2017年 07月 04日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その80 「高田城跡」 兵庫県赤穂郡上郡町

「その72」で紹介した白旗城から直線距離にして南へ約5km駒山城から東へ約5km苔縄城から南東に6kmほどのところに、高田城跡があります。

写真中央にそびえる標高359mの山頂が、高田城だったとされています。


e0158128_22085965.jpg

時系列から少し逆戻りしますが、ここは元弘3年(1333年)に苔縄城にて赤松則村(円心)幕府打倒の兵を挙げたとき、東進する赤松軍によって攻め落とされたと伝えられます。


e0158128_22104578.jpg

『太平記』によると、挙兵した赤松軍は苔縄城からまず山陽道を西へ下り、「その10」で紹介した国境の船坂山六波羅探題の軍勢を破り、転じて東の高田兵庫助の城を攻め落とした勢いで、京へ向かって攻め上ったとあります。

その高田兵庫助の城というのが、ここ高田城と考えられています。


e0158128_22131987.jpg

山の麓にある奥甲八幡神社は、高田城主の居館跡と見られています。


e0158128_22141565.jpg

拝殿はかなり古いように思いますが、由緒書きや説明書きがないため、詳細はわかりません。


e0158128_22152725.jpg

こちらの建物には、絵馬や由緒書きが掲げられているのですが・・・。


e0158128_22162398.jpg

由緒書きは文字が消えてて一切読めません。


e0158128_22185777.jpg

絵馬も、ほとんどが色褪せていて、説明書きもないためほとんどわかりません。


e0158128_22184908.jpg

唯一分かったのがこれ。


e0158128_22201983.jpg

「南朝忠臣村上彦四郎義光」とあります。

村上義光後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の皇子・大塔宮護良親王の忠臣で、『太平記』では、「元弘の変」笠置山が陥落し、潜伏していた南都の般若寺から熊野へ逃れる護良親王に供奉した9名のなかの1人として登場します。

その後、元弘3年(1333年)の吉野山の戦いで、親王の鎧を着て身代わりとなり、切腹して果てました。

このとき、自らのはらわたを引きちぎって敵に投げつけ、太刀を口にくわえたのちに、うつぶせに伏となって絶命したという壮絶な逸話が残る人物です。


e0158128_22222718.jpg

これだけ多くの絵馬がありながら、何の説明書きもないとは残念ですね。

帰宅してググってみても、ここ奥甲八幡神社の情報は皆目見つかりません。

あまり知られていないようですね。


e0158128_22252128.jpg

神社の裏山へ向かい、登山口を探しました。


e0158128_22252691.jpg

神社の西から北へ谷間を入る林道を行くと、防獣ネットで囲われた登山口が。


e0158128_22253095.jpg

少し登ってみたのですが、ほとんど登山道らしき道がなく、かなり険しそう。

午前中に駒山城を登った疲れもあり、季節がらマムシも怖かったので、登城は断念することにしました。


e0158128_22253458.jpg

ここを訪れたのは6月18日。

田植えが終わった美しい田園の景色を堪能しました。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-07-04 23:15 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)