脱出して西へと敗走する足利尊氏が、新田義貞の軍勢に追われたとき、この地にあった観音堂の下に身を隠して難を逃れたといわれ、その報恩のため、のちに尊氏がこの寺を建立したと伝えられています。


e0158128_20480731.jpg

先の話になりますが、「湊川の戦い」楠本正成が戦死し、新田義貞が敗走したことにより、足利尊氏は京へ戻り、延元元年/建武3年(1336年)8月に後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)を廃し、持明院統光明天皇(北朝第2代天皇)を擁立します。

しかし、その12月、京を脱出した後醍醐天皇は奈良県の吉野に逃れ、自己が正統の天皇であると主張し、ここに京都の朝廷(北朝)と吉野の朝廷(南朝)が両立することになり、南北朝の動乱がはじまります。


e0158128_20500247.jpg

そんななか、尊氏は延元3年/建武5年(1338年)8月に、光明天皇から征夷大将軍の宣下を賜り、幕府を開きました。

そして、興国5年/康永3年(1344年)、ここ福海寺を創建します。


e0158128_20510308.jpg

入口横の壁にあった「太平記合戦図」です。

先述した福海寺の前身である針ヶ崎観音堂の下に避難する様子が描かれているそうです。


e0158128_20520042.jpg

境内には、尊氏の歌碑があります。


「彼の岸へ 渡す誓いの船出には 我も乗りえん 賽は火の海」


尊氏が兵庫から落のびる心境を詠ったものだとか。


e0158128_20531237.jpg

寺の紋である「二引両」は、足利氏の家紋からきています。

e0158128_20264306.jpg

なお、足利尊氏が兵庫で敗れ九州へ逃げたあと、逃げ遅れた足利軍の軍勢は持っていた軍旗の「二引両」の紋の間を黒く塗って2本線1本線にし、にわか「一引両」(新田家の家紋)にしたという逸話が残されています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-15 00:41 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25847546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その70 「慶... 太平記を歩く。 その68 「宝... >>