太平記を歩く。 その88 「南宮宇佐八幡神社」 神戸市中央区

神戸市中央区脇浜にある、南宮宇佐八幡神社を訪れました。

ここは、湊川の戦いに出陣途中の楠木正成が、この付近に馬を留めて武運を祈願したといわれ、のちに村人が八幡社をこの地の建てたと伝わる神社です。


e0158128_19110928.jpg

現地説明板の文をそのまま引用します。


創建は古書によると、「建武3年(1336年)楠木正成、足利尊氏追討の命を奉じ、兵庫に出陣の途次、当脇浜に同志を集め休息せし時遥に八幡宮を拝して湊川に下向し、勝利をおさめた。依って村民等其の跡地南宮川畔に八幡神社を勧請し、脇浜村の鎮守として尊崇怠りなし」と伝えられてる。


ん?・・・なんかおかしくないですか?

「勝利をおさめた」って、勝ってないし!


e0158128_19135416.jpg

言うまでもありませんが、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に行われた湊川の戦いにおいて勝利したのは足利尊氏軍で、楠木正成軍は敗走の上自刃して果てます。

正成が勝利をおさめたのは、同じ年の2月10・11日に起きた打出合戦ですが、この戦いは、ここより20km近く東の芦屋市で行われた戦いですから、進軍の途中にこの地を訪れるというのは無理があるでしょう。
古老による言い伝えということですが、伝承なんて、あてにならないものですね。


e0158128_19135745.jpg

なお、「南宮」は「楠」の「きへん」を後世おとしてしまったものであるといわれているそうです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-19 22:14 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25925126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その89 「松... おんな城主 直虎 第28話「死... >>