2017年 06月 26日 ( 1 )

 

おんな城主 直虎 第25話「材木を抱いて飛べ」 ~経済封鎖政策・塩留~

 「敵に塩を送る」

 という上杉謙信の有名な美談が生まれた「塩留」に絡めた話でしたね。甲相駿三国同盟が瓦解すると、武田信玄幽閉していた長男・武田義信廃嫡し、その妻で今川氏真の妹・嶺松院とも強制的に離縁させ、駿河へ送り返します。そして、四男の武田勝頼の正室に織田信長の娘を迎えました。これは、今川氏との同盟関係を断ち切り、今川氏の仇敵である織田氏と手を結ぶという意思表示でした。


 これに怒った今川氏真は、相模の北条氏康と相談し、武田領である甲斐に塩を売らないよう商人たちに命令します。山国で海を持たない甲斐では、自国で塩を精製することはできず、駿河湾からの輸入に頼っていました。言うまでもなく塩は人が生きていくうえで不可欠なもので、塩を絶たれた武田氏は、たちまち困窮して降伏せざるを得なくなるだろう・・・というのが、今川氏、北条氏の狙いです。


 この経済封鎖政策のことを「荷留」と言い、戦国時代から明治初頭にかけてしばしば行われていました。今川氏の場合は塩でしたが、の輸出を止める場合や、港で船の荷揚げ荷下ろしを制限する「津留」という政策などもあったようです。江戸時代以降のそれは、飢饉時などによる自領内の食料を確保する目的で行われるものでしたが、戦国時代の場合、今川氏の塩留のように敵国に対する経済制裁の目的が多かったようです。このやり方を「卑怯」だと批判した上杉謙信が、敵国である武田領に塩を送ったという逸話が、後世に「敵に塩を送る」という故事を伝えることになるんですね。もっとも、この話は、現在では史実ではないと言われていますが。


 経済制裁は現代でも行われており、国連主導のものや個別国家によるものなど、世界中で複数の制裁政策が現在進行形です。わが国の身近なものとしては、北朝鮮への国連安保理決議のものや、日本が独自に行う特定船舶入港禁止法などの制裁政策も行われていますね。しかし、北朝鮮はいっこうにダメージを受けていないようにも見えます。また、わが国が受けた経済制裁としては、太平洋戦争開戦に至るまでのアメリカによる石油などの禁輸在米資産凍結などの対日措置が知られていますね。その結果、何が起こったか・・・。経済制裁を受けて追い詰められた国が、猛省して態度を改めることはまずなく、暴挙にでることがほとんどです。その結果、苦しむのは民なんですね。その意味では、経済制裁も結局は武力制裁と変わらない非人道的な行為といえるでしょうか。それを450年も前に見通していた上杉謙信はスゴイ!!・・・って、史実じゃないんですけどね。


 で、ドラマに戻って、「荷留」による経済封鎖政策を打ち出した今川氏ですが、そうなれば、武田氏も困りますが、それを生業にしていた商人たちも商売上がったりになるわけで、そうすると、瀬戸方久らのように塩の密輸入を始める輩も当然出てきていたでしょう。そんな時勢の中で、井伊領で伐採した材木の商い先である成川屋が、三河の徳川に材木を流していることが発覚。またもや、井伊は今川より謀反の嫌疑をかけられるはめに・・・。もちろん、これも史実ではありませんが、時勢に絡めた面白い設定だったんじゃないでしょうか?材木の話を何話も引っ張ってきたのは、今話を描くためだったんですね。なるほど納得。


 井伊直虎成長ぶりもいいですね。これまでのような熱意だけの拙い施策とは違い、第二、第三の対応策を練り、毒薬を飲んで時を稼ぐ荒業など、強かさを身につけています。また、直虎と小野但馬守政次が、それぞれ別の場所で碁盤に向かいながら意志を通じ合わせる場面も秀逸でした。そしてその政次に寄り添うなつが切ない・・・。


今川氏真への申し開きも、以前、寿桂尼に申し開きしたときは村人からの嘆願書に救われ、今回は龍雲丸たちが取り戻した材木が持ち込まれて救われるという、一見、ワンパターンの結末にも見えますが、その申し開きの口上は以前のものより明らかにスキルアップしています。おんな城主直虎、覚醒ですね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-06-26 17:12 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)