太平記を歩く。 その86 「楠木正成奉納の灯籠(極楽寺)」 大阪市住吉区

大阪市住吉区にある極楽寺に、楠木正成が奉納したと伝わる灯籠があると聞き、足を運びました。

e0158128_22291864.jpg


門の横にある石碑には、「毘沙門天王」と刻まれていたそうですが、表面が削れて「天王」の部分が確認できません。

e0158128_22302328.jpg

その右上には「楠正成」と刻まれていますが、その後は読解できず・・・。

いつの時代に建てられた石碑かはわかりませんが、かなり古いもののようです。


e0158128_22311556.jpg

本堂左に見えるのが、正成が奉納したと伝わる灯籠です。

極楽寺の創建は不明ですが、本尊の毘沙門天は聖徳太子の真作で、ここから南に広がっていた榎津庄(奈良~平安期に見られる郷)にあった寺のものと伝えられています。


e0158128_22323706.jpg

正成の父が子供を授からないのを悲しみ、この毘沙門天王に50日の願をかけたところ、妻が身ごもり誕生したのが、のちの正成だったとの伝承があります。

この話を父母から聞かされていた正成は、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の住吉行幸に同行した折にここに立ち寄り、報恩のため石灯篭を寄進したと伝えられます。


e0158128_22332507.jpg

灯篭には「建武三年三月楠木正成建」の銘があるとのことですが、表面の風化が甚だしく、その銘を確認することはできません。


e0158128_22353353.jpg

でも、建武3年(1336年)3月といえば、打出合戦足利尊氏を撃退してから1ヶ月後のことで、後醍醐天皇の住吉行幸のときではないんじゃないかと。

まあ、伝承なんて、そんなもんでしょうけどね。


e0158128_22353902.jpg

境内には、「正成手植えの楠」と伝わる巨樹がそびえます。

確かに大樹ではありますが、樹齢700年近いとは思えないような・・・。


e0158128_22354372.jpg

伝承が本当なら、正成はこの灯籠を奉納した2ヶ月後、湊川の戦いで討ち死にすることになります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-14 01:39 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25913000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その87 「櫻... 太平記を歩く。 その85 「瓦... >>