カテゴリ:鹿児島の史跡・観光( 6 )

 

奄美大島旅行記 その6 ~最終回~

 奄美大島旅行のメインイベントはやはり海水浴。数あるビーチの中で選んだのは、もっとも美しいと名高い「土盛海岸」。(ともりかいがん)と読みます。
 土盛海岸は北部笠利町の東側に位置し、太平洋をのぞみます。空港からは車で10分ほどで、あやまる岬からほど近いところです。リゾート化された他のビーチとは違い、自然そのまま。シャワーもなければ脱衣所もありません。トイレだけはかろうじて設置されています。

e0158128_2128574.jpg

 ここ、土盛海岸は戦後の米軍支配下時代に米兵たちがブルーエンジェルと呼んだといわれ、大島北部でも最上級の美しさを誇るビーチ。太陽の光が射し込むと、海の色のあまりの美しさに、思わず息をのんでしまうほど。真っ白な砂浜がエメラルドグリーンの海へとけ込み、沖の濃いブルーへと幻想的なグラデーションをつくりあげています。

e0158128_21285417.jpg

e0158128_21294817.jpg

 さっそく水着になって海の中へ。ここは遠浅だが沖は潮の流れが速いそうで、引き潮時よりも満ち潮時の方が海水浴には適しているそうです。この日の干潮は午後1時。さすがに地元の人たちはわかっているのか午前中はほとんど人がいませんでした。しかし欲張りな私たちは、1日中海を満喫したいので朝からビーチを独占。もっとも危険なので午前中は浅瀬での水遊びにとどめました。

e0158128_21302432.jpg

 中学生の息子以外、ちびっ子たちは海水浴が初めて。都会の海は汚く人が多いので毎年プールばっかですから。だけど初体験でこんなきれいな海を経験したら、都会の海には連れて行けなくなっちゃうなぁ。

e0158128_21341027.jpg

 水遊びを堪能し満ち潮が始まった午後からは岩礁でシュノーケリング。ここで言う岩礁とは死んだ珊瑚礁のことです。写真にある水中で黒くなっているところがそうで、遠浅なので岩礁づたいに行けばかなり沖まで子供でも行ける。
 潜ってみると、色とりどりの熱帯魚がいっぱい。足が着くような場所でも10〜20cmくらいの大きさの魚が群れをなして泳いでいます。しかも人間が寄って行っても逃げません。むしろ魚の方から体当たりしてくるほど。ここは彼らの楽園。人間たちは邪魔者なのでしょう。

e0158128_21321452.jpg

 結局この日、朝10時から午後5時まで1日中海で遊びました。皆日焼けして真っ赤っか。時が経つのを忘れるくらい、南国の海は魅力いっぱいでした。

e0158128_21392462.jpg

 さてさて、この辺で奄美大島旅行記を終わりにしたいと思います。
 自己満足の記録として6回に渡って綴った今回の旅行記ですが、思いも寄らずたくさんのアクセス件数をいただいて驚いています。稚文にお付き合いいただきありがとうございました。旅行中お世話になった方々にも、この場を借りて心から御礼申し上げます。

 夏休み気分から未だ抜けきれない私です。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-22 21:47 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(2)  

奄美大島旅行記 その5

 奄美大島といえば海。この日は島内ドライブの途中、「大浜海岸」に立ち寄りました。
 大浜海岸は島の西側にあり、東シナ海に面しています。名瀬の市街地から車で10分ほどのところで、海水浴客が最も多いビーチだとか。珊瑚礁に囲まれ、透き通るようなマリンブルーの海は奄美群島国定公園のひとつに指定され、海浜公園としても整備されています。
 
 海岸のすぐ際まで山があり、その山を下ると海が見えてきます。山の上から大浜海岸を撮影。

e0158128_1572437.jpg
 
 この日は台風8号が台湾を抜けたばかりで、波がまだ少し荒かったため海水浴はなし。裸足になって砂浜を歩くだけにしました。珊瑚の砂浜は白く、いわゆる星の砂ってやつ。ちびっ子たちは海に入りたくて仕様がない様子でした。

e0158128_1575429.jpg

 この砂浜には、夏になるとアカウミガメとアオウミガメの2種類が産卵にやってくるそうです。卵は60日程度でふ化し、再び子ガメたちは海へと帰っていきます。テレビでは見たことあるけど、実際に見てみたいものです。

e0158128_1582543.jpg

 ここ大浜海岸は夕陽がとてもきれいなところで、そのためだけにわざわざ訪れる人が多いそうです。東シナ海に沈む夕陽。もうちょっと待って見て帰りたかったですが、このあとここから1時間くらい離れたところで行われる花火大会に行く予定だったので、残念ながら断念しました。

 大浜海岸から北へ車で1時間。奄美市笠利町にある「宇宿漁港」でこの日行われる花火大会に訪れました。宇宿漁港は、旅行記その1で紹介したあやまる岬からほど近いところで、この日は「あやまる祭り」があり、昼間から船こぎ競争や島唄ライブなどのイベントが行われたそうです。
 花火大会は私の住む神戸でも有名なものがあって特別珍しいことでもないですが、何が違うって見物客の数。笠利町中の人が集まったってたかがしれてます。都会の花火大会は人ごみを見に行くようなもので、ゆっくり観賞など出来ません。神戸では20万人以上も人が集まり、何年か前には死亡事故まで発生してます。私は人ごみが嫌いで行ったことがありません。

e0158128_204273.jpg

 この日の見物客は5,000人ほど。堤防の一番いい場所に座って2,000発の花火を堪能しました。すぐ目の前の突堤に発射台があったため、ド迫力のロケーション。花火が頭の上に降ってきそうです。

e0158128_211013.jpg

 ここ宇宿の海にはヤドカリが多く見られます。海辺にいるのは小さなヤドカリですが、海辺から少し離れたところには、天然記念物に指定されている「オカヤドカリ」が生息しています。名前のとおり陸で生活します。夜行性で、夜になるとワンサカ出てきます。

e0158128_213342.jpg

 とにかくデカイ(笑)。体長は7~8cmあります。近づいて見るとちょっとグロテスク。しかしちびっ子たちは大喜びで、何十匹も捕まえていました。天然記念物だから持って帰れないんですけどね。

 なんだかんだで奄美大島旅行はもうちょっと続く。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-22 02:04 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(0)  

奄美大島旅行記 その4

 奄美の郷土料理、「鶏飯」を紹介します。鶏飯(けいはん)と読みます。
 白ご飯の上に、鶏のささ身、錦糸玉子、しいたけ、パパイヤの漬物、葱、みかんの皮など数種類の具材をのせ、あつあつの地鶏スープをたっぷりかけて食べます。あっさりとした食感はお茶漬に似た感じですが、スープにコクがあって鶏雑炊のようでもあります。美味です。

e0158128_12459100.jpg

e0158128_125242.jpg

 由来は江戸時代、奄美大島が薩摩藩の支配下にあった頃、砂糖取立てに対するあまりの厳しさに奄美の人々が役人たちをもてなす料理として考案されたと伝えられているそうです。昭和43年、当時皇太子ご夫妻(現・今上天皇陛下ご夫妻)が御来島のおり、鶏飯料理をお召し上がり絶賛され、おかわりまでされたとか。私も何杯もおかわりしてしまいました。
 鹿児島県では学校給食としても定番で、カレーライスと並んで大人気なんだそうです。

 続いて紹介するのは「油そうめん」。油ぞうめんともいうそうです。奄美ではごく一般的な家庭料理だそうです。
 固めに茹でた素麺に油をからめ、塩、胡椒、醤油で味付けし、炒めた野菜や豚肉などをトッピング。油にからめるため麺がくっつかないのが特徴で、油炒めとは言えしつこくなく、あっさりとしています。たとえていえば、焼きビーフンのような感じですね。

e0158128_1264244.jpg

 その他、豚肉料理が多く、塩漬けにした塩豚やコラーゲンたっぷりの豚足料理、柔らかく煮た豚骨料理などいろいろと豚料理があります。奄美では大晦日に年越しソバではなく豚骨料理を食べて新年を迎えるそうです。その昔、南国故に保存が難しかった頃の人々の知恵が感じられますね。

 旅先での食事は大きな楽しみのひとつ。その土地の食に出会うことは、その土地の歴史と文化に触れること。本来の食べる楽しみと相まって豊かな気分になれます。

 お腹いっぱいになって奄美大島旅行はまだまだ続く。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-21 01:28 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(0)  

奄美大島旅行記 その3

 奄美大島の中心部、名瀬の山中奥深くに位置する「金作原原生林」に行きました。
金作原(きんさくばる)と読みます。森は深い照葉樹に覆われ、亜熱帯を代表するヒカゲヘゴがそびえたち、まるで太古を思わせるかの如くシダ植物が群生するジャングルです。
 とにかく山奥深いところで、カーナビに表示されていない山道を車でかなり走ります。とにかくひたすら走ります。だんだん道が狭くなってきて、間違えているのかと不安になってきます。途中からかなり道が悪くり、強烈なオフロードとなります。ジャリ道なんて甘いもんじゃく、尖った石というより岩がゴロゴロと剥き出しになった道を走ります。車がガタガタ揺れ、四駆でも厳しいであろう道を普通のワゴン車で走ります。レンタカーなのでめちゃくちゃ気を使いました(汗)。
 道なき道を走っていくと、やがてしっとりジメジメした空間にたどり着きます。ここからは車を停めて徒歩。いよいよ金作原原生林に入ります。

e0158128_010736.jpg

 この日は晴天だというのにあたりは暗く、写真もストロボが必要なくらい。左右からシダ系の植物が道をアーケードのように覆っています。ひんやりとした空気も手伝って少し不気味。ハブがいるらしいので注意しながら奥へと進みます。

e0158128_0374473.jpg

 映画ジュラシックパークのロケーションにそっくりで、いまにも茂みの中から恐竜が顔を出しそう。実際この森を代表する巨大シダ、ヒカゲヘゴは草食恐竜の餌だったと言われているそうです。

     ヒカゲヘゴの葉↓↓↓
e0158128_020268.jpg

 ここがこの金作原原生林のメインスポットと呼べる場所。ポスターなどにもなっているロケーションです。天にそびえ立つヒカゲヘゴは高さ12mにも及ぶそうです。

e0158128_0212772.jpg

e0158128_0215731.jpg

 真下から見上げた姿。この光景も絵はがきなどになっています。葉っぱの間から木漏れ日が射して、微妙なグラデーションを作り出しています。なんとも神秘的で不思議な気分になりました。

e0158128_0261598.jpg

 他にも亜熱帯独特の植物、オオタニワタリ、リュウキュウウラジロガシ、人の背丈ほどあるクワズイモなど日本本土では見られない植物がいっぱい。クワズイモの大きな葉っぱの下で、妻と娘のツーショット撮影。

e0158128_0322411.jpg

 ここ金作原では、昼間はめったに見ることが出来ないアマミノクロウサギや、絶滅寸前の野鳥ルリカケスなどが住んでいるそうです。

 南の島での不思議な森林浴。道なき道を苦労して来た甲斐はありました。

 そしてまだまだ奄美大島旅行はまだまだ続く。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-20 00:37 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(2)  

奄美大島旅行記 その2

 この日訪れたのは「マングローブの森」
 マングローブとは、海水と淡水が混じる湿地に生育する樹木の総称で、奄美には日本で二番目の規模の原生林があります。場所は住用村の住用湾。空港からだと車で1時間ちょっと南へ走ったところです。役勝川と住用川の2つの河川が合流する広大な干潟で、そこを一面に埋め尽くすマングローブの光景は壮大。ここのマングローブ原生林は、オヒルギとメヒルギというヒルギ科の2つの植物を中心に形成されているそうです。マングローブって木の名前じゃなかったんやね。恥ずかしい話、ここへ来るまで知りませんでした(汗)。

e0158128_2243067.jpg 原生林を見下ろしながら車を走らせると、高台にあるマングローブ茶屋という休憩場所に到着。ここでマングローブ水路をカヌーツーリングさせてもらえます。
カヌーは未経験でしたが、初めてでも簡単に出来るということで皆チャレンジ。
2人乗りのカヌーで、漕ぎ手は中学生の息子に任せて私は終始写真撮影に専念。目線が水面に近く泳いでいるような気分になれます。ゆ〜ったり、の〜んびりとアメンボのように漂い、パドルが水面をかく音だけを聞きながら進む。時々野鳥のさえずりが響く。何とも言えない癒しの時間です。

e0158128_22511622.jpg

e0158128_22535147.jpg

e0158128_2257370.jpg

 しばらく船を滑らせると支流に入って行く水路があります。そこは満潮時以外には水がなく、通ることが出来ないそうです。実は一番の見所はこの支流で、この日は満潮時間を調べた上で訪れました。

         ブルーのカヌーに乗って黒いキャップをかぶっているのが私です。
                       ↓↓↓

e0158128_2302161.jpg

 奥へ奥へと進むと、水路はだんだん狭くなり、辺りはジャングルの様相。頭上を覆い尽くすマングローブトンネルはとても神秘的な空間で、まるで原始時代にタイムスリップしたような気分になれます。

e0158128_237694.jpg

e0158128_23121454.jpg

 一番奥まで進んだときに事件発生。娘と2人でカヌーに乗っていた妻の唇が紫色に。なんと船酔い。「え〜!ありえね〜!自分で漕いでるカヌーで酔うなんて・・・。」 辛そうな妻に向かって思わず叫んでしまいました(笑)。だって、カヌーで船酔いなんて聞いたこともない(笑)。 結局、カヌーで同行していたマングローブ茶屋のガイドの方が、ロープを繋いでけん引して帰ってくれることになりました。

                      けん引される妻のカヌー。
                         ↓↓↓
  
e0158128_234585.jpg

 帰りは水の流れに逆らって進むため結構ハード。私を乗せた息子は汗だくになっていました。ましてや妻と娘の乗るカヌーをけん引してくれているガイドさんは、かなり大変だっただろうと思います。
 この場を借りてお礼申し上げます。

 とにもかくにも奄美大島旅行はまだまだ続きます。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-18 23:52 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(2)  

奄美大島旅行記 その1

 夏休みを利用して奄美大島に家族旅行をしてきました。
 世間では酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕されたり、静岡県で震度6弱の大きな地震があったり、我が兵庫県では台風9号がもたらした豪雨被害で大きな被害が出たりと大変な1週間だったようですが、新聞もテレビも全く見なかった私はそんなことを知る由もなく、仕事からも俗世間からも解放されて南国バカンスを満喫。ときにはそんな時間もいいものです。私の家族4名と妹家族4名、そして71歳のおふくろを加えた総勢9名の大旅行でした。

 奄美大島は鹿児島県の薩南諸島南部にある奄美諸島の主要島。ギリギリ鹿児島県で、沖縄本島のすぐ北に位置し、日本本土を中心とした大和文化と沖縄県と同様の琉球文化が混在する島。あの西郷隆盛が島流しにされたところというのは有名な話ですね。珊瑚礁の海に囲まれた常夏の島で、近年ではサーフィンやダイビングの人気でリゾート化されつつあるものの、手つかずの大自然はまだまだ満載です。

 しばらくの間、自己満足の奄美大島旅行記にお付き合い下さい。

 最初に紹介するのは、島の東北端に位置する「あやまる岬」。奄美空港から車で10分の距離で、手始めに寄るにはもってこいの場所です。お薦めは「奄美大島十景」に数えられている景観。透き通ったエメラルドグリーンの海と珊瑚礁を一望する大パノラマが広がります。あたり一帯の地形が「あや織りなす毬」に似て美しいことからこの名が付いたそうです。

e0158128_22545485.jpg

 高台の駐車場に車を停めて海を感じる方向に歩く。道の両側には芝生が広がり、狭い飛行機内で縛りつけられてた子供たちは大はしゃぎ。ゆるやかな上り坂の前方にはどこまでも青く澄んだ空。その空に向かって歩いて行くと、岬先端と空の間に180度以上に広がる太平洋が見えてくる。海が見えた瞬間、「うわ〜、きれ〜い。」などと超ベタな言葉を発してしまった私でした。
 先頃の皆既日食の際には、この「あやまる岬」にテレビ局の取材や有名芸能人などが多数訪れ、何日も前から場所取りなどが行われたそうです。でもこの日は他の観光客はおらず私たち一行のみ。絶景をひとりじめした気分でした。写真ではイマイチその美しさが伝えにくく残念です。

e0158128_23145615.jpg 次に紹介するのは、奄美大島最北端にある「笠利崎灯台」。あやまる岬からは車で10分ほどのところにあります。海岸にある駐車場から崖に沿って細い道を10分ほど登ると海抜67mの場所に灯台があります。この道はかなりハードです。











 灯台から見る景色は、あやまる岬とは違って豪快さを感じさせる海。島の最北端ということで、左は東シナ海、右は太平洋を見渡すことが出来る300度近い大パノラマ。地球は丸いということを実感できます。柵などはなく崖下を見下ろせば、東シナ海と太平洋の潮が荒々しくぶつかり合い吸い込まれそう。そんな場所でちびっ子たちがはしゃぎ回るので肝を冷やした私でした。

e0158128_2321560.jpg

写真の遠くに見えているのが先に紹介したあやまる岬。残念ながらこのとき通り雨が降ってきたので写真は曇り空。やはり肉眼で見た美しさを写真で伝えるのは難しい。

 そんなこんなで奄美大島旅行はまだまだ続きます。


にほんブログ村に参加しています。
下の応援クリック頂けるとと嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-08-17 23:27 | 鹿児島の史跡・観光 | Comments(2)