太平記を歩く。 その93 「楠木正成戦歿地」 神戸市中央区

前稿で紹介した湊川神社の本殿の裏に、何やら特別な場所といった感じの一角があります。

近寄ってみると、「楠木正成公戦歿地」と刻まれています。


e0158128_20232418.jpg

延元元年/建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」で、足利尊氏の弟・足利直義軍と戦った楠木正成は、激戦の末、弟の楠木正季と共に自刃して果てますが、ここがその場所だったということでしょう。


e0158128_20253916.jpg

「戦歿地」玉垣に囲われていて、門が閉ざされています。

中を参拝するには社務所への申し出が必要です。

なんとも厳かな雰囲気で、まるで天皇陵のよう。


e0158128_20321010.jpg

説明看板によると、正成はこの地で、一族郎党60余人と共に自刃したとあります(『太平記』では73人全員が自刃したと記されている)。


e0158128_20322285.jpg


『太平記』によると、楠木軍は総勢700余りで、足利尊氏・足利直義両軍に囲まれてからは、前方の直義軍に向かうのが精一杯で、三刻(6時間)ほどの間に16回もの激戦がくりひろげられ、「その勢次第々々に滅びて、後わずかに七十三騎にぞ成たりける」と、楠木方はとうとう73人になってしまったと記されています。

もはやこれまでと観念した正成は、部下を布引方面に逃した後、湊川北の民家に入って小屋に火をかけて自刃したと伝えられます。


e0158128_20323811.jpg

伝承によれば、まず部下たちが念仏を十回唱えて一度に腹を切り、その後、正成、正季兄弟が刺し違えて果てたといいます。

『太平記』によれば、死の間際、「人間は最後の一念で善悪の生を引くが、九界のうちどこに生まれたいか?」という兄・正成の問に対し、弟・正季が「七度生まれ変わっても朝敵を倒したい」と答えたというくだりは有名ですね。


e0158128_20324227.jpg

以下、『太平記』巻16「正成兄弟討死事」原文。


正成座上に居つゝ、舎弟の正季に向て、「抑最期の一念に依て、善悪の生を引といへり。九界の間に何か御辺の願なる。」と問ければ、正季から/\と打笑て、「七生まで只同じ人間に生れて、朝敵を滅さばやとこそ存候へ。」と申ければ、正成よに嬉しげなる気色にて、「罪業深き悪念なれ共我も加様に思ふ也。いざゝらば同く生を替て此本懐を達せん。」と契て、兄弟共に差違て、同枕に臥にけり。


e0158128_20324607.jpg

この「七生滅賊」の逸話に、後代に「報国」の意味が加わって「七生報国」となり、先の戦時中のスローガンとなりました。

正成、正季兄弟が本当にこのような会話を交わしたかどうかはわかりませんが、600年後、まさか自分たちの言葉が、国民を死地に送り込むための呪文になろうとは、夢にも思わなかったことでしょう。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-27 00:22 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25940611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その94 「楠... 太平記を歩く。 その92 「湊... >>