太平記を歩く。 その78 「松雲寺」 兵庫県赤穂郡上郡町

前稿で紹介した五社八幡神社のすぐ西隣にある「松雲寺」を訪れました。

ここは、元は白旗城の麓にあった栖雲寺(参照:その72)を継承する寺院として、江戸時代に創建されたと伝わります。


e0158128_21294043.jpg

元の栖雲寺は、赤松則村(円心)の次男・赤松貞範が建立したといわれ、禅宗寺院でしたが、この地に移って松雲寺と名を改めたとき、真言宗に改宗したそうです。


e0158128_21294397.jpg

貞範は『太平記』の中で、勇猛果敢な戦いぶりや情け深く敵と交わり味方に引き入れるなど魅力的な人物として描かれ、白旗城の籠城戦でも大きな戦果をあげたことから、その軍功として丹波春日部荘足利尊氏より与えられ、以後、春日部家として足利将軍家に仕え、播磨守護職の赤松惣領家同格の存在となります。


e0158128_21294696.jpg

ちなみに赤松惣領家は、円心の長男・赤松範資が病死したため、三男の赤松則祐が継ぎました。


e0158128_21345117.jpg

境内には、推定樹齢700年から800年といわれるカヤの大樹が聳えます。

説明板の解説によると、樹高は約24.8m、目通り直径約1.6m、根周り約8.3m、枝の広がりは東西約19m、南北16mあるそうです。


e0158128_21345635.jpg

樹齢700年以上といえば、ここ松雲寺はもちろん、赤松居館が作られる以前からこの地にあったかもしれない木です。

「その74」で紹介した法雲寺ビャクシンの大樹は、円心手植えの木という伝説があります。

あるいは、このカヤの大樹も、円心もしくは貞範、則祐らと関わりがあるのかもしれませんね。


e0158128_21350120.jpg

赤松の集落にそびえるその大樹は、今なお樹勢は衰えていません。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-29 21:10 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25881405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その79 「宝... 太平記を歩く。 その77 「赤... >>