2017年 03月 29日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その32 「五鬼城展望公園」 神戸市灘区

摩耶山の麓にある、「五鬼城展望公園」を訪れました。

かつてここは摩耶山城のひとつだったと考えられています。

摩耶山の登山口に位置し、「摩耶山合戦」に関わっていないはずはないと思い、シリーズに加えました。


e0158128_21314153.jpg

「五鬼城展望公園」へのルートは、摩耶山登山道と同じです。


e0158128_21331634.jpg

五鬼城の名称の由来は、昔この地を支配していた豪族・五鬼氏からきたものだそうです。

以下、説明板より引用。


五鬼城之由来


昔この地に五鬼氏と云う豪族が住んでいた。祖頃この辺りは昼尚鬱蒼たる大森林に覆われていた。この自然の要塞を砦として外敵のしばしばの襲来にも一度として敗れた事なく、従って一族は益々隆盛を極めて繁栄したものである。当時この付近に住む土着民達の暮しは大変貧しく「病気貧乏ふしあわせ」等で苦しむ人々が多く実に憐れな生活であった、此の姿を見た五鬼氏は五情の戒めを説いて幸せの道として多くの人々の救済に尽くされた。この素晴らしい威徳を讃えて永くこの地の守護神とされたが、今日では僅かに五鬼城の名称のみ残されているにすぎない。


五鬼城講


調べてみましたが、五鬼氏という豪族がいつの時代にいたのか、よくわかりません。

そもそも、この伝承が事実かどうかも定かではありません。


e0158128_21355885.jpg

南北朝時代から戦国時代にかけて、志摩国の海を支配した水軍で有名な九鬼氏がいますよね。

「九鬼氏」「五鬼氏」・・・なんか関連があるのかな?

ここ摩耶山周辺も海に近い海運の要地

あるいは、五鬼氏も兵庫津を支配する水軍だったのでは・・・なんて、これ、すべて私の想像で、根拠はありません。


e0158128_21374349.jpg

公園は標高270m付近にあり、神戸市東部から大阪湾にかけて一望できる展望台になっています。


e0158128_21393793.jpg

西南の三宮方面の眺望です。


e0158128_21394049.jpg

ビルの間に港神戸の象徴ポートタワーが埋もれています。

わたしが子どもの頃は、ポートタワーが神戸でいちばん高かったんですけどね。


e0158128_21422584.jpg

真南の眺望です。

遥か彼方に見えるのは、大阪泉南から和歌山にかけてです。


e0158128_21444814.jpg

そして西側の眺望、大阪湾が一望でき、その彼方に見える山は、右から「その14」「その15」「その16」「その17」で紹介した金剛山、その左が葛城山、そして「その27」で紹介した二上山です


e0158128_21471568.jpg

拡大です。


e0158128_21501571.jpg

ちなみに写真左端に見えるのが、「その30」で紹介した神戸大学キャンパス、その少し右に見える森が、「その31」で紹介した六甲八幡神社です。

e0158128_21501825.jpg

神戸大学にズームイン。

e0158128_21502133.jpg

六甲八幡神社にズームイン

こうして見ると、戦場となった位置関係がわかりますね。

赤松則村(円心)・則祐親子はこの地に立って一王山十善寺の配下と連携を取りつつ、八幡の森に陣を布いていた六波羅軍を撃破したわけです。

たしかに、この位置関係を見れば、赤松軍の圧勝の理由がわかるような気がしますね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-03-29 18:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(2)