太平記を歩く。 その94 「楠木正成墓所(湊川神社内)」 神戸市中央区

前稿前々稿で紹介した湊川神社の境内には楠木正成の墓所があります。


e0158128_20421587.jpg

墓所の入口門です。


e0158128_20484097.jpg

墓所です。


e0158128_20522169.jpg

この正成の墓は、正成の死から350年以上経った元禄5年(1692年)に、水戸黄門の呼び名で知られる徳川光圀によって建てられたものです。


e0158128_20522623.jpg

墓碑に刻まれた「嗚呼忠臣楠子之墓」の文字は、光圀公の揮毫だそうです。

裏面にはの遺臣・朱舜水の作った賛文が刻まれているそうです。

この墓碑建立の実務を担当したのは、あの「助さん」でお馴染みの佐々宗淳だったとか。


e0158128_20501631.jpg

この墓碑の建立によって、正成の名声は大いに宣揚され、180年後の幕末勤王思想の力強い精神的指導力となりました。

西郷隆盛坂本龍馬木戸孝允など幕末の名だたる志士たちのほとんどが、この墓前を訪れ、至誠を誓ったといいます。

そのとき志士たちが詠んだといわれる歌の一端を紹介すると、


「七たびも生き返りつつ夷(えびす)をぞ攘(はらわん)こころ我忘れめや」 吉田松陰

「湊川にてみなと川身を捨ててこそ橘の香しき名は世に流れけん」 久坂玄瑞

「桜井のその別れ路もかかりけむいまのわが身に思ひくらべて」 入江九一

「日頃ながさん私の涙、何故に流るるみなと川」 吉田稔麿

「月と日の昔を偲ぶ湊川流れて清き菊のした水」 坂本龍馬


e0158128_20555826.jpg

上の写真は裏面の賛文の写しです。

幕末、あの吉田松陰はこの拓本を松下村塾に掲げて志士の教育にあたったといいます。


e0158128_21022122.jpg

墓所の側には、光圀公の像があります。

何となく東野英治郎さんに似てるように思うのですが、気のせいでしょうか(笑)?

そうそう、今秋はじまる新しい『水戸黄門』では、武田鉄矢さんが黄門様を演じるそうですね。

武田鉄矢さんといえば、大河ドラマ『太平記』における楠木正成。

こんなところにも繋がりがあろうとは。


e0158128_21023488.jpg


この水戸光圀が作り始めた『大日本史』が、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)や楠木正成を正統化し、正義と認定したせいで、それに反逆した足利尊氏逆賊となりました。

その思想が、幕末の足利三代木像梟首事件を生むわけです。

現代ではその歴史観は見直されつつありますが、それでも、今なお天皇家の正統は南朝とされたままであったり、少なからずその名残は残っているといえます(ちなみに、現在の天皇家につながる血筋は北朝のものです)。


e0158128_21023807.jpg

銅像の横に立つ頌徳碑の文は、徳富蘇峰の文によるものだそうです。

e0158128_21063680.jpg

光圀が墓碑を建てる以前からも、正成の墓所と伝わる塚はあったようで、そこに、同所(坂本村)を領していた尼崎藩主・青山幸利が塚に松梅を植え石塔を安置して墓標としたと伝わり、その後、光圀が墓碑を建てたあとも、尼崎藩主は代々、灯籠を寄進しており、常夜灯の油料も藩が下付していたそうです。


e0158128_21075961.jpg


それが、写真の石灯籠です。


e0158128_21113627.jpg


こちらは尼崎藩桜井松平家5代・松平忠名の寄進。


e0158128_21123200.jpg


こちらは7代・松平忠寶


e0158128_21133772.jpg


こちらは8代・松平忠誨


e0158128_21134215.jpg


こちらは10代にして尼崎藩最後の藩主・松平忠興の寄進です。


e0158128_21145685.jpg


傷まずにすべてきれいに残っているあたり、ちゃんと手入れを怠らずに管理してきたことがわかります。


e0158128_21163305.jpg


『太平記』巻16「正成兄弟討死事」は、最後にこう結びます。


智仁勇の三徳を兼て、死を善道に守るは、古へより今に至る迄、正成程の者は未無りつるに、兄弟共に自害しけるこそ、聖主再び国を失て、逆臣横に威を振ふべき、其前表のしるしなれ。

(「智・仁・勇」の三つの徳を持ち合わせた人間が、死をもって人としての道義を守った例は、いにしえから今に至るまで、正成ほどの者はいない。そんな正成兄弟が共に自害を遂げたことは、今の後醍醐天皇が結果として国を追われ、逆臣が横暴な権威を振りかざすこととなる、その前触れだったのだろう。)


正成が稀代の英雄とされたのは、『大日本史』以前からだったようですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-07-28 00:21 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25942668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その95 「廣... 太平記を歩く。 その93 「楠... >>