太平記を歩く。 その76 「赤松居館跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

少し北に戻って、「その72」で紹介した白旗城跡のある白旗山の西麓にある「赤松居館跡」を訪れました。

国道373号線沿いにある駐車場には、「赤松円心の郷」と書かれた大きな観光用看板があります。


e0158128_21534072.jpg

駐車場内には、赤松則村(円心)を紹介する大きな陶板があります。

とにかく、町全体で円心推しですね。


e0158128_21545436.jpg

居館跡です。


e0158128_21563857.jpg

何もないただの広場です。


e0158128_21572633.jpg

説明板です。


e0158128_21584637.jpg

説明板によると、東西105m、南北約55mのほぼ方半町に削平された台地上の字「御屋敷」にあり、ここが「赤松居館跡」と伝えられているそうです。

史料によると、円心の三男・赤松則祐により建てられ、のちにその子・赤松義則によって修理されているそうです。

また、その子孫で赤松氏を再興した赤松政則も、一時ここに住んでいたとか。


e0158128_22005374.jpg

東側の幼稚園(現在は廃園となり、「赤松の郷昆虫文化館」となっている)の建設前に行われた調査では、土師器皿などの中世の遺物が出土したそうで、ここが赤松氏代々の居館跡と考えて間違いなさそうです。


e0158128_22005648.jpg

居館跡の一角には、なぜか「苔縄城址」と刻まれた石碑があります。

ここは「その73」で紹介した苔縄城跡からは、3km以上離れています。

どういう意味でしょう?


e0158128_22023153.jpg

居館跡から望む白旗城跡です。

この時代の山城というのは居住スペースではなく、臨戦態勢に入ったときに籠るためのであって、平時は麓の居館に住むのが一般的でした。

いつもあんな山の上に居たんじゃ、領民に目を配れないですからね。


さて、次稿では、居館跡のすぐ隣りにある寺社をめぐります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-27 23:57 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25877355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その77 「赤... おんな城主 直虎 第25話「材... >>