2017年 06月 08日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その66 「打出合戦、大楠公戦跡の碑」 兵庫県芦屋市

建武3年(1336年)2月10・11日に起きた、打出合戦の地を訪れました。

現在、その跡地である兵庫県芦屋市楠木町には、「大楠公戦跡」と刻まれた巨大な石碑があります。


e0158128_20354232.jpg

「建武の新政」に不満を募らせた武士たちの期待に呼応するかたちで、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)に反旗を翻した足利尊氏は、建武2年(1335年)12月11日、攻め寄せた新田義貞軍を箱根竹ノ下で撃破すると、その勢いで、翌年1月に京都へ乱入しますが、それに対し、後醍醐天皇は奥州から北畠顕家を呼び戻し、足利軍と激突させます。

ここで北畠・新田ら朝廷軍に押された足利軍は、1月30日に京を脱出し、丹波路を通り三草越えの道をとって、2月3日には兵庫の魚ノ御堂に陣を布きます。

ここで足利軍は、周防国の大内氏に援軍を得ることができ、再び京奪還を目指して東へ軍を進めました。

その途上、追撃してきた新田義貞・楠木正成軍と、この地で激しい戦闘となります。

これが打出合戦です。


e0158128_20373355.jpg

結局、尊氏はこの合戦に敗れ、12日に全軍をあげて兵庫から船で海路九州へと敗走

このときの様子を『太平記』では、「とるものもとりあへず、乗りおくれじとあはて騒ぐ。舟はわずかに三百余艘なり。乗らんとする人は二十萬騎に余れり」と伝えています。

かなり混乱していたようですね。


e0158128_20465952.jpg

このあたりの住所は、「芦屋市楠木町」といいます。

言うまでもなく、その由来は楠公さんから来たのでしょう。


e0158128_20470499.jpg

国道2号線を挟んで北側が楠木町、南側が打出町です。

さらにその南側は、現在は阪神高速道路が走っていますが、当時はでした。

平成7年(1975年)1月17日の阪神・淡路大震災のとき、高速道路が横倒しになって、バスが半分落下しかけていた映像を覚えている方も多いかと思いますが、ちょうどあのあたりです。


e0158128_20411109.jpg

また、同じく『太平記』における終盤のクライマックスといえる「観応の擾乱」のなかで、足利直義と足利尊氏・高師直の兄弟間で戦った「打出浜の戦い」も、このあたりが舞台でした。


e0158128_20411651.jpg

ちなみに、この「打出」は、「打出の小槌」の伝承の舞台でもあります。

歴史に深く関わる摂津国打出浜は、現在も芦屋市打出という住所で往時を偲ばせてくれます。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-06-08 22:22 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)