「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:静岡の史跡・観光( 3 )

 

仕事ついでの駿河国紀行 その2 ~徳川慶喜公屋敷跡~

駿府城跡を離れ、土産を買うべくJR静岡駅近くのビル街を散策していると、偶然、徳川慶喜公屋敷跡と書かれた石碑が目に止まりました。

e0158128_16251835.jpg

石碑の横には堂々の門構えがあり、「浮月楼」とあります。
公共の史跡ではなさそうだったので、おそるおそるなかを覗いてみると、どうやらそこは高級料亭のようでした。
徳川慶喜隠棲の屋敷が、いまでは料亭として残されているんですね。

e0158128_16274960.jpg

徳川慶喜といえば言うまでもなく、徳川幕府最後の将軍となった人物。
「権現様(徳川家康)の再来」と期待された英明な将軍・徳川慶喜でしたが、その実力を発揮しないまま、将軍就任わずか1年で大政奉還を行い、徳川幕府三百年の幕を引きます。
その後の王政復古戊辰戦争により朝敵となった慶喜でしたが、江戸総攻撃の前に行なわれた旧幕臣・勝海舟と新政府軍参謀・西郷隆盛との交渉により死罪を免れ蟄居の身となり、自身の故郷である水戸で謹慎した後、ここ駿府に移されました。
そのとき慶喜32歳。
現代で言えばバリバリ働き盛りの歳ですが、慶喜はその後、ほぼ隠居のような人生となります。

e0158128_16265581.jpg

説明看板によると、ここは元の代官屋敷で、近くに鉄道が通りうるさいというので西方へ転居するまで、慶喜は21年間ここに住んだそうです。
慶喜転居ののち払い下げられ、料亭となって現在に至っているそうです。
明治時代には、伊藤博文西園寺公望、井上馨、田中光顕など、錚々たる元勲たちに贔屓にされていたとか。
私は・・・、そんな由緒ある料亭の敷居をまたぐ甲斐性などあるはずもなく、こっそり外から眺めて写真だけ撮ってきただけです(笑)。
(看板によると、庭園はたいそう有名な庭師の作庭だそうです。)

e0158128_16283270.jpg

ところで、その後の慶喜は、明治30年に静岡を離れ、東京に移り住みました。
将軍就任、大政奉還と波乱に満ちた前半生の慶喜でしたが、32歳から約30年の後半生を静岡で目立たぬよう暮らしたことになります。
静岡隠棲の間、多くの女性との間に男10人女11人という子を持つ一方、鉄砲、自転車、写真など、多彩な趣味を楽しんだといいます。
一方で、旧幕臣や明治政府に不満を持つ元士族などには、決して会わなかったとか。
さすがは英明と称された慶喜、自身がそれらの者たちに担がれたら、どんな混乱を起こすか、自身の言動がどう政治的に利用されるか、ちゃんとわかっていたんですね。

e0158128_16311722.jpg

明治政府の足元が固まるまで、じっと30年間逼塞していた慶喜。
ある意味では、明治政府にとって最大の功労者の一人だったといえるかもしれません。
作家・司馬遼太郎氏は慶喜の半生を描いた小説『最後の将軍』のなかで、松平春嶽談として慶喜のことを「百の才智があって、ただ一つの胆力もない」と評していますが、はたしてそうでしょうか?
32歳という血気盛んな年齢から隠居の身となり、その後、新政府に対してことを荒立てるような行動をいっさい起こさなかったことこそが、百の才智であり、胆力であったといえなくもないです。
通常、歴史上の偉人は何事かを成して歴史に名を刻みますが、慶喜の場合、何もしなかったことが最大の功績だったという、歴史上たいへん稀有な存在だといえるでしょうか。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-02-16 16:32 | 静岡の史跡・観光 | Comments(2)  

仕事ついでの駿河国紀行 その1 ~駿府城跡~

先日、仕事で静岡に行ったのですが(参照:旅ゆけば、駿河の国に茶の香り…なう!)、普段あまり関西を出ることのない私としては、せっかくなので仕事を早めに切り上げて、少しだけ市内中心部を彷徨いてきました。
静岡県は、旧令制国時代いえば、駿河国、遠江国、伊豆国に別れますが、県庁所在地である静岡市は駿河国になります。
駿河といえば、徳川家康の最後の居城・駿府城があった国。
現在では、駿府城跡は県庁公園になっているんですね。

e0158128_15302413.jpg

もともと駿河国は室町時代、今川氏守護職として治めていましたが、9代・今川義元の頃、家康は人質として8歳から10歳の間を駿府で暮らしました。
しかし、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いで今川義元が織田信長の手によって討たれると、今川氏は急速に衰退し、永禄11年(1568年)、武田信玄によって駿府を追われます。

e0158128_15313338.jpg

その信玄亡き後の武田氏を、家康が天正10年(1582年)に追放し、天正13年(1585年)には駿府城の築城を開始し、浜松城から移り住みました。
しかし、天正18年(1590年)、家康はときの天下人・豊臣秀吉に関東への移封を命じられ、駿府城の城主には豊臣系の中村一氏が配置されます。

e0158128_1532133.jpg

しかししかし、秀吉亡き後の関が原の戦いに勝利した家康は、征夷大将軍に任じられて江戸幕府を開くと、わずか2年で将軍職を息子の徳川秀忠に譲り、慶長12年(1607年)に三たび駿府に入りました。
この時に城が拡張リニューアル工事され、駿府城は壮大な城として生まれ変わります。
大御所となった家康の居城として、築城に際しては「天下普請」として全国の大名が助役を命じられ、各地から優秀な職人や良質の資材が集められたと伝わります。

e0158128_15325784.jpg

家康の死後20年近く経った寛永12年(1635年)の火災により、天守閣など殆どの建物が焼失し、櫓、門等の建物は再建されますが天守閣は再建されませんでした。
以後、駿府城に城主はおらず、建物の規模も次第に縮小していくこととなります。

e0158128_1535131.jpg

ちなみに駿府城の火災はそれ以前にも幾度となくあったらしく、家康の生前中にも、リニューアル工事が完成した慶長12年(1607年)からわずか3年の間に、小火も含めると3度も火災に遭ったという記録が残されています。
これにはさすがの家康も辟易していたようで、とくに慶長14年(1609年)の火災では、原因となる火を出した女中が火罪で処刑され、その上司の女中も島流しの刑に処せられています。
たしかに3年間で3度の火災は多すぎですよね。
この辺りが、特に空気が乾燥した地域だとも思えないのですが・・・。

e0158128_1537390.jpg

本丸跡には家康の銅像が建っています。
なかなか凛々しい顔の家康でした(たぬきオヤジではありませんでした)。
左手にとまっているのはです。
家康が鷹狩りマニアだったことは有名ですね。

e0158128_1537543.jpg

よく、縁起のいい夢として「一富士、二鷹、三茄子」と言いますが、これはすべて家康が好きだったものだという説があります。
であれば、本丸から富士山が見えるはず・・・と見渡してみたら、言わずもがなでした。

e0158128_15411085.jpg

ここにあった天守閣は、5層7階で約55m×48mという城郭史上最大の天守閣だったと言いますから、さぞかし美しい眺めだったことでしょう。
いまから400年前、この場所で家康は富士山を眺めながら、鷹を片手に茄子を食していたのでしょうか(笑)。

ちなみに家康の銅像はJR静岡駅前にも建っていて、それがこちらです。
こちらの像は胴長短足でとっつぁん坊やの家康ですが、こっちのほうが本当の家康に近いんじゃないかという気がするのですが、いかがでしょうか?

e0158128_15383258.jpg

他にも近くには、家康の幼年期・竹千代像もありましたし、駅の南側には、大正4年に建てられた久能山東照宮三百年祭の塔が残されていました。
信長、秀吉、家康の戦国三英傑の中では、他の2人に比べてどうしても後世の人気に劣る家康ですが、お膝元であるここ静岡市のまちでは違うようですね。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-02-15 15:57 | 静岡の史跡・観光 | Comments(0)  

旅ゆけば、駿河の国に茶の香り…なう!

ケータイからの投稿です。emoticon-0161-phone.gif
e0158128_2222486.jpg朝からJR東静岡駅にいます。
ぷらっと旅に来ました・・・と言いたいところですが、残念ながら仕事できています。
朝日を浴びた富士山がなかなか絶景ですね。
といっても、駅を行き交う地元の方々は誰も見向きもしていませんが・・・。
写メなんか撮ってると、よそ者というのがバレバレですね(笑)。
出張族の方々にしてみれば、富士山など新幹線の車窓から見慣れた風景なのでしょうが、普段あまり関西から出ない私は、富士山を見ると結構テンションが上がっちゃいます。
とくに今日は雲ひとつない快晴で空気も澄んでいて、めちゃめちゃ近く感じますね。
ちょっとラッキーな朝です。

タイトルのくだりは特に意味はありません。
静岡を訪れて、森の石松の清水次郎長親分が頭を過ぎってしまうのは、私がオッサンだからでしょうか(笑)。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ

[PR]

by sakanoueno-kumo | 2013-01-29 07:56 | 静岡の史跡・観光 | Comments(2)