太平記を歩く。 その169 「楠木正行首塚・足利義詮の墓(寶篋院)」 京都市右京区

「その166」「その168」楠木正行の墓を紹介しましたが、京都の嵯峨にある寶篋院にも、正行の首塚と伝わる石塔があります。


e0158128_19501175.jpg

正門の前には「小楠公菩提寺寶篋院」と刻まれた石碑があります。


e0158128_19515791.jpg

正門をくぐると、楓の木のトンネルが迎えてくれます。

紅葉の季節に来ればさぞ美しかったでしょうが、ここを訪れたのは10月2日、紅葉はまだ1か月以上先です。


e0158128_19531222.jpg

境内のいちばん奥に首塚はあります。

その入り口には、「小楠公首塚之門標」と刻まれた石柱があります。


e0158128_19551010.jpg

そして、これがその首塚。

立派な玉垣で囲われていますが、よく見ると、中には石塔が2つあり、石扉にも2種の紋章が・・・。


e0158128_19555999.jpg

なっなんと、足利家の二つ引両紋楠木家の菊水紋が並んでいます。

敵同士であるはずの両家の紋章がなぜ????


e0158128_19574944.jpg

ここ寶篋院中興の祖である黙庵周諭禅師が、楠木正行の生前に相識り、正行から後事を託されていたそうで、正行が正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」に敗れて自刃すると、黙庵はその首級を生前の交誼により、ここ寶篋院の前身である善入寺に葬ったそうです。

その後、黙庵から正行の話を聞いた室町幕府2代将軍・足利義詮は、正行の人柄を褒めたたえ、自分もその傍らに葬るように頼んだといいます。

義詮が死没したのは正平22年/貞治6年(1367年)と伝えられますから、まだ、南北朝は分裂したままの時代。

そんな時代に、ここでは南朝・北朝の隔たりを超えた空間があったんですね。

これって、当時はスゴイことだったんじゃないかと。


e0158128_19591220.jpg

右が正行の首塚で、左が義詮の墓石。

義詮の方がずいぶん立派ですが、まあ、将軍ですからね。

これぐらいの差はあって当然なんじゃないかと。


e0158128_20003622.jpg

本堂です。


e0158128_20030231.jpg
e0158128_20030656.jpg

本堂の中には、正行の木像が安置されていました。


e0158128_20043226.jpg

こちらの絵は、「黙庵禅師と楠木正行」だそうです。


e0158128_20031128.jpg

こちらは、「四条畷合戦の図」


e0158128_20064791.jpg

義詮が没すると善入寺はその菩提寺となり、8代将軍足利義政の代になって、義詮の院号に因んで寶篋院と改められたそうです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-12-16 02:04 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : http://signboard.exblog.jp/tb/26262759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2017-12-20 18:10
タイトル : 備忘録的感慨その3 足利時代の足利家を知る織姫神社
ずっと気になっていましたが、寸暇を惜しんで以前の続きです。足利館跡と言われる鑁阿寺でしたが、確かに、往時を偲ばせる土塁や堀はありましたが、私には何だか、後世になってからの物であるような観がありましたし、それ以前に私にはここが足利館跡・・・ということにどうにも違和感がありました。で、その結果、気がついたのが背後にある山(↑)・・・。私としたことが迂闊でした。織田信長の岐阜城にしても武田信玄の躑躅ヶ崎にしても、普段は麓の館で暮らし、有事の際に背後の峻厳な山を利用する・・・という造りになっていたのを思い出...... more
Commented by heitaroh at 2017-12-20 18:52
ちょっと見なかったら、また、ページが進んでいる。やってもやっても終わらない宿題みたいな(笑)。
せっかくなので、以前行った関東の足利家のことをTBしておきました。
TB超久しぶりだったので、やりかた忘れてました(笑)。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-12-23 00:46
> heitarohさん

宿題、まだまだ続きます(笑)。
TBありがとうございます。
時間があるときに、ゆっくり観させてもらいます。
先週と今週は連日忘年会でバテバテなもので(辛)。

<< 太平記を歩く。 その170 「... 太平記を歩く。 その168 「... >>