2017年 05月 09日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その48 「船上山行宮跡(前編)」 鳥取県東伯郡琴浦町

島根県の東伯郡琴浦町にある標高687mの船上山までやってきました。

ここは、配流先の隠岐の島から脱出した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が、挙兵したとして知られています。


e0158128_17341242.jpg

大塔宮護良親王楠木正成、さらには播磨国の赤松則村(円心)らが各地で倒幕の兵を上げると、その機に乗じて後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は伯耆国名和にて海運業を営んでいたとされる名和氏を頼って名和の湊にたどり着きます。

『太平記』巻7「先帝船上臨幸事」によると、当初は出雲国を目指していたものの、風に流されて名和の湊についたとしています。

これを助けた名和一族の当主・名和長年は、天皇を奉じて元弘3年/正慶2年(1333年)閏2月28日に、ここ船上山にて挙兵します。


e0158128_17353639.jpg

船上山は、「屏風岩」と呼ばれる比高100m以上の断崖絶壁が数kmに渡って続く山として知られています。

これ、一度見たかったんですよね。


e0158128_17373962.jpg

船上山は大山山系のひとつで、その南方に連なる勝田ヶ山(1,149m)、甲ヶ山(1,338m)、矢筈ヶ山(1,358m)などと連なり、古期大山(約100万年前)の外輪山といわれています。

古期大山の火山活動によって噴出した溶岩流が、長い間の浸食によって削られ、特異な山容を形成したと考えられているそうです。


e0158128_17385718.jpg

この山容が船底の形に似ていることから、「船上山」と名付けられのだとか。

ここは後醍醐天皇の挙兵の地となったことから、船上山城ともいわれますが、まさに、天然の要塞ですね。


e0158128_17395590.jpg

逆光でわかりにくいですが、頂上の台地から勢いよく流れ落ちる雄滝雌滝があり、この2つの滝を千丈滝といいます。


e0158128_17424516.jpg

屏風岩と愛車のプリウスαです(笑)。


e0158128_17435521.jpg

ここから屏風岩にズームしてみると、なっ、ななななんと!!!

天然の要塞を果敢に攻めるロッククライマーが!!!

崖の中腹にブルーの服を着たチャレンジャーがいて、崖の下でそれを見守る人が3人ほどいるのがわかるでしょうか?

よーやるわ!


e0158128_17451414.jpg

さて、標高400mほどの場所にある駐車場に車を停めて、ここから登山です。


e0158128_17471898.jpg
e0158128_17474402.jpg

登山口にある説明板と案内板です。


e0158128_17484587.jpg

ここを訪れたのはゴールデンウィーク初日の4月29日。

いい登山日和の天気です。


e0158128_17500791.jpg

登り始めて10分ほどすると、「駕籠立て場」という立て札が立つ場所を通ります。


e0158128_17501049.jpg

その説明によると、後醍醐天皇がこの地を発って京に向かわれる途中、この地に駕籠を立てて休憩されたのだとか。


e0158128_17514721.jpg

駕籠立て場から2~3分登ったところに、山頂へ向かう登山道と横手道に別れる分岐点につきます。

横手道を行くと、先程ロッククライマーがチャレンジしていた屏風岩の下に行くことができるようです。

試しに行ってみることに。


e0158128_17531278.jpg

進み始めてすぐに後悔。

急斜面にある細い山道は、高いところが得意でないわたしにはハードでした。


e0158128_17531558.jpg

足元を見下ろすと足が竦みます。


e0158128_18011303.jpg

なんとか屏風岩の最北端に這うようにたどり着き、下から撮影。


e0158128_18024082.jpg

振り向いた東の眺望です。


e0158128_18024335.jpg

行きはよいよい帰りは恐い。

登りは上を見て進んでいたのでまだ良かったのですが、帰りは否が応でも足元を見ながら進まなければならないため、足がガクガクでした。

まるで、崖の斜面に設置された平均台の上を歩いているかの如くで・・・。


e0158128_18042136.jpg

さて、気を取り直して山頂を見ざします。


e0158128_18042473.jpg

登り始めて約30分、山頂の尾根道にたどり着きました。


e0158128_18074646.jpg

丘の上に石碑が見えます。


e0158128_18073513.jpg

「船上山行宮之碑」と刻まれています。


e0158128_18084011.jpg

石碑裏面の碑文。

「大正十三年六月」とあります。


e0158128_18093773.jpg

石碑の横にある立て札。

標高616.5mとあります。


e0158128_18121831.jpg

その横に倒れていた石にも、何か文字が刻まれていました。

これも、かつて石碑だったのでしょうか?


e0158128_18115960.jpg

帰宅してネットで調べていると、この碑の立つ丘から少し下ったところに、「千丈のぞき」と呼ばれる屏風岩を上から見下ろせるスポットがあったことを知りました。(※参照)

この日、まったくその存在に気づかずに痛恨・・・と言いたいところですが、横手道でへっぴり腰になっていたわたしですから、たぶん、千丈のぞきは無理だったに違いないと思い、納得です。


e0158128_18120389.jpg

この日は4月29日ですが、山頂にはまだ山桜が残っていました。


e0158128_18131258.jpg

で、丘の下にある案内板です。

「後醍醐天皇行宮跡」とあります。

えっ?・・・ここが行宮跡じゃないの?

・・・てな訳で案内板に従って進んでみることにしますが、かなり長くなっちゃったので、続きは次稿にて。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-05-09 23:59 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)