2017年 08月 13日 ( 1 )

 

太平記を歩く。 その104 「楠木正成首塚(杜本神社)」 大阪府羽曳野市

大阪市羽曳野市にある杜本神社にも、楠木正成首塚があると聞いて訪れました。


e0158128_14594602.jpg

神社入り口には、「水分神社併楠公遺物陳列場」と刻まれた石柱があります。

「水分神社」とは、「その21」の稿で紹介した千早赤阪村にある建水分神社のことだと思いますが、「楠公遺物陳列」というのは、正成の首ってことでしょうか?


e0158128_15020624.jpg

鳥居をくぐって丘の上にある本殿を目指します。


e0158128_15034854.jpg

こちらは拝殿です。


e0158128_15053919.jpg

由緒書きには、たしかに「大楠公首塚」が紹介されています。

それによれば、河内に送られてきた正成の首を、この地に密かに隠して敵の目を逃れたとあります。


e0158128_15092388.jpg

拝殿横の小さな鳥居をくぐります。


e0158128_15104607.jpg

その奥に、さらに小さな鳥居があります。


e0158128_15112547.jpg

その奥にある小さな祠には、「南木神社」と書かれています。

「南木神社」は、千早赤阪村の建水分神社境内にある、楠木正成を祀った最古の神社です。

その横に、隠れるように五輪塔が見えます。


e0158128_15141442.jpg

どうやらこれが、「大楠公首塚」のようです。


e0158128_15141803.jpg

たしかに、かなり古いもののようですね。


e0158128_15142291.jpg

花立には、「楠公御墳前」と刻まれています。


e0158128_15154442.jpg

まあ、英雄であればあるほど、この種の伝承は数多く存在するものですが、それにしても、楠公さんの首ってどんだけあんねん!って感じですね。

ほとんどキングギドラ八岐大蛇状態です(笑)。


e0158128_15165353.jpg

ちなみに『太平記』とは無関係ですが、楠公首塚のすぐそばに、奈良時代の左大臣・藤原永手の墓があったので、せっかくなので掲載しておきます。

どんな人物かは、調べてください(笑)。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2017-08-13 16:50 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)