太平記を歩く。 その105 「楠木正季・和田和泉守重次の墓(寶國寺)」 大阪府和泉市

大阪府和泉市にある寶國寺にやってきました。

ここに、延元元年/建武3年(1336年)5月25日の湊川の戦いで、兄・楠木正成と刺し違えて自決した弟・楠木正季の墓があります。


e0158128_17042859.jpg

自決後、兄・正成の首級は京都六条河原で晒された後、足利尊氏の命で河内国の観心寺に届けられ、首塚として祀られたと伝えられますが(参照:その101)、正成に殉じた者たちがどうなったかは伝わっていません。

普通に考えれば、兄と一緒に弟の首も京都六条河原に晒され、その後、楠木家の菩提寺である観心寺に送られたと考えるのが自然だと思うのですが、観心寺に正成の首塚しかないことを思えば、正季の首は、違うルートで葬られたことになるのでしょうか?

でも、じゃあ、なぜ和泉国の寶國寺なのか、はっきりした理由はわからないようです。


e0158128_17054091.jpg

手前の細長い墓碑と、その向こうの低い自然石の墓石と、どちらが正季の墓石かわかりません。


e0158128_17085523.jpg

細長い墓石の裏を見ると、「楠木正成弟和田二郎正季 嫡子和田和泉守重次 墓碑」と刻まれています。

和田二郎とは、正季の改名。

和田和泉守重次という人物がわからないのですが、「嫡子」とありますから、正季の息子ということでしょうか?


e0158128_17093234.jpg

自然石の墓石の台座には、「和田墓」と刻まれています。


e0158128_17104006.jpg

『太平記』によれば、死の間際、「人間は最後の一念で善悪の生を引くが、九界のうちどこに生まれたいか?」という兄・正成の問に対し、弟・正季が「七生までただ同じ人間に生れて、朝敵を滅さばやとこそ存候へ」と答えたというくだりは有名ですね。

吉川英治の小説『私本太平記』でも、兄より忠誠心の熱い男に描かれています。

兄の首塚はたくさんありますが、弟は、こんなところにひっそりと眠っていたんですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-08-16 23:23 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/25985505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その106 「... おんな城主 直虎 第32話「復... >>