太平記を歩く。 その89 「松尾稲荷神社」 神戸市兵庫区

神戸市兵庫区にある松尾稲荷神社という小さな神社も、『太平記』にかかわりがあると聞いて訪れました。


e0158128_19211409.jpg

現在は「松福さん」とよばれるアメリカ渡来の福神ビリケンが社殿の中の奥に祀られていることで知られています。


e0158128_19244061.jpg

その社伝によると、かつては湊川の堤防上に鎮座していたといい、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に足利尊氏軍と激突した「湊川の戦い」に臨む楠木正成が、堤防上に聳える松の大樹を目印に一族郎党の集合を命じ、一同が身につけていた神仏の護符が血に汚れるのをはばかって、その松の木の根元に祀られていた稲荷の祠に納めたといいます。


e0158128_19244475.jpg

つまり、楠木正成軍決起の地というわけですね。

その松の木は、およそ100年前の大正3年(1914年)まで残っていたそうですが、社殿の造営に伴い伐採されたそうです。


e0158128_19244769.jpg

その後、正成ゆかりの松というわけで、これに因んで「松尾稲荷」という社号になったそうです。


e0158128_19245121.jpg

戦前ごろまでは、当時、神戸の繁華街の中心地だった新開地の近くにあることもあって、多くの商売人や劇場の役者、福原の遊郭で働く芸妓たちが参拝して栄えたそうですが、いまは、住宅街の中に隠れるように鎮座しています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-07-20 20:31 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25927111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その90 「楠... 太平記を歩く。 その88 「南... >>