<   2008年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

また来年、三浦にやられる。

FA三浦、横浜に残留 30日に正式に表明

阪神タイガースの三浦大輔投手獲得が破談になったようです。
非常に残念、とても残念、めちゃめちゃ残念。
阪神ファンの私としては、かなりショックです。
三浦投手に弱い阪神としては、彼を獲得することで彼の力以上のメリットがあったのに・・・。
でも、三浦投手にしてみれば、お得意さんの阪神と対戦出来なくなるのはデメリットともいえたわけで、賢い判断だったかもしれませんね。
来シーズンはお手柔らかに・・・。

以下、記事本文引用
*****************************************************************
FA三浦、横浜に残留 30日に正式に表明
 横浜からフリーエージェント(FA)宣言し、残留か阪神移籍かで注目されていた三浦大輔投手(34)が、横浜に残留する意思を両球団に伝えたことが29日、分かった。阪神の沼沢正二球団本部長は同日、大阪市内で「よい返事は得られなかった」と明かした。三浦は30日午後に横浜市内の球団事務所で記者会見を行い、正式に残留を表明する。

<三浦大輔>横浜残留が決定 阪神に電話で断る 横浜からフリーエージェント(FA)宣言した三浦大輔投手(34)の残留が29日、決まった。交渉を行っていた阪神に同日、三浦が断りの電話を入れた。三浦は30日、横浜市内の球団事務所で記者会見を開き、残留を正式に表明する。

 三浦は17日にFA権の行使を宣言。移籍、残留の双方を視野に入れながら、獲得に名乗りを挙げた阪神と、残留を求める横浜との間で交渉を行ってきた。三浦は「(移籍か残留かは)五分五分」との姿勢を貫いてきたが、最終的には、残留を強く訴えるファンや球団の声に応え、17年間プレーした横浜への残留を決断した模様だ。横浜とは、3年で9~10億円の契約になると見られる。

 三浦は92年、奈良・高田商高からドラフト6位で大洋(現横浜)入り。98年に12勝(7敗)を挙げ、日本一に貢献した。05年、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得。17年間の通算成績は124勝122敗、防御率3.51。(金額は推定)【

by sakanoueno-kumo | 2008-11-29 23:17 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

WBC参加辞退について

星野SD WBC参加辞退の中日に苦言
様々な意見があるようです。
星野仙一氏の言うことも理解できますが、選手たちを辞退させた中日ドラゴンズと落合博満監督の考えも間違ってはいません。
現在、ケガをしている選手は辞退も仕方がないですが、では、WBCに出場してケガした場合、その選手はどうなるのでしょう?
それでも出場したいと思えるほどのメリットが選手側になければ、消極的になる理由もわからなくもありません。
イチロー選手は「この大会を世界一決定戦として育てていく」とも話していますが、たいへん立派な発言だとは思いますが、すべての野球選手に同じ思いを求めるのは酷かもしれません。
すべてのサッカー少年が将来ワールドカップ出場を夢見るように、野球ファンとしては、WBCがそういう大会となっていくのを期待しますが、いろんな意味で時間が掛かりそうですね。

以下、記事本文引用
****************************************************************
星野SD WBC参加辞退の中日に苦言
 北京五輪日本代表監督でWBC体制検討会議メンバーの阪神・星野仙一SD(61)が27日、日本テレビの報道番組「ZERO」に生出演し、日本代表候補入りした古巣・中日の5選手が出場を辞退したことについて苦言を呈した。

 侍ジャパンの候補に辞退者が続出していることについて「出たくないものは出さなくていい。野球に対する感謝やファンのためを考えれば出たいはず」とキッパリ。中日の選手が来季への調整不安などを辞退の理由としていることに対しては「ケガはしようがないが調整に自信がないとか、1年しか経験がないというのは…だから経験させる。前向きな気持ちがないと。中日ファンは寂しがるのではないか。ファンのことをまず考えないと」と語気を強めた。

 また、国際大会に対する日本野球機構(NPB)の規則整備の必要性を訴え「コミッショナーに強い発言権を与えるべき」と持論を展開した。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-28 10:19 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

篤姫にはハマっています。

NHK大河ドラマ「篤姫」がいよいよクライマックスに向かっています。
来週48話が「無血開城」ということで、残り2話でどこまで話をもっていくのか楽しみです。
薩摩藩中心の幕末維新史ですから、西南戦争まで描いて欲しいと私は思うのですが、いかがなものでしょう。
「篤姫」は幕末史の人物としては脇役。
このドラマの製作発表のとき、本来大河ドラマの主役になる人物ではないし、主演の宮崎あおいさんのこともよく知らなかったので、あまり期待していませんでした。
脇役を主役にして、1年間もつのだろうか・・・と。
しかしなんのなんの、1年間めちゃめちゃ楽しませていただきました。
来年は「天地人」。
これまた本来脇役の直江兼続にスポットがあたります。
はっきりいって期待していませんが、以外に楽しめるかもしれません。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-26 16:15 | 篤姫 | Trackback | Comments(0)  

裁判員制度に向けて

高裁は2児殺害の母に執行猶予 裁判長「同情禁じ得ない」
来年から始まる裁判員制度。
この種の事件はその対象になるのでしょうね。
私としては、被告に同情はするものの、
執行猶予付きの判決はいかがなものかと思います。
意見は真っ二つに分かれるでしょうね。
こんな場所では好き勝手なコメントを発言できますが、
実際、パニック障害や自閉症に対する専門的な知識があるわけではない人の一般市民が、
自分の主観でこのような事件を裁けるものではないように思います。
本当にうまくいくのでしょうか・・・。


以下、記事本文引用
********************************************************
高裁は2児殺害の母に執行猶予 裁判長「同情禁じ得ない」
 広島県福山市で育児の悩みから自閉症の長男ら幼児2人を絞殺したとして殺人罪に問われた泉ひろみ被告(36)の控訴審判決で、広島高裁は25日、1審判決(懲役6年)を破棄、懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。楢崎康英裁判長は、自らパニック障害を抱えながら熱心に育てていた被告が「将来への不安などから生きる気力を失い、子どもを殺すしかないと決意」と指摘。「経緯に同情を禁じ得ず、1審判決は重すぎる」と述べた。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-25 17:35 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)  

ドリームチームの一角崩れ

松井秀はWBC不参加 ヤンキースGMが明言

松井秀喜選手にとっては強制的に不参加になって良かったんじゃないでしょうか。
選手にとって体は資本。
故障をおしてまで出場する必要はありません。
ここで無理をして、今後の選手生命に影響が出ても、誰も面倒は見てくれないのですから・・・。
義理がたい彼のことですから、原監督からの要請とあらば自ら断りきれなかったのでは・・・。
ただ野球ファンとしては、松井秀喜とイチローが揃った本当のドリームチームを、見てみたかったですけどね。
007.gif

以下、記事本文引用
*********************************************************
松井秀はWBC不参加 ヤンキースGMが明言
 【ニューヨーク24日共同】米大リーグ、ヤンキースのブライアン・キャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)は24日、松井秀喜外野手のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)不参加は球団の決定事項であることを明らかにした。WBCの規定により、今季の故障者リスト(DL)に45日間以上入った選手の出場には所属球団の許可が必要。松井秀本人の意思に関係なく出場の可能性は事実上消えた。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-25 16:00 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

プロなんだから

WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

北京以降、球界全体のモチベーションが下がっている気がしますね。
選手達の本音が見えてきている様子です。
王貞治氏は苦言を呈していたようですが、辞退する選手の気持ちもわからなくもないです。
実際、消極的になるのも無理はないんじゃないかと・・・。
彼らもプロなんだから精神論では限界があるのではないでしょうか?
プロである以上、彼らの野球はビジネス。
出場するからには、何らかのメリットを考えてあげなければならないと思います。
一番わかり易いのは報酬でしょうが、他にも、たとえばWBCでもし怪我した場合の保証とか・・・。
本気で今後WBCを盛り上げていこうと思うのならば、参加選手の負担にならない策を、プロ球界全体で考えていかなければならないんじゃないでしょうか。


以下記事本文引用
***********************************************************************
WBC主力級含めた辞退「最強軍団」構想に暗雲

 来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表問題で21日、主力級を含め複数の辞退者が出たことが判明。「団結して最強軍団を作りたい」と代表監督就任会見で話した原監督の狙いは、スタートでつまずいた。山田投手コーチは「(辞退者に)我々もがく然とした」と言い、頼りにしていた投手の一人に辞退者が出たため「構想が崩れた」と嘆いた。

 大会は開幕直前の3月開催。長丁場のシーズンを考慮すれば、故障を恐れ、消極的になるのも理解できる。中日から辞退者が出たとみられるのも、今夏の北京五輪の影響があるからだろう。中日の白井文吾オーナーは、コンディション不良のまま五輪に参加し、その後のペナントレースで思うようなプレーができなかった森野や川上を例に挙げ、「五輪後遺症はきつかった」と振り返った。

 しかし、理由を明示せず、ただ辞退というのはいかがなものか。原監督によると、ある球団は候補者全員が辞退し、その球団の別の選手に要請したところ、また断ってきた。そこまでくると、チームとして何らかの力が働いているとみられても仕方あるまい。

 王貞治コミッショナー特別顧問は「日本の野球界すべてが参加する意識を持つ」ことの重要性を説いた。球界のまとまりを欠いた状態では、大会2連覇など夢に終わってしまいかねない。【村田隆和】

by sakanoueno-kumo | 2008-11-22 03:28 | プロ野球 | Trackback | Comments(2)  

「テロ?」それとも「天誅?」

<元次官宅襲撃>一夜明け厚労省厳戒

まずは、山口氏ご夫妻のご冥福をお祈りすると共に、吉原氏の奥様の一日も早いご回復を願っています。

昨日より報道されている「テロ」という言葉に違和感を感じる。
厚労省(旧厚生省)の数々の不始末に対する世間の感情からいうと、不謹慎かもしれないが、「天誅」という言葉になるかもしれない。
もちろんこの犯罪を肯定するつもりは全くないし、ましてや奥様まで被害に遭われていることは許しがたいことだが・・・。

ウィキペディアから引用
●テロリズム
一般に恐怖心を引き起こすことにより、特定の政治的目的を達成しようとする組織的暴力行為、またはその手段。暴力と恐怖を活用することで大衆世論を支配する手段。
●天誅
天罰の名目をもって人を殺めること。元は天に代わって誅伐を下すという略語。

以下、記事本文引用
*************************************************************************
<元次官宅襲撃>一夜明け厚労省厳戒 
元厚生事務次官宅での連続襲撃事件を受け、歴代次官の自宅周辺で警察による厳重な警戒が始まった。「撮影はお断り」。19日朝、取材に応じた元次官は顔が公開されることを恐れて声を荒らげた。「連続テロ」を警戒する東京・霞が関の厚生労働省でも入館者の手荷物検査が始まり、ものものしさが漂った。

*************************************************************************
宅配業者装う同じ手口 山口元次官宅玄関に印鑑
 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺害されたさいたま市の山口剛彦さん夫妻宅の玄関に、山口さん名義の印鑑が落ちていたことが19日、埼玉県警の調べで判明。犯人は宅配業者などを装って玄関を開けさせた可能性があり、東京都中野区の元次官の妻吉原靖子さんが刺された事件と同じ手口だったとみられる。埼玉県警と警視庁は同一犯による連続テロの可能性が高まったとみている。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-19 14:45 | 時事問題 | Trackback | Comments(4)  

阪神三浦誕生か?

阪神に入れ!FA三浦の父が“凱旋”後押し

三浦大輔投手の阪神入りがにわかに取りざたされています。
来てほしいですねぇ〜阪神に・・・。
阪神は三浦を苦手としていましたから、これで横浜への取りこぼしが少なくなります。
阪神にとっては一石二鳥の買い物ですね。
でも、阪神をお得意さんにしていた三浦投手だけに、阪神に入ってしまったらどうなるんでしょう?
三浦投手にとってプラスになるのかな?

以下、記事本文引用
***************************************************************************
阪神に入れ!FA三浦の父が“凱旋”後押し

 横浜の三浦大輔投手(34)が17日、「年齢的にも他球団の話を聞けるのは最後。手を挙げて、話があれば聞いてみたい」とフリーエージェント(FA)権の行使を表明した。「気持ちは五分五分」と移籍も視野に入れる右腕に対して阪神が獲得に乗り出すのは確実で、「ハマの番長」の決断が注目される。

 「年齢的にも、他球団の話を聞ける最後のチャンス。(FA)しないで後悔するよりは、手を挙げて話を聞いてみて、それでしっかり考えたい。(移籍と残留の)気持ちは、五分五分です」

 17年間在籍した横浜への愛着は、もちろん深い。当初は行使せずに残留する可能性もあった。しかし、昨オフに9人の職員が退団し、球団に対する不信感もぬぐいきれなかった。6年契約が切れる今オフは、4度の残留交渉も不調。ついに権利行使に踏み切った。

 「自分の中では移籍という道も、残留という道もあります」

 あくまで残留の選択肢を残したが、過去のFAで移籍前提に他球団と交渉し、“元サヤ”に収まったのは、2002年に近鉄から宣言した中村紀洋(現中日)のみ。このときは阪神、巨人も参戦した日米争奪戦となったが、メジャー側のフライング報道から、急転残留となった異例のケースだった。

 獲得方針を固めている阪神移籍と残留との2者択一となりそう。奈良出身で、幼少からの虎ファン。今季まで指揮を執った岡田彰布前監督(50)は、少年時代からの付き合い。大阪市内で生花店を営む父・克之さんは、私設後援会「岡田会」の会員だった。虎との深い縁。一報を聞いた父も「親がどうこういってもしゃあない」と前置きしつつも、胸を踊らせる。

 「阪神に入ればいいんやろうけどね。近くにおったら、孫の顔も見られるし。今のところ、(獲得の姿勢を見せているのは)阪神ぐらいでしょ。決まったら『頑張れよ』ということだけです」

 甲子園で登板するときはほとんど駆けつけたという。阪神戦は今季12試合のうち5試合に登板したが、聖地では2試合。本拠地となれば72試合に増える。来年からは、もっと多くのマウンドを見られる予感がする。息子の決断に、温かい視線を送った。

 「話は全部聞きたいですし、それを踏まえてもう一度、じっくりと考えて決めたい」

 三浦は熟考の姿勢を強調するが、虎のラブコールに加え、“凱旋”を願う父の思いは何よりも強く背中を押すはず。『ハマの番長』から『虎の番長』へ-。地元関西からの“熱風”に、心のベクトルが大きく揺れ動く

by sakanoueno-kumo | 2008-11-18 17:36 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

女子高生ナックルボーラー吉田

Excite エキサイト : スポーツニュース

テレビ・ラジオ等でもかなり話題を集めているようです。
関西独立リーグの広告塔になりそうですね。
実際の実力はどうか楽しみです。
わたしは、休日に小学生相手に少年野球の指導者をしています。
子供が少ない昨今、どこのチームも昔に比べて人数が少なくなり、女の子がレギュラーで試合に出場している場合も珍しくありません。
試合に出られれば楽しくなり、当然上達もします。
これから先、こういう女の子がたくさん出てきても不思議ではないでしょうね。
でも、中学以降、女の子が野球を続けるにはあまりにも受け皿が少ないのが現状です。
ソフトボール部に入るか、野球をやめてしまうか・・・。
野球を続けたい女の子にすれば、諦めざるを得ない場合が多く、かわいそうですね。
吉田さんの今後の活躍次第では、そんな女の子たちの道が新しく出来るかもしれません。

頑張ってほしいですね。

以下、記事本文引用
****************************************
e0158128_15482717.jpg 来年4月に開幕する関西独立リーグのドラフト会議が16日、大阪市内で行われ、吉田えり投手(16=川崎北2年)が神戸に7位で指名された。今月下旬に仮契約を交わす予定で、男子プロと一緒にプレーする史上初の女子プロ野球選手が誕生する。年明けには神戸に移住し、転校も検討。サイドスローから繰り出す水原勇気ばりの「魔球ナックル」が野球界の常識を覆す。

 歴史に名を刻んだ女子高生は茶髪にブレザー、ひざがのぞくスカートの制服姿で会見場に現れた。テレビカメラ6台、無数のフラッシュ攻勢に吉田は「凄くうれしい。びっくりした。とても緊張して頭が真っ白です」と日焼けした顔をほころばせた。

 ナックルが指名の決め手となった。今月2日からの関西独立Lトライアウトで1次、2次を女子で唯一突破。実戦形式の最終選考では1回を無安打無失点に抑えた。ただキャピキャピぶりは普通の16歳と一緒だ。同席した元阪神投手、神戸・中田良弘監督が「ナックルがよく落ちる。トライアウトで答えを出したので戦力になると思った」と答えると、吉田は49歳指揮官をつかまえ「ちょっとイケメンかなと思った」とデレデレ。宝物の携帯で「友達に“指名もらっちゃったよ”ってメールしました」とも話した。

 それでも野球への情熱は人一倍だ。「女の子と男の子で意識しちゃう部分もあってキャッチボールの相手がいなかった。辞めようと思ったことはあった」。だが中学3年夏に、漫画「野球狂の詩」を愛読する父・勇さん(45)からレッドソックスのベテラン右腕・ウェークフィールドのビデオを見せてもらい「ナックルで男の人を打ち取りたい」と決心。川崎北野球部には体力的な事情もあり在籍できなかったが、女子野球の道には進まず、クラブチームを経てプロ入りにたどりついた。

 全選手に一律年俸180万円を支給するチームは、環境面でも吉田に全面支援を約束した。こちらもプロ野球初の女性オーナーとなる広田和代さんは「球団職員の家に下宿させることになると思う」。神戸入りに伴い転校することになるが「単位制や通信制で高校卒業資格を取れるようにしてあげたい」と配慮する。

 入団が決定すれば2月の合同自主トレからチームに合流。「いつかはプロ(NPB)でやってみたい」。夢をあきらめなかった吉田が、小さな手で大きな夢をつかんだ。

 ◆吉田 えり(よしだ・えり)1992年(平4)1月17日、川崎市生まれの16歳。小2から野球を始める。中川西中では軟式野球部に所属し、一塁のレギュラー。川崎北に進学後、硬式クラブチーム「千葉熱血MAKING」や「西多摩倶楽部」でプレー後、現在は女子野球のクラブチーム「朝日トラスト」に所属。家族は両親と兄。1メートル55、50キロ。右投げ右打ち。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-17 15:51 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)  

吉田えりさんがんばれ!

初の女性プロ野球選手へ 関西独立L吉田さん指名

女性初のプロ野球選手誕生!
関西独立リーグの神戸ナインクルーズには、
ちょっと縁があって、注目していました。
話題の女子高生選手獲得。
今後も応援していきたいですね。

以下、記事本文
*************************************************************************
初の女性プロ野球選手へ 関西独立L吉田さん指名
 来年4月に開幕する野球の関西独立リーグのドラフト会議が16日、大阪市内で行われ、神奈川・川崎北高校2年の吉田えりさん(16)が神戸から7位で指名された。吉田さんは「プロで輝きたいなという気持ちがあった。身を引き締めていきたいと思う」と入団する意向。日本では50年から2年間、女子のプロ野球リーグが存在したが、男子選手に交じってプレーする初の女性プロ野球選手が誕生する。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-16 17:07 | プロ野球 | Trackback | Comments(0)