太平記を歩く。 その91 「湊川公園」 神戸市兵庫区

前稿「楠木正成本陣跡」から直線距離にして約1km弱東にある湊川公園です。

この辺りは、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」で、楠木正成軍と足利尊氏の弟・足利直義を司令官とする陸軍が激突した場所です。


e0158128_19060960.jpg

公園内には、巨大な楠木正成の騎馬像が建てられています。

600回目の正成の命日に当たる昭和10年(1935年)5月25日、神戸新聞社の音頭で、楠正成公600年祭に市民の浄財で建設されたそうです。


e0158128_19104409.jpg
e0158128_19090089.jpg



精悍な顔をしています。


e0158128_12035864.jpg
e0158128_12010761.jpg

説明板です。


e0158128_12012043.jpg

こちらは、『大楠公六百年祭齋行之碑』です。


e0158128_12012555.jpg

公園の片隅には、『旧湊川址』と刻まれた石碑があります。

現在、湊川はここから2kmほど西に「新湊川」と呼び名を変えて流れていますが、当時の湊川は、今の新開地本通りを流れていました。


e0158128_12063772.jpg

『太平記』巻16「正成兄弟討死事」によれば、楠木軍約700に対して、足利軍50万

まあ、これはかなり盛った数字かと思われますが、兵力に大差があったのは事実でしょう。

数の上では圧倒的に不利な楠木軍もよく奮戦し、一時は大将の捕まえんとするところまでいったといいますが、結局は多勢に無勢、約6時間の奮戦のすえ、正成は弟の楠木正季とともに自刃して果てます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-07-22 21:24 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25931439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< おんな城主 直虎 第29話「女... 太平記を歩く。 その90 「楠... >>