2017年 04月 21日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その43 「道誉桜(清瀧寺徳源院)」 滋賀県米原市

滋賀県米原市の清瀧寺徳源院に、佐々木道誉(高氏)が愛したと伝わる、通称「道誉桜」があると聞き、遠路訪れました。

道誉の時代、このあたりは佐々木京極氏の居城・柏原城があったとされています。


e0158128_19560744.jpg

清瀧寺徳源院の正門です。

「史蹟 清瀧寺京極家墓所」と刻まれた石碑があることでわかるように、ここは京極家の菩提寺です。


e0158128_20002029.jpg

そして、これがその「道誉桜」。


e0158128_20003463.jpg
e0158128_20051032.jpg

現在の「道誉桜」は二代目だそうです。

それでも、樹齢約350年と伝わり、幹周は2.3m、樹高は約15mあります。


e0158128_20004097.jpg

わたしの妻と娘を比較の対照にしてもらえば、そのスケールが伝わるでしょうか?


e0158128_20060887.jpg

エゾヒガンザクラの一種で糸ざくらとも呼ばれるそうです。


e0158128_20061280.jpg
e0158128_20061506.jpg

わたしたちのよく知るソメイヨシノに比べると、小さな花びらが特徴です。

ちなみに、ソメイヨシノはエドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた桜で、単一の樹を始源とするクローンだそうです。

ソメイヨシノが日本全国に植えられ始めたのは明治中期だそうで、したがって、「道誉桜」のように全国にある樹齢数百年といわれる桜の大樹は、すべてソメイヨシノではありません。


e0158128_20081329.jpg

境内にある県指定の重要文化財の三重塔前には、三代目の道誉桜も植えられています。


e0158128_20103878.jpg

三代目は昭和52年(1977年)に植えられたそうで、まだ樹齢40年の若者です。


e0158128_20104143.jpg
e0158128_20104466.jpg

塔は、寛文12年(1672年)に讃岐国丸亀藩主京極高豊が建てたものだそうです。


e0158128_20123853.jpg

二代目と三代目をワンフレームに。

手前が三代目、奥が二代目です。


e0158128_20124202.jpg

本堂位牌堂です。

ここを訪れたのは先週の4月15日の土曜日で、実はこの日、天気予報がはずれて午前中はで、仕方なく雨の中の桜を撮影して別の場所に移動中、にわかに天気が好転して晴れてきたので、午後からの予定を変更して、もう一回ここに戻ってきて撮影しました。

戻ってきて良かった。


e0158128_20144390.jpg

最後に、お堂裏の庭園の写真です。

道誉の時代からずいぶん時代が下った江戸時代のものですが、県指定の名勝で、秋には紅葉が美しいそうです。


e0158128_20144723.jpg

庭園の端に見える白塀の向こうは京極家の墓所があります。

次稿では、その墓を紹介します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-04-21 07:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)