太平記を歩く。 その45 「北畠具行の墓」 滋賀県米原市

清瀧寺徳源院から少し南の丸山という標高285mの山頂に、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の重臣・北畠具行の墓があります。


e0158128_11520879.jpg

標高285mといっても、近くまで車でいけますので、徒歩での登山は5分ほど。

墓所までの参道も整備されていて、迷うこともありません。


e0158128_11531582.jpg
e0158128_11532292.jpg

しばらく登ると「元弘忠臣北畠具行卿」と刻まれた石碑があります。

この横の道を登ると、墓所です。


e0158128_11534994.jpg

この日は、雨の降るなか傘をさしての参拝です。


e0158128_11541341.jpg

こちらは、墓所広場入口にある石碑です。


e0158128_11543810.jpg

北畠具行は後醍醐天皇の側近として活動し、従二位権中納言まで昇進した、公家の中でも国政を担う最高幹部の「公卿」という高い身分の貴族でした。

いずれ、このシリーズでも出てきますが、北畠宗家第4代・北畠親房の従兄弟にあたります。

元徳2年(1330年)に宗家の北畠親房は後醍醐天皇の皇子・世良親王急死の責任を取って出家し、宗家はまだ幼少の北畠顕家が継ぐこととなるのですが、具行はその後見人となります。


e0158128_11545969.jpg

元弘元年(1331年)の「元弘の変」で具行は中心的存在としてはたらきますが、計画に失敗し、幕府軍に捕えられてしまいます。

そして具行は鎌倉に護送されることになるのですが、この護送を命じられたのが、この時点ではまだ幕府方だった佐々木道誉でした。

護送の任務に就いた道誉は、具行の人となりと才能を惜しみ、幕府に助命嘆願を行ったといいます。

その間、京極氏の領地である清瀧寺に具行を約1カ月間留め置いたともいわれていますが、結局、道誉の願いは聞き入れられず、具行はこの地で斬首されました。

具行は処刑前、道誉に対して感謝の意を述べたとも伝わります。


e0158128_11592664.jpg

砂岩製で、総高は204cmあるそうです。


e0158128_12000360.jpg

「貞和三(1347年)丁亥十一月二十六日」の銘文があり、死後16年後に介錯を務めた田児六郎左右衛門尉により建てられたと伝えられます。


e0158128_11555036.jpg

下山したとたん、急に雲が切れて晴れ間が見え始めました。

遠くに見える高い山は、伊吹山です。


e0158128_12001013.jpg

ちなみに、前稿で紹介した清瀧寺徳源院境内の「京極家墓所」にも、具行の遥拝墓とされる宝篋印塔があります。

上の写真がそれ。

婆娑羅大名と呼ばれた道誉と上流貴族の具行が、どのように心を通わせたのか、興味深いですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-27 00:45 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その44 「佐々木道誉墓所(清瀧寺徳源院・京極家墓所)」 滋賀県米原市

前稿で紹介した道誉桜のある清瀧寺徳源院は、佐々木道誉(高氏)の一族・京極家菩提寺となっており、歴代の京極家当主の墓所があります。

京極氏は佐々木氏の分家で、道誉はその嫡流でもあることから、京極道誉とも呼ばれます。

道誉の墓は「その41」で紹介した勝楽寺にありますが、ここ京極家墓所にも、一族と共に祀られています。


e0158128_10463839.jpg

鎌倉中期に近江を領していた佐々木氏が、六角氏、京極氏、高島氏、大原氏に分かれ、本家に当たる六角氏は、戦国時代、織田信長によって滅ぼされましたが、京極氏は、江戸時代も大名家としてつづき、現在に至っています。

寺は、弘安6年(1283年)京極家初代・氏信によって建立されたといわれ、寺号も氏信の法号の清瀧寺殿から称したものだそうです。


e0158128_10464278.jpg

墓標の配置図です。

名前の上の四角の中の数字は、何代目かを表しています。

数字のないものは嫡流ではありませんが、一族だそうです。

世襲順に並んでいないのは、もとと別の場所に散財していた墓を、後年ここに集めたとき、順番を気にせずに配置したからだそうです。


e0158128_10503045.jpg

上段の始祖・京極氏信を筆頭に、道誉を含む歴代当主の墓碑宝篋印塔18基並びます。

墓石は、そのほとんどが宝篋印塔です。


e0158128_10503427.jpg

これが佐々木道誉の宝篋印塔。

上段の右から4番目にあります。

既成概念にとらわれない「婆娑羅大名」と称されながらも、足利幕府内では評定衆政所執事を勤め、京極家が室町幕府四職の一家となる基を築いた道誉は、文中2年/応安6年(1373年)、78歳という長寿で死去しました。


e0158128_10554324.jpg

あと、全部の墓を紹介していられないので、主だった人物のみ紹介します。

まずは上の写真は初代・佐々木(京極)氏信の宝篋印塔です。


e0158128_10590329.jpg

上の写真は、嘉吉元年(1441年)に起きた嘉吉の乱にて、赤松邸猿楽観賞の最中、将軍・足利義教と共に殺された10代・京極高数の宝篋印塔です。


e0158128_11024049.jpg

下段には、それ以降の当主や分家やらの宝篋印塔14基と、淀殿の妹・をめとった19代・京極高次の墓石などが整然と並んでいます。


e0158128_11024422.jpg

これがその高次の廟です。

幼少期には織田信長に人質としてとられ、成人してからは豊臣秀吉に仕えて浅井三姉妹の次女・初の結婚。

関ヶ原の戦いでは徳川家康方につき、浅井氏の台頭とともに一時期衰えていた京極家を再び勃興させたことから、京極家中興の祖とされています。


e0158128_11081573.jpg

そしてこれが、丸亀藩二代藩主となった22代・京極高豊の廟です。

この墓所を作った人物です。

京極家の衰えとともにこの寺も一時荒れていましたが、寛文12年(1672年)、高豊が境内に三重塔(県の指定文化財)を建てて以来、勢力を取り戻しました。

このとき、付近に散在していた墓を一カ所に集めたといいます。

塔の大きさは様々で、京極家の栄枯盛衰を表しているといわれています。

現在、国の史跡および県の史跡に指定されています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-26 00:32 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第16話「綿毛の案」 ~綿花栽培と乱妨取り~

 前話で今川家の寿桂尼から井伊虎松の後見を許された井伊直虎でしたが、今話はその「民を潤す」といったスローガンのとおり、領国経営に奮闘するお話。そもそも、百姓が求めていた徳政令の発布を先延ばしにしたわけですから、それに変わる対策を講じなければ、民が逃散してしまいます。井伊家にとっても、民が潤わなければ年貢が入らないわけですから、死活問題です。そこで目をつけたのが、綿花栽培だったわけですね。ただ、前話の稿でも述べたとおり、直虎が徳政令の発布を先送りした2年間のことは全く記録が残っておらず、もちろん今話のエピソードもドラマのオリジナルです。


 もっとも、浜松が綿花栽培の地だったというのは事実で、直虎の時代に始まっていたかどうかはわかりませんが、江戸時代中期には全国でも有数の綿花産地となっていました。遠州地方は、天竜川の豊かな水と温暖な気候によって、綿花の栽培に適していたようです。やがて、浜松城主・井上正甫が農家の副業として綿織物を推奨したことから、繊維産業が盛んになります。これが、現在に続く「遠州木綿」の原点です。


 時代は下って明治に入ると、紡績工場が作られるまでに発展を遂げ、浜松の綿産業は日本を代表する産業のひとつになります。そして、明治29年(1898年)、トヨタグループの創始者である豊田佐吉が、木製の動力織機を発明したことを機に、一大産業に発展していきます。そしてそして、その技術は、やがてトヨタ自動車の技術へと繋がっていき、さらには、ホンダ、スズキ、ヤマハなどのバイクや楽器にも飛び火していくんですね。


つまり、今話で直虎たちが蒔いた1粒の綿花の種が、世界のトヨタに繋がっていくわけです。少し大袈裟なようですが、産業を起こすということはそういうことなんじゃないかと。その土地の風土にあった歴史を創るってことなんですね。自動車や楽器など、一見、風土などとは無縁の産業に思いがちですが、歴史を掘り下げてみると、農業国ニッポンならではの風土的根拠があるわけです。面白いですね。


 綿花栽培を起こすにあったての人手不足の問題を解決するために、「百姓を貸してほしい」と頼みまわる直虎でしたが、すべて断られてしまいます。これは当然のことですよね。百姓は大事な労働力であり、大切な納税者であり、さらには、兵農分離が確立されていないこの時代、百姓も貴重な兵力でした。この時代の兵士のほとんどは、普段は農業に従事し、召集がかかると武装して参戦する半農半士の者たちだったんですね。だから、領主たちは戦を仕掛けるにも、農繁期を避けて農閑期を選ばなけれなりませんでした。つまり、経済面からも軍事面からも民百姓の数は国力であり、容易に貸し出せるようなものではありません。もっとも、金銭で兵を雇う傭兵制度は当時もありました。しかし、それも農閑期に限ったようです。


 ちなみに、兵農分離を積極的に取り入れて常備軍を作り上げたのが織田信長、豊臣秀吉で、だから天下を取ったともいえます。(もちろん、それだけが理由ではありませんが)


 あと、人身売買の話も出てきましたね。「人の売り買いが出やすいのは戦場でしてな」という瀬戸方久の言葉からするに、ここでいう「人を買う」というのは、おそらく「乱妨取り」のことだと思われます。「乱妨取り」とは、戦場で逃げ惑う民を拉致監禁し、人身売買することで、子どもは奴隷として売られ、女性はその場で身ぐるみを剥がれてレイプされたり、欧州やタイ、カンボジアに性奴隷として売られたりしました。人身売買の相場はドラマで言っていたとおり一人につき二貫文(現代の価値で約30万円)でしたが、戦の着後は乱妨取りが多く行われるため、25文(約4千円)ほどに急落したそうです。つまり、方久が言う「手頃な戦場」というのは、「奴隷が4千円ほどで買えるよ!」ってことです。この提案に目を輝かせる直虎。おいおい!これ、実はめちゃくちゃ残酷な話なんですけど・・・。


 ちなみに、直虎の父・井伊直盛が死んだ桶狭間の戦いで、今川義元の大軍が少数の織田信長軍に敗れた理由を、「民家への略奪行為で油断する今川軍を急襲したから」とする説があります。つまり、敗因は乱妨取りだったと。だとすると、直虎のお父ちゃんも、民への乱暴狼藉をやってたのかもしれません。ドラマの直盛像を壊しちゃうようですが。


 ちなみにちなみに、意外にも織田信長は、自軍の乱妨取りを厳しく禁止していたといいます。逆に、義を重んじていた上杉謙信は、自軍の乱妨取りを黙認していたとか。わからないものですね。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-24 21:18 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その43 「道誉桜(清瀧寺徳源院)」 滋賀県米原市

滋賀県米原市の清瀧寺徳源院に、佐々木道誉(高氏)が愛したと伝わる、通称「道誉桜」があると聞き、遠路訪れました。

道誉の時代、このあたりは佐々木京極氏の居城・柏原城があったとされています。


e0158128_19560744.jpg

清瀧寺徳源院の正門です。

「史蹟 清瀧寺京極家墓所」と刻まれた石碑があることでわかるように、ここは京極家の菩提寺です。


e0158128_20002029.jpg

そして、これがその「道誉桜」。


e0158128_20003463.jpg
e0158128_20051032.jpg

現在の「道誉桜」は二代目だそうです。

それでも、樹齢約350年と伝わり、幹周は2.3m、樹高は約15mあります。


e0158128_20004097.jpg

わたしの妻と娘を比較の対照にしてもらえば、そのスケールが伝わるでしょうか?


e0158128_20060887.jpg

エゾヒガンザクラの一種で糸ざくらとも呼ばれるそうです。


e0158128_20061280.jpg
e0158128_20061506.jpg

わたしたちのよく知るソメイヨシノに比べると、小さな花びらが特徴です。

ちなみに、ソメイヨシノはエドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた桜で、単一の樹を始源とするクローンだそうです。

ソメイヨシノが日本全国に植えられ始めたのは明治中期だそうで、したがって、「道誉桜」のように全国にある樹齢数百年といわれる桜の大樹は、すべてソメイヨシノではありません。


e0158128_20081329.jpg

境内にある県指定の重要文化財の三重塔前には、三代目の道誉桜も植えられています。


e0158128_20103878.jpg

三代目は昭和52年(1977年)に植えられたそうで、まだ樹齢40年の若者です。


e0158128_20104143.jpg
e0158128_20104466.jpg

塔は、寛文12年(1672年)に讃岐国丸亀藩主京極高豊が建てたものだそうです。


e0158128_20123853.jpg

二代目と三代目をワンフレームに。

手前が三代目、奥が二代目です。


e0158128_20124202.jpg

本堂位牌堂です。

ここを訪れたのは先週の4月15日の土曜日で、実はこの日、天気予報がはずれて午前中はで、仕方なく雨の中の桜を撮影して別の場所に移動中、にわかに天気が好転して晴れてきたので、午後からの予定を変更して、もう一回ここに戻ってきて撮影しました。

戻ってきて良かった。


e0158128_20144390.jpg

最後に、お堂裏の庭園の写真です。

道誉の時代からずいぶん時代が下った江戸時代のものですが、県指定の名勝で、秋には紅葉が美しいそうです。


e0158128_20144723.jpg

庭園の端に見える白塀の向こうは京極家の墓所があります。

次稿では、その墓を紹介します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-21 07:26 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その42 「勝楽寺城跡」 滋賀県犬上郡甲良町

前稿で紹介した勝楽寺の裏山に、勝楽寺城跡があります。

勝楽寺は「婆娑羅大名」異名で知られた佐々木道誉が、雲海和尚を請じて開山したものと伝わり、道誉の菩提寺となっています。

道誉は晩年この地に隠棲し、応安6年(1373年)に78歳で生涯を閉じました。

勝楽寺城は、道誉が館と領地を守護するために、応安元年(1368年)に家臣の高筑豊後守に命じて築城したものといわれています。


e0158128_19160132.jpg

登山道入口です。

この日は先日の4月16日、桜が満開から少し散り始めといった時期でした。


e0158128_19175154.jpg

登山道案内です。

所要時間は往復1時間半から2時間とあります。


e0158128_19175481.jpg

防獣ネットを開けて入山します。


e0158128_19193722.jpg

登りはじめてすぐに、「仕置場」跡があります。


e0158128_19204353.jpg

仕置場とは、いわゆる処刑場です。

その霊を弔うための地蔵菩薩が何体もつくられていました。


e0158128_19230945.jpg

そこから少し登ったところに、「経塚」といわれる平坦な場所があります。


e0158128_19231430.jpg

説明看板によると、佐々木道誉の第三子・高秀が父の菩提をとむらうために、山頂に穴を掘り諸大名を始め近隣の人々を集めて大法要をいとなみ、そのとき、集った人達に法華経の経文を一字一石に書き、その穴に埋め後世に残して菩提をとむらったものだそうです。

その中央には、「大乗妙典」と刻まれていると書かれていますが・・・。


e0158128_19231776.jpg

いわれてみれば、たしかに。


e0158128_19264850.jpg

さらに山頂の城跡を目指します。


e0158128_19264004.jpg

しばらく登ると、小さな鳥居が見えてきました。


e0158128_19265156.jpg

ここは「狐塚」といわれるそうで、この塚は、狂言「釣狐」の発祥の地といわれているそうです。


e0158128_19265497.jpg

道誉とは関係ない話なので、あとは、説明板をお読みください(笑)。


e0158128_19313240.jpg

30分以上登り続けて、ようやく尾根にたどり着きました。

ここからが城跡のようです。

案内看板には「正楽寺城」とありますが、この山の麓にある道誉の菩提寺は「勝楽寺」ですが、その勝楽寺のある集落の地名が「正楽寺」といいます。

城名などは後世につけられたものでしょうから、どっちが正しいということもないのでしょう。


e0158128_19331833.jpg

主郭近くになると、石垣跡と思われる大きな石が見え始めます。


e0158128_19373118.jpg

そして本丸跡

標高317m、比高170mあります。


e0158128_19373730.jpg

それほど広い面積ではありません。


e0158128_19374302.jpg

説明板によると、この城はところどころに縦堀があり、全国的にめずらしい「うね状縦堀山城」の姿をしているそうです。

「うね状縦堀山城」とは、「畝状竪堀(うねじょうたてぼり)」とも書き、竪堀(縦堀)とは、斜面に縦に造られた堀のことをいいます。

ただ、わたしにはどれが竪堀なのか、よくわかりませんでした。


e0158128_19374812.jpg

本丸北側斜面の石垣跡です。


e0158128_19405562.jpg

本丸跡からさらに北へ進むと、見張り台跡があります。


e0158128_19410166.jpg

見張り台跡です。


e0158128_19410712.jpg

説明板によると、ここから佐々木六角の居城・観音寺城と、京極家との境界である愛知川以北が一望できるとありますが、いまは高い樹木に覆われて周囲を見渡すことはできません。

道誉の時代、江北の京極氏と江南の六角氏の国境は愛知川を境としていましたが、時代は下って戦国時代になると、六角氏の勢力が拡大して国境は北上し、勝楽寺城も六角氏の支配下におかれました。

その後、永禄3年(1560年)の野良田の戦い浅井長政六角義賢を破り、勝楽寺城は浅井氏の支配下におかれました。

しかし、その後、永禄11年(1568年)に足利義昭を奉じて上洛する織田信長によって落城し、麓の勝楽寺と共に炎上したとされます。


e0158128_19471387.jpg

城跡の尾根伝い南端には、「上臈落とし」いわれる場所があります。


e0158128_19472330.jpg

説明看板によると、何か悲しい伝説があるみたいですが、調べがつきませんでした。

ただ、その立地からみて、ここも南側の見張り台的役割を果たしていた曲輪跡なんじゃないかと想像します。


e0158128_19472963.jpg

上臈落としからの西(湖東平野)の眺望です。

前方に見える山は、荒神山城跡のある荒神山です。


e0158128_19473496.jpg

そして南西に目を移すと、樹木のあいだに六角氏の居城、観音寺城のある山が見えます。

絶好の見張り台です。


e0158128_19474014.jpg

最後に、下山して麓から勝楽寺城を撮影。

いかにも城跡らしい山の形状ですね。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-20 00:43 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その41 「佐々木道誉墓所(勝楽寺)」 滋賀県犬上郡甲良町

前稿佐々木道誉の名が出てきましたので、ここで少し時系列を離れて、滋賀県にある道誉関連の史跡をめぐります。

まずは、犬上郡甲良町の勝楽寺にある、佐々木道誉の墓です。


e0158128_18325846.jpg

勝楽寺のある集落の地名は滋賀県甲良町正楽寺といいます。

たぶん、元は勝楽寺の名称にあるのでしょうね。

名神高速の高架を潜って集落に入ると、いきなり「ようこそ道誉の郷・正楽寺へ」という看板が迎えてくれます。


e0158128_18344351.jpg

その向かいには、「道誉の郷」と記された石碑が。


e0158128_18475521.jpg

こちらが勝楽寺の山門

ここを訪れたのは先日の日曜日で、満開から少し散り始めといった状況でした。


e0158128_18504839.jpg

山門の軒瓦には佐々木京極家の「四つ目結紋」が。


e0158128_18514830.jpg

山門を潜ると、左手に「道誉記念堂」というお堂があります。


e0158128_18593182.jpg

道誉は北近江の守護・佐々木氏の支流京極家の当主で、京極道誉とも呼ばれます。

佐々木氏は鎌倉時代に二家に分派し、本家は六角氏、分家が京極氏となりました。


e0158128_18593990.jpg

「道誉」という名は法名で、諱(実名)は「高氏」といいます。

そう、共に鎌倉幕府を倒した足利高氏(尊氏)と同じ名前なんですね。

吉川英治の小説『私本太平記』では、同じ名の足利高氏をかねてから気に留めていた道誉との出会いが、たいへん面白く描かれています。


e0158128_19001136.jpg

また、道誉は「婆裟羅大名」という異名がよく知られていますね。

「婆裟羅(ばさら)」とは南北朝時代の流行語で、形式や常識から逸脱して奔放な生き方をポリシーとすることをいいます。

『太平記』では、を廻らし権威を嘲笑し、粋に振舞う道誉の逸話が多く記されています。


e0158128_19002782.jpg

道誉は尊氏と同じく、当初は北条幕府方に属していましたが、尊氏が後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)に呼応すると、これに従い、共に幕府を滅亡に追い込みます。

一説には、事前に尊氏と密約があったのではないかと言われていますが、定かではありません。

その後、後醍醐天皇の建武の新政が始まると、新政権の役人になりますが、尊氏が新政権に参加せず反旗を翻すと、いったんは足利軍と戦う姿勢をみせながら、土壇場で新田義貞を裏切り、足利軍に勝利させます。

これも、尊氏と同様はあらかじめ示し合わせていたんじゃないかとも言われています。


e0158128_19005253.jpg

その後は、一貫して尊氏のブレーンに徹し、高師直、土岐頼遠と並んで婆裟羅三傑のひとりとしてその歴史に刻みます。


e0158128_19010816.jpg

勝楽寺は閑静な正楽寺の集落の奥にあり、道誉の墓は境内のいちばん奥にあります。


e0158128_19012202.jpg

苔むした物寂しいたたずまいの墓石でしたが、図らずもこの日は桜舞い散る晴れた日で、婆裟羅大名として奔放に生きた道誉の人生を華やかに演出しているかのようでした。


e0158128_19014781.jpg

最後に、勝楽寺前にある西蓮池の桜並木です。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-19 00:27 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

おんな城主 直虎 第15話「おんな城主 対 おんな大名」 ~寿桂尼~

 今話のタイトルは「おんな城主 対 おんな大名」。おんな城主とは、いうまでもなく井伊直虎ですが、おんな大名とは、駿河国、遠江国の守護にして戦国大名でもある今川氏のゴットマザー・寿桂尼のこと。この時代の女性というと、大名の正室といえども史料が少なく、その実在性も含めて不明な場合が多いのですが、この寿桂尼に関しては、歴史にその存在をしっかりと残した数少ない女性といえます。


e0158128_15564417.jpg

 寿桂尼は中御門宣胤という公卿の娘として生まれたと伝えられ、永正5年(1508年)、今川氏親の正室として駿河国に嫁いできました。今川家は、足利将軍家の一族にあたり、守護大名のなかでも名門の家柄だったため、京との関係を深めるために公家の娘を正室に迎え入れたのでしょう。氏親との間には長男の今川氏輝、三男の今川義元を含む7人(4人の息子と3人の娘)の子をもうけており、夫婦仲は良かったと見られています。

 その氏親は晩年、十数年に及ぶ病床生活を送っており、その間、寿桂尼が政務を補佐したと伝わります。その最も有名なものとしては、大永6年(1526年)4月に制定された、今川氏の分国法である『今川仮名目録』。ドラマで徳政令を回避するために直虎が使った法令ですね。この分国法が発布されたのは、氏親の死の2ヵ月前のことで、中風で寝たきりだった氏親がこれを作成したとは考えづらく、また、目録は漢文ではなく女性文字である仮名交じり文であることから、寿桂尼が大きく関わり、氏親の名で発布したと考えられています(異説あり)。


 「戦国大名」の定義は曖昧ですが、幕府と一線を画する独自の法律の制定だとすれば、今川氏は、この『今川仮名目録』の制定から戦国大名に変貌したといえ、すなわち、今川家を戦国大名にしたのは寿桂尼だったと言っても過言ではないかもしれません。それ以後、寿桂尼はわが子、氏輝、義元、そして孫の氏真と、今川家4代に渡って政務を補佐し、「駿河の尼御台」、「女戦国大名」などと称されました。


 実際、桶狭間の戦いで義元が死んだあとも、寿桂尼が存命の間は何とかその大名としての面目を保っていましたが、寿桂尼が死ぬやいなや、武田信玄による駿河侵攻によって今川氏は滅亡します。そのことからも、少なくとも氏真の時代は、寿桂尼あっての今川家だったことがわかりますね。まさしく「おんな大名・寿桂尼」でした。


 ドラマで直虎がやりあったのは、そんな女傑でした。もちろん、今話はすべてフィクションで、ドラマのオリジナルです。ただ、同じく国を統治する女性という立場として、直虎は寿桂尼という偉大な存在を意識していなかったはずはありませんし、寿桂尼も、少なからず直虎という女性を気に留めていたかもしれません。ふたりが面会したという記録はありませんが、もしあったとしたら、あんな感じだったかもしれませんね。


 今話はフォクションといえども、わたしは面白かったと思います。そもそも、この徳政令に関していえば、今川氏真が井伊家の領内に発布した徳政令を、直虎が2年間それを抵抗しつづけたということ以外、何もわかっていません。つまり、次週からも、この徳政の施行を引き伸ばした2年間の話は、ほぼ創作の回となります。もともと史料の少ない人物を主人公にしているわけですから、これは仕方がないことでしょう。今話の主題は、実は直虎を守ろうとしていたという、小野但馬守正次の本意だったんじゃないでしょうか? 今後、このふたりの関係がどのように描かれていくのか楽しみです。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ


[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-17 15:58 | おんな城主 直虎 | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その40 「北条仲時以下432名墓所(蓮華寺)」 滋賀県米原市

滋賀県米原市番場にある蓮華寺を訪れました。

ここは、足利高氏(尊氏)軍の攻撃を受けて落ち延びた六波羅探題北方の北条仲時が、進退窮まり、一族432人と共に自刃した場所と伝えられます。


e0158128_18052025.jpg

蓮華寺は名神高速米原ICを降りてすぐのところにあります。

このあたりは、かつて中山道の62番目の宿場、番場宿として栄えたところです。

道沿いに、「南北朝の古戦場・蓮華寺」と書かれた誘導看板が見え、その横に「境内在故六波羅鎮将北条仲時及諸将士墳墓」と刻まれた石柱があるのですが、なぜかその1面が、野暮ったいブリキ看板で覆われていました。

石柱に刻まれた文字が古くて読みづらくなったからかもしれませんが、なんだか安っぽくて・・・。


e0158128_18061785.jpg

山門です。

ここを訪れたのは年末押し迫る12月17日。

場所が米原ということもあったのですが、今にも雪が降りそうな寒い日でした。


e0158128_18075624.jpg

蓮華寺は聖徳太子の創建で、はじめは法隆寺と呼ばれたそうですが、弘安7年(1284年)、当地の地頭で鎌刃城主の土肥元頼が、良忠の弟子とされる一向を招いて寺を再建し、八葉山蓮華寺と号したと伝わります。

山門横には、寺院の由緒と、仲時自刃を説明する看板が設置されています。


e0158128_18090924.jpg

山門横には、「血の川」と書かれた立て札が。

伝承によると、432人の鮮血滴り流れて、辺りは川の如しだったといいます。


e0158128_18101127.jpg

本堂です。


e0158128_18110581.jpg

境内の奥にある、北条仲時ら432人の墓所に向かいます。


e0158128_18120617.jpg

墓所です。


e0158128_18130339.jpg

元弘3年(1333年)5月7日、足利高氏(尊氏)軍、赤松則村(円心)軍、千種忠顕軍らに六波羅探題の館を包囲され、追い詰められた六波羅探題北方の北条仲時は、六波羅探題南方の北条時益とともに、後伏見上皇(第93代天皇)、花園上皇(第95代天皇)、光厳天皇(北朝初代天皇)を伴って東国へ落ち延びようとしますが、道中の近江国で野伏に襲われて時益は討死し、仲時も番場峠野伏に襲われ、さらには佐々木道誉の軍勢に行く手を阻まれ、やむなく番場の蓮華寺にて天皇と上皇の玉輦を移したあと、5月9日、本堂前で一族432人と共に自刃します。享年28。

『太平記』によると、仲時は自害するに際して、最後まで付き従ってくれた軍勢に感謝の意を表し、「自身の首を持って敵方に下り、恩賞を得よ!」と言って果てたといいます。

以下、『太平記』原文。


其時軍勢共に向て宣ひけるは、「武運漸傾て、当家の滅亡近きに可在と見給ひながら、弓矢の名を重じ、日来の好みを不忘して、是まで着纏ひ給へる志、中々申に言は可無る。其報謝の思雖深と、一家の運已に尽ぬれば、何を以てか是を可報。今は我旁の為に自害をして、生前の芳恩を死後に報ぜんと存ずる也。仲時雖不肖也。平氏一類の名を揚る身なれば、敵共定て我首を以て、千戸侯にも募りぬらん。早く仲時が首を取て源氏の手に渡し、咎を補て忠に備へ給へ。」と、云はてざる言の下に、鐙脱で押膚脱、腹掻切て伏給ふ。


e0158128_18141681.jpg

寄り添うように眠る432人の墓。

境内奥の森のなかで、あまり光が挿さない場所ということもあったのですが、何かもの悲しげに思え、700年近く経ったいまも、その無念さが伝わってきます。


e0158128_18151651.jpg

説明板によると、仲時の墓だけは、享保年間(1716~36年)に近くの山に移されたそうです。

この日、周辺を探してみましたが、どの山も立入禁止で入れませんでした。


e0158128_18160808.jpg

432人の墓の側には、明治22年(1889年)に建てられた記念碑があります。


e0158128_18171086.jpg

境内には、樹齢約700年と伝わる「一向杉」と呼ばれる巨木があります。

あるいは、仲時らの最期を見届けていたかもしれません。


e0158128_18192416.jpg

六波羅探題が落ちた翌日の5月8日、新田義貞が関東の上野国で挙兵。

元弘3年(1333年)5月22日、激戦の末ついに鎌倉を落とし、北条一族は執権・北条高時をはじめ全員自害

ついに北条氏鎌倉幕府は滅亡します。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-14 15:34 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その39 「六波羅探題府跡(六波羅蜜寺)」 京都市東山区

大塔宮護良親王楠木正成、赤松則村(円心)のはたらきに加え、幕府方だった足利高氏(尊氏)寝返りが決定打となり、元弘3年(1333年)5月7日、とうとう六波羅探題が落とされます。


e0158128_17581063.jpg

六波羅探題は現在の京都市立六原小学校にあったとされ、現在はその近くにある六波羅蜜寺石碑が建てられています。


e0158128_17591423.jpg

『太平記』によると、足利軍と六波羅軍の合戦を源平合戦になぞらえています。

足利は源氏、北条は平氏だからでしょう。

六波羅軍は足利軍の猛攻を必死に抵抗しますが、6時間の激戦のすえ、ついに壊滅します。

足利軍は、なおも追いすがる残敵を払いのけ、大宮大路の各木戸を打ち破り、二条大路から八条大路までの七つの大通りを埋め尽くしながら、ここ六波羅密寺に押し寄せました。


e0158128_18010712.jpg

やがて、赤松則村(円心)軍、千種忠顕軍も合流し、六波羅探題の館を包囲。

追い詰められた六波羅探題北方の北条仲時は、六波羅探題南方の北条時益とともに、後伏見上皇(第93代天皇)、花園上皇(第95代天皇)、光厳天皇(北朝初代天皇)を伴って東国へ落ち延びようとしますが、道中の近江国で野伏に襲われて時益は落命し、仲時も番場峠野伏に襲われ、さらには佐々木道誉の軍勢に行く手を阻まれ、やむなく番場の蓮華寺にて天皇と上皇の玉輦を移したあと、本堂前で一族432人と共に自刃します。享年28。

次回は、その蓮華寺を訪れます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-13 22:09 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その38 「篠村八幡宮(足利高氏旗揚げの地)」 京都府亀岡市

京都府亀岡市にある篠村八幡宮を訪れました。

ここは、足利高氏(尊氏)尊王討幕の旗揚げをした地として知られます。

シリーズ38にして、ようやく高氏の登場です。


e0158128_17380301.jpg

鎌倉幕府の役人だった足利高氏は、当初は幕府軍として笠置山の戦い下赤坂城の戦いに従軍していましたが、そのとき、父の足利貞氏の喪中であることを理由に出兵動員を辞退しましたが、幕府はこれを許しませんでした。

『太平記』では、このことで高氏は幕府に反感を持つようになったと伝えています。


e0158128_17380953.jpg

元弘3年(1333年)閏2月24日に隠岐を脱出した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が伯耆国船上山にて挙兵すると、幕府はその鎮圧を高氏に命じます。

これを受けた高氏は、兵を率いて西へ進軍しますが、4月27日にこの地に兵を留め、社前で神に誓って決意を表明し、4月29日、後醍醐天皇側に寝返って討幕する意思を表明します。


e0158128_17392105.jpg

本殿横には、「足利高氏旗揚げの地」と刻まれた石碑があります。


e0158128_17411680.jpg

『太平記』によると、討幕の決意を表明した高氏は、戦勝祈願の願文を神前で読み上げ、その願文に添えて鏑矢を1本、神前に奉納しました。

その際、弟の足利直義をはじめ、一族の吉良、一色、仁木、細川、今川、高、上杉らの諸将も、我も我もとを一本ずつ納めて必勝を祈願したといい、そのため社壇には矢が塚のように高く積み上げらたといいます。


e0158128_17423073.jpg

境内には、そのときの矢が埋葬されたと伝わる「矢塚」があります。


e0158128_17453235.jpg

塚に建てられた石碑は、元禄15年(1702年)に奉納されたものだそうです。


e0158128_17450040.jpg

現地説明板によると、矢塚には椎の幼木が植えられ、その椎は樹齢600年程を経て周囲の椎と同じ程に成長していたそうですが、昭和9年(1934年)の室戸台風で倒れちゃったそうで、現在の椎は2代目だそうです。

第二次世界大戦時には、高氏の勝ち戦にあやかるべく、椎の倒木から作った肌身守を持参して出征した人がいたそうです。

戦前の日本では、楠木正成忠臣の象徴で高氏は逆賊扱いだったと思うのですが、必ずしもそうではなかったのでしょうか。


e0158128_17463589.jpg

矢塚横に聳えるツブラジイの巨樹です。

樹齢はわかりませんが、樹高は27mあり、「亀岡の名木」に指定されているそうです。

あるいは、この木も同じ頃に植えられたものかもしれません。


e0158128_17485769.jpg

境内の北の民家の横に、「旗立楊(はたたてやなぎ)」と呼ばれる楊が立っています。

旗揚げした高氏は、すぐさま全国各地の武将に協力を求める密書を送ったといい、5月7日までの間に、久下時重をはじめ、長澤、志宇知、山内、葦田、余田、酒井、波賀野、小山、波々伯部などが参じ、その数は2万3千にまで膨れ上がったといいます。


e0158128_17495939.jpg

このとき、次々と駆けつけてくる武将たちに陣の場所を示すため、高く聳え立つ楊の木に足利家の家紋「二両引」印の入った源氏の大白旗が掲げられたと伝えられています。


e0158128_17505312.jpg

楊の樹齢は100年程だそうで、現在の楊は昭和初期に植えられたものだそうで、高氏の時代から6~7代を経て引き継がれたものだそうです。


e0158128_17515459.jpg

高氏の寝返りが決定打となり、5月7日には京の六波羅探題が落とされ、そして5月22日に北条氏鎌倉幕府は滅亡します。

その後、高氏は後醍醐天皇から勲功第一とされ、天皇の諱「尊治」から偏諱を受け「尊氏」と改名しました。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

[PR]

# by sakanoueno-kumo | 2017-04-12 18:41 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)