カテゴリ:太平記を歩く( 156 )

 

太平記を歩く。 その126 「吉野神宮」 奈良県吉野郡吉野町

桜の名所で有名な奈良県の吉野山にやってきました。

といっても、訪れたのは真夏の7月のことで、桜はまったくありまぜん。

桜の季節は観光客でいっぱいですからね。


e0158128_18403468.jpg

『太平記』における吉野山は、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が足利尊氏の擁立する京の北朝に対して南朝を樹立したところとして重要な場所ですが、『太平記』の描く吉野山はそれだけではなく、巻7「吉野城軍の事」、巻18「先帝吉野潜幸の事」、巻26「正行吉野に参る事」、「吉野炎上の事」、巻34「吉野御廟神霊の事」と、多岐にわたって登場しますので、時系列でめぐっていくのはたいへん難しい。

そこで、ここからしばらくは、時系列から外れて吉野山特集でいこうと思います。


e0158128_18403749.jpg

最初に紹介するのは、吉野山の北西麓付近に鎮座する「吉野神宮」

ここは後醍醐天皇を祭神とする神社で、明治22年(1889年)に明治天皇(第122代天皇)の意向によって創建されました。


e0158128_18404066.jpg

もともとは、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)の勅命により後醍醐天皇の御尊像を吉水院に奉安し、以後、550年間、代々供養が続けられていきましたが、明治になり、吉水院は後醍醐天皇社と改称し、その後、吉水神社と改称されました。


e0158128_18404490.jpg

しかし、明治政府の打ち立てた神仏分離の目的で、別に社地を定めて後醍醐天皇を祭るように指示が出され、ここ吉野神宮の創建に至ったそうです。


e0158128_18404795.jpg

全国にある「建武中興十五社」の一社で、旧社格は「官幣大社」でした。


e0158128_18405068.jpg

拝殿です。


e0158128_18410218.jpg

本殿です。

拝殿の横に並ぶ摂社には、後醍醐天皇の「建武の新政」に功績のあった、日野資朝、日野俊基、児島高徳、桜山茲俊、土居通益、得能通綱などが祀られています。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-19 23:46 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その125 「内山永久寺跡(萱御所跡)」 奈良県天理市

延元元年/建武3年(1336年)12月21日、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は足利尊氏によって幽閉されていた花山院を抜け出し、吉野山新たな朝廷を樹立するに至るのですが、吉野山に向かう道中、大和路の内山永久寺に一時身を隠していたと伝えられます。


e0158128_18181056.jpg

内山永久寺は平安時代後期の永久2年(1114年)に鳥羽天皇(第74代天皇)の勅願により興福寺の僧・頼実が創建したと伝えられ、往時は壮麗な大伽藍を誇ったといわれますが、明治年間の廃仏毀釈より徹底的な破壊を受け、いまはその敷地のほとんどが農地となっています。


e0158128_18181312.jpg

唯一痕跡として残るのが、境内のほぼ中央にあったされる本堂池


e0158128_18181721.jpg

長閑な風景です。


e0158128_18200531.jpg

池の畔にある「内山永久寺記念碑」

裏には「明治廿二年四月建立」とあります。


e0158128_18211595.jpg

その石碑の建つ場所から、説明板のようなものが見えます。


e0158128_18220892.jpg

こちらがその説明板と、江戸時代末期に刊行された「名所図会」の絵図。


e0158128_18231622.jpg

絵図中央に赤く「現在地」の標示があり、その横に大きな池がありますね。


e0158128_18250029.jpg

絵図の池の左隣には、「後醍醐帝萱御所旧跡」と記された一角が確認できます。

ここが、後醍醐天皇が一時身を潜めていたとされる場所ですね。


e0158128_18270029.jpg

現在その跡地には、「萱御所」と刻まれた石碑が建てられています。


e0158128_18270559.jpg

『太平記』巻18「先帝潜幸芳野事」によると、12月21日の夜に花山院を抜け出した後醍醐天皇は、翌22日の夜が明ける前に梨間の宿(城陽市)に入り、そこから張り輿(全体を畳表で張った略式の輿)に乗って白昼の大和路を南下し、夕暮れどきにここ内山永久寺にたどり着きます。

その翌日の23日夜には賀名生(西吉野)に移っていますから、ここ内山永久寺に身を潜めていたのは、わずか一晩、それも、数時間のことだったかと思われます。


e0158128_18270801.jpg

わずか数時間滞在しただけで後世に「萱御所」と称されて石碑まで建っちゃうんですね。

まあ、古代神話時代の天皇明治天皇(第122代天皇)以降の近代の天皇は別として、ほとんどの天皇は一生京の都を離れることなくその生涯を終えられたわけですから、天皇が訪れた地というだけでも、たいへんな事だったのでしょうね。

そう考えれば、後醍醐天皇は比類なきアクティブ天皇だったといえるでしょうか。


e0158128_18284769.jpg

集落の高台に展望台が設置されていたので、上ってみることに。


e0158128_18285040.jpg

文禄4年(1595年)には豊臣秀吉から971石の寺領が与えられ、大和国では東大寺、興福寺、法隆寺に次ぐ待遇を受ける大寺となり、その規模の大きさと伽藍の壮麗さから、江戸時代には「西の日光」とも呼び習わされたそうですが、今はその痕跡はまったく見られず、見渡す限りの農地です。


e0158128_18303641.jpg

池の北側の畔には、松尾芭蕉の句碑があります。

e0158128_18303985.jpg

「うち山やとざましらずの花ざかり」宗房

「宗房」とは、芭蕉の若き日の号だそうで、まだ出生地の伊賀上野に暮らしていた頃の作品だそうです。

この句意にあるように、現在でも春になるとこの池は桜で埋め尽くされるそうです。

今度は桜の季節に訪れてみることにします。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-17 00:28 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(1)  

太平記を歩く。 その124 「花山院邸跡(宗像神社)」 京都市上京区

京都御苑内にある宗像神社を訪れました。

ここは、かつて花山院邸があった場所で、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が、一時幽閉されていた場所です。


e0158128_18054989.jpg

建武の新政が崩壊し、延元元年/建武3年(1336年)10月10日、足利尊氏に降伏した後醍醐天皇は、ここ花山院に幽閉されることになります。

ここで天皇は厳しく監視され、これまで従っていた側近たちは引き離され、接触できるのは女房達だけだったといいます。


e0158128_18055225.jpg
e0158128_18055787.jpg

11月1日、ここで後醍醐天皇と足利尊氏の会見が行われます。

尊氏の要求は、三種の神器の引き渡しでした。

尊氏は8月に持明院統光明天皇(北朝第2代天皇)を即位させており、その正当性を得るためにも、三種の神器が必要だったわけです。


e0158128_18060155.jpg

そこで、尊氏は次の天皇には後醍醐天皇の皇子の成良親王を即位させることを約束します。

この条件を後醍醐天皇は受け入れ、三種の神器を光明天皇に引き渡しました。

しかし、実はこの三種の神器は偽物でした。

天皇は尊氏を信用していなかったんですね。


e0158128_18060531.jpg

12月21日、後醍醐天皇はわずかな供を従えて花山院を抜け出し、かつて大塔宮護良親王が挙兵した吉野へと向かいました。

吉野へと落ちのびた後醍醐天皇は、その地で新たな朝廷を樹立します。

これが吉野朝廷、いわゆる南朝ですね。

これにより、尊氏が立てた光明天皇の朝廷は北朝となります。

かくして南北朝の争乱がはじまったわけです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-16 01:42 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その123 「尊良親王墓所」 京都市左京区

金ヶ崎城の戦いで自害した尊良親王が、紅葉の名所として知られる京都の禅林寺(永観堂)の近くにあると知り、訪れました。


e0158128_17525654.jpg

尊良親王は後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の皇子で、『太平記』『梅松論』などには「一宮」と記されていることから、後醍醐天皇の数多い皇子のなかで最初に生まれた皇子と考えられています(大塔宮護良親王の方が先という説もあり)。

母は権大納言二条為世の娘・為子で、宗良親王が同母弟と伝わります。

幼いころに母を亡くしたこともあってか、幼少期は後醍醐天皇の側近・吉田定房に養育されました。


e0158128_17530000.jpg

元弘の乱では父帝とともに笠置山に赴くも、敗れて父と共に幕府軍に捕らえられ、土佐国に流されました。

鎌倉幕府滅亡後に京に戻った尊良親王でしたが、足利尊氏が鎌倉で反旗を翻すと、新田義貞・脇屋義助兄弟と共に討伐軍を率いますが、箱根・竹ノ下の戦いで敗北し、京へ撤退。

その後、足利尊氏が京を占領すると、幼い恒良親王とともに新田義貞に奉じられて越前国に落ち、約半年間におよぶ金ヶ崎城での籠城戦のすえ、義貞の息子・新田義顕や他の将兵らとともに自害して果てます。

享年27

尊良親王の最期については、「その110」「その111」で詳しく紹介しています。


e0158128_17531151.jpg

金ヶ崎城にて自害した尊良親王のは、京都禅林寺(永観堂)の住職・夢窓国師のもとへ送られ、葬礼のあと、この地に埋葬されたと伝わります。

つまり、ここは首塚ということですね。


e0158128_17531766.jpg

『太平記』には、尊良親王の死を知ったその后・御匣殿(みくしげどの)の深い悲しみが描かれています。

その信憑性については定かではありませんが、『太平記』によると、御匣殿には別の婚約者がいたにもかかわらず、彼女に一目惚れした尊良親王は1000通におよぶ熱烈ラブレターを送り続け、やがて自分の后にしてしまったという馴れ初めが描かれています。

今流行のゲス不倫ですね(婚約だけだから不倫にはならないかな)。

しかし、二人の幸せな結婚生活は元弘の乱以降の戦乱によって終わりを告げます。

そのときの逸話は「その9」で紹介しています。


e0158128_17533339.jpg

尊良親王の死を知って深い悲しみに打ちひしがれた御匣殿は、嘆き苦しんだ末にになり、親王の四十九日も済まない間に、その後を追うように亡くなってしまったと『太平記』は伝えます。

この話は「金ヶ崎恋物語」として後世に広く知られるようになりますが、一方で、『太平記』と同じ時代に成立した『増鏡』によると、御匣殿は元弘の乱時には既に亡くなっていたと伝えます。

どちらが事実はわかりませんが、『太平記』の伝承のほうが、ドラマチックでいいですよね。


e0158128_17533770.jpg

そんな劇的な生涯を歴史に刻んだ尊良親王の墓所の前の道が、あろうことか附近のゴミステーションになっていました。

これ、なんとかならないのかなぁ・・・。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-15 01:40 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その122 「新田義貞首塚(滝口寺)」 京都市右京区

新田義貞の墓所は「その120」で紹介した福井県坂井市の称念寺にありますが、あちらの墓は胴塚で、京都嵯峨野にある小さな山寺・滝口寺の境内に、義貞首塚と伝わる墓石があります。


e0158128_17352260.jpg

境内入口です。

中央にNO PHOTOと書かれた立て札がありますが、これは、参拝料を払わない人は撮影禁止という意味で、ちゃんとお金を払ったわたしは撮影オッケーです。


e0158128_17411625.jpg

この苔むした墓碑が、新田義貞の首塚だそうです。


e0158128_17412076.jpg

燈明寺畷自刃した義貞の首は、越前国守護の斯波高経によって検められたあと、すぐさま京に運ばれ、都大路を引き回されたのち、陽明門近くに晒されたそうです。

それを見た義貞の最後の妻・勾当内侍は泣き崩れ、その日のうちに髪を剃り落して尼となり、かつてこの地にあった往生院で余生を義貞の菩提を弔うことに費やしたといいます。


e0158128_17412353.jpg

『太平記』が伝えるのはそこまでで、その後、晒された義貞の首がどうなったかは伝えられていません。

ここ滝口寺に伝わる伝承によれば、晒された義貞の首を妻の勾当内侍が盗み出し、秘かにこの場所に葬ったといいます。


e0158128_17412681.jpg
e0158128_17413032.jpg

たしかに、この説は真実味がありますよね。

足利尊氏は信心深い人で、一旦は晒した楠木正成の首を河内の親族の元に丁重に送り返したり、あれだけ確執があった後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)の死後、その菩提を弔うために天龍寺を建立したりしています。

そんな尊氏が、最大のライバルだった義貞の首を、そのまま捨て置くとは思えないですよね。

もし、その妻が盗み出して葬ったとあらば、それが発覚したとしても、尊氏は見て見ぬふりをしていたんじゃないかと。


e0158128_17413407.jpg

義貞の墓所の側には、その妻の勾当内侍の供養塔があります。

勾当内侍は公家の出で、後醍醐天皇によって義貞のもとに降嫁されたと伝わります。


e0158128_17413825.jpg

『太平記』では、義貞の最期をこう評します。


「此の人、君の股肱として、武将の位に備わりしかば、身を慎み命を全うしてこそ、大儀の功を致さるべかりしに、自らさしもなき戦場に赴いて、匹夫の鏑に命を止めし事、運の極めとは云いながら、うたてかりし事共也」


「うたてかりし」とは「情けない」といった意味だそうで、要訳すると、

「身を慎んで行動すべきであったのに自ら取るに足らない戦場に赴いて、名もない兵士の矢で命を落とした。運が悪いというより、軽率である」

といった感じでしょうか?

つまり、「犬死」だとい言っています。

かなりの酷評ですね。


e0158128_17433018.jpg

新田義貞も足利尊氏も、源氏の中興の祖である源義家を祖先にもつ家系で、いわば同族でした。

共に鎌倉幕府瓦解の立役者であり、ライバル関係だった義貞と尊氏でしたが、建武の新政以後、朝廷に対して反旗を翻した尊氏を討伐する目的で官軍を率いたはずの義貞が、最期は足利氏から朝廷に抗う反乱軍というレッテルを貼られてしまい、無念の死を遂げてしまいます。

そんな義貞に対する後世の評価は微妙で、戦には強かったものの、鎌倉陥落後に大勢の武士に見限られたり、九州へ追い出した尊氏を追撃できなかったりしたことから、時代の趨勢が読めなかった武将とか、機を見るに敏という能力が足りなかったなど、その器量、能力に対しては酷評気味です。

同じく一貫して後醍醐天皇方に与して討死した楠木正成英雄扱いを受けているのに対し、なぜ義貞は微妙な評価になっちゃったんでしょうね。

客観的に見て、鎌倉幕府滅亡にもっとも尽力したのは義貞だったと思いますし、建武の新政以後、尊氏が反旗を翻したあとも、最も長く、足利方と互角に戦ったのは義貞でした。

後世の評価は、ちょっと、気の毒な気がしないでもないですね。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-13 23:37 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その121 「藤島神社」 福井県福井市

福井県福井市の足羽山にある藤島神社を訪れました。

ここの主祭神は新田義貞で、副祭神は弟の脇屋義助、息子の新田義顕・新田義興・新田義宗

「建武中興十五社」の一社で、旧社格は「別格官幣社」でした。


e0158128_20081454.jpg

「別格官幣社」とは、国家のために功労のあった人臣を祭神とする神社のことで、明治5年(1872年) に神戸の湊川神社が定められたのに始まり、昭和21年(1946年)に社格が廃止されるまで、日本全国に28社ありました。


e0158128_20114589.jpg

朱塗りの大鳥居をくぐると、長い石段が続きます。


e0158128_20114817.jpg

境内には車でも行けるのですが、ここはあえて石段を登ります。


e0158128_20141386.jpg
e0158128_20141631.jpg

藤島神社の創建は明治時代に入ってからだそうで、それほど古い神社ではありません。

「その119」で紹介した「燈明寺畷新田義貞戦歿伝説地」に初代福井県知事が明治3年(1870年)に祠堂を作ったのが始まりで、明治9年(1876年)に「藤島神社」と名付けられ、その後、明治34年(1901年)にこの地に移り、現在に至ります。


e0158128_20142072.jpg

拝殿です。


e0158128_20164714.jpg

明暦2年(1656年)、義貞が自刃したと伝わる燈明寺畷を耕作していた百姓の嘉兵衛が偶然にを掘り出し、芋桶に使っていたところ、福井藩の軍学者・井原番右衛門がこれを目にし、象嵌や「元応元年八月相模国」の銘文から新田義貞着用のものと鑑定します。

その冑が、ここの神社に祀られいるというのですが・・・。


e0158128_20185853.jpg

ああ、あった!・・・たぶんこれかな?

ただ、無粋なことをいえば、この冑、現在の研究では戦国時代のものと鑑定されているそうです。


e0158128_20190205.jpg

新田氏家紋入り旗印


e0158128_20190528.jpg

この甲冑も、なんか新田氏と関係あるのでしょうか?

説明板がないので、わかりません。


e0158128_20200850.jpg

藤島神社は足羽山の北東麓にあるため福井市街が一望に出来ます。

気持ちのいい朝の景色でした。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-11 23:30 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その120 「新田義貞墓所(称念寺)」 福井県坂井市

前稿で紹介した燈明寺畷新田義貞戦歿伝説地から8kmほど北上した坂井市にある称念寺に、新田義貞の墓があります。


e0158128_19394745.jpg
e0158128_19395197.jpg

山門の横には、「新田義貞公墓所」と刻まれた大きな石碑が。


e0158128_19410962.jpg

広い境内です。


e0158128_19441098.jpg

境内には、かつて「近衛中将新田義貞公贈位碑」と刻まれていた大きな石碑があるのですが、上の方の「近衛」の部分が欠けてしまっています。


e0158128_19441413.jpg

これは、昭和23年(1948年)に発生した福井地震の際に折れてしまった跡だそうで、その後も修理されることなくそのままになっているそうです。


e0158128_19471953.jpg

石碑の建つ場所から左(北)に目を向けると、境内の一画に森のような場所があり、そこに廟所と思われる唐門が見えます。


e0158128_19472282.jpg

ここが、新田義貞の墓所。

まるで天皇陵のような厳かさです。


e0158128_19532004.jpg

廟所のなかにある墓です。


e0158128_19532481.jpg

燈明寺畷で自刃した義貞の首は、すぐさま小黒丸城の斯波高経のもとに届けられますが、討ち取った敵兵は、その首が誰のものであるのがわからなかったといいます。

ところが、高経が首実検をしたところ、所持していた刀などから義貞の首と判明し、すぐさま時宗の僧8人を戦地に派遣して首なしの遺骸を収容し、ここ称念寺に運ばれて葬儀が行われたそうです。


e0158128_19532838.jpg

その後、義貞の首は朱の唐櫃に納められ、京の足利尊氏のもとに送られます。

そして都大路を引き回されたのち、陽明門近くに晒されたそうです。

ということは、つまり、ここ称念寺の墓は首なしの胴塚ってことですね。


e0158128_19533123.jpg

時代は下って江戸時代になると、徳川将軍家の先祖は新田義貞ということで、称念寺を大切に保護しました。

元文2年(1737年)には義貞の400回忌を行い、幕府は白銀100枚を寄進したと『徳川実記』に記されているそうです。

現在の墓石は、天保8年(1837年)の義貞500回忌の際に、福井藩主・松平宗矩が建立した高さ五輪石塔で、高さ約2.6mあります。


e0158128_19544216.jpg

墓石の裏手にある顕彰碑(?)です。

古くてところどころしか読解できませんが、最後に「天保十年」という文字が確認できます。

五輪石塔が建てられた2年後ですね。


e0158128_19591148.jpg

墓所とは別に、境内には義貞を慰霊する宝篋印塔もあります。


e0158128_19572103.jpg

詳しくはわかりませんが、「昭和十年七月」と刻まれており、おそらく昭和10年(1935年)に日本全国で行われた建武の中興600年祭に際して建てられた供養塔でしょう。


e0158128_20015161.jpg

あと、ここ称念寺は若き日の明智光秀ゆかりの地としても知られ、その伝承にまつわる松尾芭蕉の歌碑があるのですが、『太平記』とは関係ないので、また別の機会に。


e0158128_20015431.jpg

義貞の死は、南朝方にとっては決定的な打撃となり、その死後、義貞の息子らも戦乱に斃れ、時世は徐々に南朝方の劣勢へと傾いていくことになります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-09 23:12 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その119 「燈明寺畷新田義貞戦歿伝説地」 福井県福井市

福井市にある新田義貞戦没地と伝わる地を訪れました。

このあたりはかつて燈明寺畷といい、「燈明寺畷新田義貞戦歿伝説地」として大正13年(1924年)に国の史跡に指定されています。


e0158128_18524479.jpg


敷地は公園整備されていて誰でも入れますが、一応、入口には門扉があり、厳かな雰囲気が漂います。


e0158128_18524793.jpg

門扉には、新田氏家紋の「一つ引」が。


e0158128_19140556.jpg

前稿、前々稿でもふれましたが、延元3年/建武5年(1338年)7月2日、足利方の大将・斯波高経が籠っていた小黒丸城を包囲していた新田義貞は、別動隊が攻めていた藤島城がいつまでも落城しないため、わずか50騎を従えて偵察に向かいます。


e0158128_19165508.jpg

ところが、同じく藤島城に加勢するため小黒丸城からも高経の重臣・細川出羽上鹿草彦太率いる300騎が出動しており、義貞率いる50騎とこの地で遭遇します。

事態はたちまち遭遇戦となりますが、、斯波方は援軍目的の出撃だったため弓矢の備えも十分であったのに対し、義貞方は偵察目的だったため武具の備えも不十分で、加えて兵力差も歴然としており、義貞方の兵は次々に敵の矢に倒れます。

やがて義貞も流れ矢眉間に刺さり、あっけなく討死します。


e0158128_19282890.jpg

『太平記』巻20「義貞自害事」は、このときの様子をこう伝えます。


「白羽の矢一筋、真向のはづれ、眉間の真中にぞ立たりける。急所の痛手なれば、一矢に目くれ心迷ひければ、義貞今は叶はじとや思けん、抜たる太刀を左の手に取渡し、自ら頚をかき切て、深泥の中に蔵して、其上に横てぞ伏給ひける。」


e0158128_19283204.jpg

致命傷を負った義貞は観念し、自らを太刀で掻き切り、その首を深い泥の中に隠してその上に倒れたというのですが、眉間に矢が刺さったら、ほぼ即死だと思いますし、自分の首を自分で掻き切って隠すなんて、あり得ないというか・・・。


e0158128_19283609.jpg

また、『太平記』によると、敵兵に遭遇した際、義貞の家臣・中野藤内左衛門宗昌が、「千の弩は為廿日鼠不発機(千鈞もある石弓は、ハツカネズミ(けい鼠)を捕るために使用しない)」と言って義貞に落ち延びるよう誓願したといいます。

つまり、「総大将はこの程度の戦いに参戦してはいけない」という意味ですね。

しかし義貞は、「失士独免るゝは非我意。(部下を見殺しにして自分一人生き残るのは不本意)」と言って宗昌の願いを聞き入れなかったといいます。

一見、義貞の行動は義に篤い武士道ともとれますが、『太平記』は、義貞の行動は軽率で、「身を慎んで行動すべきであったのに自ら取るに足らない戦場に赴いて、名もない兵士の矢で命を落とした」と、その死を「犬死」と評しています。

かなりの酷評ですね。


e0158128_19283903.jpg

時代は下って明暦2年(1656年)、この地を耕作していた百姓の嘉兵衛が偶然にを掘り出し、芋桶に使っていたところ、福井藩の軍学者・井原番右衛門がこれを目にし、象嵌「元応元年八月相模国」の銘文から新田義貞着用のものと鑑定。

その4年後には「暦応元年閏七月二日 新田義貞戦死此所」と刻んだ石碑を建て、以後、この地は「新田塚」と呼ばれるようになりました。

現在のこのあたりの住所も、福井県福井市新田塚町といいます。


e0158128_19284274.jpg

ただ、その出土した冑は、現在の研究では戦国時代のものと鑑定されているそうです。

現在は新田一族を祀る藤島神社が所蔵しています。


e0158128_19284778.jpg

大将を失った新田軍3万は一夜にして雲散霧消し、残った兵は僅か2000

弟の脇屋義助は府中(武生)へと兵を退かざるを得ませんでした。

この顛末をみると、やはり義貞の行動は軽率だったかもしれません。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-08 00:48 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その118 「藤島城跡(超勝寺)」 福井県福井市

前稿で紹介した小黒丸城跡から7kmほど東にある藤島城跡を訪れました。

現在は超勝寺という寺院が立ちます。


e0158128_18383480.jpg

ここも、越前国守護の斯波高経が築いたといわれる足羽7城のひとつと伝わります。


e0158128_18383836.jpg

山門の横には「藤島城址」と刻まれた石碑と、説明板が設置されています。


e0158128_18384210.jpg

『太平記』巻20にある「足羽七城の戦い」の中心となったのが、小黒丸城とここ藤島城でした。

小黒丸城には足利方の大将・斯波高経が籠って全軍の指揮を執り、ここ藤島城には、一度は新田軍に味方しながら足利方に寝返った平泉寺衆徒籠っていました。

新田義貞は軍勢を分けて足羽7城を攻めますが、7城の巧妙な連携体制の前に攻めあぐね、戦いは長期化します。


e0158128_18412816.jpg

新田軍の出陣から3ヵ月が過ぎた延元3年/建武5年(1338年)7月2日、小黒丸城を包囲していた義貞は、別動隊が攻めていたここ藤島城がいつまでも落城しないため、わずか50騎を従えて偵察に向かいます。

ところが、その道中、同じく藤島城に加勢するために出動した足利方の軍勢300騎と出くわし、行き当り遭遇戦の末、討死します。


e0158128_18413473.jpg

超勝寺境内には、藤島城の遺構の一部と云われる土塁跡が僅かに残っています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-07 13:12 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

太平記を歩く。 その117 「小黒丸城跡」 福井県福井市

日野川の戦いに勝利した新田義貞軍は、越前国府を占領します。

『太平記』では、この報が越前国中に伝わると、足利方の73の出城が降伏を申し出たと伝えます。

気運に乗った義貞は、越前国を完全掌握するため北上。

足利方で越前国守護の斯波高経の籠る小黒丸城を包囲します。


e0158128_18304464.jpg

現在、小黒丸城は住宅地田園のなかに石碑が立つのみで、遺構などは残っていません。


e0158128_18304883.jpg

小黒丸城は黒丸城ともいい、足利方の足羽7城のなかの本城とされています。

足羽7城は諸説ありますが、勝虎城、藤島城、波羅蜜城、安居城、江守城、北庄城、そしてここ小黒丸城のことをいいます。


e0158128_18305239.jpg

『太平記』巻20によると、延元3年/建武5年(1338年)5月2日、新田義貞は自ら6千余の兵を率いて府中に出陣し、足羽7城への攻撃を開始しました。

しかし、小黒丸城は容易には落ちません。


e0158128_18305686.jpg

高経の築いた足羽7城は実に巧妙な連携体制が整えられていたといわれ、ひとつの城を攻撃すると、他の城から出撃した兵が背後を襲う陣形になっており、戦いは一進一退を繰り返しながら長期化します。


e0158128_18305910.jpg

そして3ヵ月が過ぎた閏7月2日、ここ小黒丸城を包囲していた義貞は、別動隊が攻めていた藤島城がいつまでも落城しないため、わずか50騎を従えて偵察に向かいます。

その道中、足利方の軍勢に出くわし、討死するんですね。


e0158128_18310372.jpg
e0158128_18310732.jpg

小黒丸城跡と夕日です。


e0158128_18311072.jpg

義貞の死の翌年、弟の脇屋義助が再び挙兵して小黒丸城を攻めると、斯波高経は黒丸城を捨てて加賀へ逃れたといい、その後、小黒丸城は廃城となります。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

by sakanoueno-kumo | 2017-09-06 13:18 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)