「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

天地人 第17話「直江兼続誕生」

 毛利秀広の手により落命した直江信綱。その喪も明けぬうちに景勝の主命によって直江を継ぐことになった兼続。ここに直江兼続が誕生する。
 現代の我々にしてみれば考えられないスピード婚だが、家名存続を第一と考える戦国時代の婚礼に対する価値観で考えると、当り前のことなのだろう。とは言え、今も昔も男と女であることに変わりはない。兼続、お船の心中はいかばかりか?・・・・などと考えてしまう。
 武田が滅びたあとも、菊姫に対して「そなたはわしの妻じゃ。これからもわしが守ってまいる」と誓った景勝。このような利害関係を超えた夫婦愛が、この時代にも存在したと考えたいもの。

 久々に石田三成が登場。「サルではなくわしに使えよ。」と言った信長に対して、「我主より先にあなた様に会わなかったのが天の配剤」と秀吉に義理を立てる。そして「千里を走る駿馬も名伯楽がいてこそ」と、自らの俊才ぶりは秀吉あってのこととを謙遜する。この対応は、第1話の冒頭であった後年の兼続が、同じくヘッドハンティングしようとする秀吉に見せた態度と同じ。
三成と兼続。二人が後年、関ヶ原において通じ合う「心」がここに垣間見られたようである。

 明智光秀も登場。武田滅亡後の信長の光秀いびりは知られるところ。この辺りから光秀の秘めたる思いが培われていったのだろうか? 彼の抱えるストレスは並大抵ではなかったであろう。
誰かのように、酒かっくらって公園で全裸になって叫ぶことでも出来れば、本能寺の変は起こらなかったかも知れない。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-26 23:00 | 天地人 | Comments(0)  

母親が母親でなくなった悲劇

母親、同居男ら3人逮捕 小4女児不明、死体遺棄容疑

こんなことを発言すると、世の善良な女性からお叱りを受けるかもしれないが、しかし、バツイチシングルマザーと内縁の夫というパターンでこの様な悲劇が何度繰り返されたことだろうか?
男が出来ると、母親よりも女であることを選ぶ。そしてその男次第では悪魔にも豹変する。
女性に対してそんな偏見を持ってしまう。
この母親も、最初から悪魔だったわけではないだろう。
娘を愛おしく思っていた普通の母親だった頃もあったに違いない。
だから娘を引き取ったのだろう。
しかし悲劇は起きてしまった。
男が出来たときから、娘が邪魔な存在になっていったと想像するに難しくない。

世の離婚夫婦は、まだまだほとんどの場合が母親が親権を得ることが多い(今回の場合、別れた夫側にも姉妹がいたようだが)。
それは、子供が選んだ場合や、「子供は母親が育てるのが最良」という古い固定観念もあるだろうが、母子家庭に比べて父子家庭に対する環境援助や優遇が少ないことも要因にあげられるだろう。
私の身近にも父子家庭の親子がいるが、公立の保育所に入る審査も母子家庭に比べて非常に厳しかったと聞く。
行政から得られる経済的援助も極めて少ない。
そして職場や社会の父子家庭に対する理解も、まだまだ遅れているのが現状である。

父親が引き取ったらこの様な悲劇が起こらないとは限らない。
子供を母親に押し付けたまま子育てに干渉しない無責任な父親も、まだまだ世の中にはたくさんいるだろう。
しかし、昨今繰り返される残虐な事件を見るにつけ、親権のあり方について考えさせられる。
「親としての資格」があるのはどちらか?
冷静な選択の出来る社会を作っていかなければならない。

ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
**************************************************************************
母親、同居男ら3人逮捕 小4女児不明、死体遺棄容疑
 大阪市西淀川区千舟の市立佃西小4年松本聖香さん(9)が行方不明になっている事件で、大阪府警捜査1課は23日、死体遺棄容疑でいずれも無職の母親松本美奈(34)、同居の小林康浩(38)、知人の杉本充弘(41)の3容疑者を逮捕、西淀川署に捜査本部を設置した。捜査本部によると、小林容疑者は「奈良に遺体を埋めた」と供述。府警は同日夜、奈良市北東部の山中を捜索、深さ約70センチの地中から聖香さんとみられる子どもの遺体を発見した。着衣はなかった。公開捜査から約2週間で事件は急展開した。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-24 11:13 | 時事問題 | Comments(6)  

タレントと政治家は酒に注意!

<公然わいせつ>SMAP草なぎ剛容疑者を逮捕 警視庁

別に大騒ぎするほどの事件でもないと思うのだが、国民的人気タレントであるが故、周りに与える影響・損害は大きく、この過剰報道もやむを得ないというところだろうか。
これでしばらく彼は公から姿を消すことになるのだろう。
同情してしまうのは甘いだろうか?

「公然わいせつ罪」という罪状は、起訴された場合刑法によると「6ヶ月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。 」ということらしい。
しかし、泥酔して公園で裸になった罪よりも、泥酔状態で国際会議の記者会見の場で世界に醜態をさらした、どこかの国の大臣の方がよっぽど罪だと思うのだが・・・。
残念ながら取り締まる法律がないため、大臣は辞めても議員は続けている。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
*****************************************************************
<公然わいせつ>SMAP草なぎ剛容疑者を逮捕 警視庁
 東京都港区の公園で裸になっていたとして、警視庁赤坂署は23日、人気グループ「SMAP」の草なぎ剛容疑者(34)を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、容疑を認め「知人2人と赤坂の居酒屋でビールや焼酎を飲んだ。知人と別れ公園に来た」と説明。「何で裸になったか覚えていない。反省している」とも供述しているという。
 23日午前3時ごろ、自宅近くの港区赤坂の同区立檜町公園の広場で裸になった疑い。泥酔状態で、裸で大声を上げ騒いでいるところを110番され、駆け付けた署員に逮捕された。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-23 16:53 | 時事問題 | Comments(3)  

どうにも釈然としない・・・。<毒物カレー事件>

<毒物カレー事件>林被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却

11年の時を経て、積み上げたのは状況証拠のみというこの裁判。
最高裁は死刑の判決を下した。
物証なし、動機も曖昧なままでの死刑判決は、今後議論を呼びそう。

4人もの人が亡くなったこの事件。
これが真実ならば極刑は免れない。
しかし死刑求刑の根拠は状況証拠だけで、重要な動機に関しては、1審においては「解明することができなかった」とし、2審では「断定は困難」とするにとどまっていた。

積み上げた状況証拠から、「ヒ素をカレーに混入出来たのは林被告以外考えられない。」というのが判決理由。
私もそう思う。
しかし、「考えられない。」という理由で裁けるものだろうか?
もし冤罪だったら・・・・「死刑」だけは取り返しがつかない。

「疑わしきは罰せず」が、刑法の原則だという。
ならば「無罪」が相当かといえば、それも釈然としない。
限りなく黒に近いグレーでも、黒ではない。
でも、それを白というのは憚られるわけで・・・。
どうにも着地点が見当たらない裁判だ。
もうすぐ始まる裁判員制度において、この種の事件がどう扱われるか注目したい。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
*****************************************************************
<毒物カレー事件>林被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却
 98年7月に和歌山市で起きた毒物カレー事件で、殺人罪などに問われた林真須美被告(47)に対し、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は21日、上告を棄却する判決を言い渡した。死刑とした1、2審判決が確定する。弁護側は一貫して無罪を主張してきたが、小法廷は1、2審に続き退けた。
 カレー鍋に亜ヒ酸を混入したことを示す直接的な証拠はなく、検察側は、「林被告が鍋をのぞき込んで湯気をかぶった」との付近住民の目撃証言や、林被告の自宅などにあった亜ヒ酸と混入物の同一性に関する鑑定など状況証拠を積み重ね、起訴内容の立証を目指した。これに対し弁護側は全面的に争った。
 1審・和歌山地裁は02年12月、「カレーに亜ヒ酸を混入できる機会があったのは被告だけ」と判断、未必の殺意を認めて死刑を言い渡した。1審で黙秘した林被告は、2審で被告人質問に答え自ら無罪を訴えた。しかし、大阪高裁は05年6月、1審を支持して被告側の控訴を棄却した。ただ、動機については1、2審とも認定を避けた。
 弁護側は、上告審で改めて「現場で目撃されたのは第三者の可能性がある」と主張し、亜ヒ酸の鑑定についても「資料の収集、保管がずさんで信用できない」と訴えた。
 事件は98年7月25日、和歌山市の園部第14自治会の夏祭りで起きた。主婦らが作ったカレーを食べた67人が急性ヒ素中毒を発症し、うち▽自治会長の谷中孝寿さん(当時64歳)▽副会長の田中孝昭さん(同53歳)▽私立高1年の鳥居幸(みゆき)さん(同16歳)▽小学4年の林大貴(ひろたか)君(同10歳)の4人が死亡した。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-21 16:51 | 時事問題 | Comments(0)  

天地人 第16話「信玄の娘」

「わしに力があったなら。誰が見ても明らかに謙信公の跡継ぎであったなら・・・。この戦の罪を背負うのは、このわしなのじゃ。どれほど苦しくてもこの越後を守らねばならぬ。それが定めじゃ。」
御館の乱の責めを一身に背負い身を退こうとする兼続に対して、景勝が言った言葉。
主たるもの、最も求められるのは統率力とカリスマ性。そのどちらも兼ね備えた先代の後継者は辛いものである。後継者候補が複数存在すれば、必ず争いは起こる。誰のせいでもない必然と言えよう。
次に主になる人物に必要なのは、最後に責任を負う「覚悟」であると思う。自己の力量を過大評価することなく、適材適所に部下に役割を与え、最後の責任は自らが負う。どうやらその「覚悟」は景勝は持ち合わせていたようである。
麻生さん、小沢さんは、その「覚悟」を持ち合わせているだろうか?

前話まで「御館の乱」を題材に、話の進行が停滞ぎみだった物語。今回、菊姫の輿入れから直江信綱の暗殺まで一気に話が進んだ。まだまだ30年分くらい描かなければならない。このあたりでペースアップというところだろうか・・・?


ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-19 23:02 | 天地人 | Comments(0)  

第69回皐月賞

3強ムードの今回の皐月賞だが、果たしてそうだろうか?
過去10年で見ても1・2番人気で決まったのは、2003年のネオユニバース・サクラプレジデントのみ。特にこの3年は3番人気までが全く連に絡んできていない。絶対視は危険だ。
臨戦過程から考えると、やはり最も信頼置けるのは弥生賞組。3強の中では①ロジユニヴァース。スプリングSからの参戦はイマイチ信頼が置けないので、私としては⑯アンライバルドは評価を下げたい。⑱リーチザクラウンも前走きさらぎ賞という過程は微妙。大外18番というのもマイナス材料と考える。1番人気馬の信頼度も低いのが過去の皐月賞の傾向だが、今回私は①ロジユニヴァースを信頼して軸に推したい。

3強以外の穴っぽいところを探してみると、ロジと同じく弥生賞組の⑤ミッキーペトラ、⑪アーリーロブストに着目したい。⑮セイウンワンダーも体重が絞れていたら面白いが、距離の不安といくことも考えられなくはないので、ここは見送り。弥生賞組以外で探せば、⑥ベストメンバーあたり。重症経験に乏しいのが不安材料だが・・・。

上記をまとめた私の買い目予想。
◎本命、①ロジユニヴァースから馬単で⑤ミッキーペトラ、⑪アーリーロブスト。
⑯アンライバルドと⑱リーチザクラウンは元返し程度の抑えで。
3連単・3連複は難解なので今回は見送り。

余談だが私は皐月賞を過去10年以上的中していない。


にほんブログ村に参加しています。
下のバナーをクリックもらえると嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
中山11R 第69回 皐月賞(GI)  定量 2000m 芝・右

① ロジユニヴァース (牡3、横山典)
② リクエストソング (牡3、後藤浩)
③ サトノロマネ (牡3、北村宏)
④ トライアンフマーチ (牡3、武幸四)
⑤ ミッキーペトラ (牡3、田中勝)
⑥ ベストメンバー (牡3、四位洋)
⑦ ナカヤマフェスタ (牡3、蛯名正)
⑧ メイショウドンタク (牡3、藤田伸)
⑨ イグゼキュティヴ (牡3、松岡正)
⑩ ゴールデンチケット (牡3、川田将)
⑪ アーリーロブスト (牡3、福永祐)
⑫ フィフスペトル (牡3、安藤勝)
⑬ モエレエキスパート (牡3、三浦皇)
⑭ アントニオバローズ (牡3、角田晃)
⑮ セイウンワンダー (牡3、内田博)
⑯ アンライバルド (牡3、岩田康)
⑰ シェーンヴァルト (牡3、北村友)
⑱ リーチザクラウン (牡3、武豊)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

4月19日追記 レース結果
e0158128_21482463.jpg

予想は全くの大外れ。恥ずかしい限りである。
やはり今年も波乱となった皐月賞。3強では決まらないとは思ったが・・・・。
先行馬有利の展開を予想した私だったが、結果は前崩れの展開。的外れな予想だった。
ロジユニヴァースとリーチザクラウンの惨敗結果をどう見るか?
これでダービーが難しくなった。

にほんブログ村に参加しています。
下のバナーをクリックもらえると嬉しく思います。
      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-19 00:39 | 競馬 | Comments(0)  

「現役」最高打者イチロー、「歴代」最高打者へ。

<イチロー>3086安打 日本選手最多安打記録を更新

昨日の対記録続いてあっさりと3086安打の新記録を樹立したイチロー。
さすがに今日は満塁本塁打とはいかなかったようだが・・・(今日も本塁打だったら本当に神だ)。
「張本さんの米滞在が今日までと聞いて、何とか今日決めたかった。」と語ったイチロー。
そのとおりやってのけるのが彼のスゴイところである。

記録が日本記録である以上、騒いでいるのは我々日本人ファンだけかと思いきや、記録達成のあと、セーフコ・フィールドのスクリーンに張本勲の選手時代の映像が流されるとともに、彼がいかに素晴らしい選手だったかが紹介されたそうである。
拍手と歓声の中、スタンドで観戦していた張本氏は席を立って一礼したとか。
粋な計らいをしてくれるものだが、WBCの実績やメジャーリーグでの日本人選手の活躍もあって、日本野球がベースボールの母国においても認められてきたことを実感する。
嬉しいかぎりだ。

まぎれもなく世界現役最高の打者イチローは、今日、日本歴代最高の打者になった。
目指すは世界歴代最高の打者だ。
張本超えと次は、目指せピート・ローズ超え!

ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
*****************************************************************
イチロー3086安打 日本選手最多安打記録を更新
 米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(35)=本名・鈴木一朗=は16日(日本時間17日)、当地のセーフコ・フィールドで行われたエンゼルス戦の四回の第2打席で右前打を放ち、日米通算安打を3086本(日本1278本、大リーグ1808本)として、張本勲氏(68)=元ロッテなど、現野球評論家=が持つ3085本の日本選手最多安打記録を塗り替えた。
 日米通算3083安打で今季を迎えたイチローは、開幕前に出血性の胃かいようのため大リーグ9年目で初の故障者リスト入り。15日の復帰戦で満塁本塁打を含む2安打を放ち、張本氏の記録に並んでいた。大リーグの最多安打記録はピート・ローズの4256本。
 イチローは92年から9シーズン、日本のオリックスに所属した後、01年からマリナーズでプレー。04年に大リーグのシーズン最多安打記録を84年ぶりに塗り替える262安打を放ち、昨年は大リーグ記録に107年ぶりに並ぶ8年連続200安打をマークした。今年3月には第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本の連覇に貢献した。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-17 17:04 | プロ野球 | Comments(0)  

イチローにとっては通過点。

<イチロー>日本プロ野球最多安打記録に並ぶ

胃潰瘍で休養していたイチローにとっての開幕戦。
昨シーズンあと2本にせまって届かなかった張本勲の持つ日本記録3085安打に並んだ。
しかも満塁本塁打という派手な演出付き。
イチローは節目となる安打は本塁打が多い。
これも彼の計算による演出なのだろうか?(満塁はもちろん偶然だろうけど・・・笑)

当時不滅と思われた張本勲の大記録。
イチローの出現までこの記録を脅かす選手すらいなかった。
破られることはないと思われた記録も、イチローにとってはまだまだ通過点。
日米通算10032打席目、9084打数目の3085安打。
これは張本勲の9666打数をはるかに上回るスピート。
年齢も、張本の41歳に対してイチローはまだ35歳。
どこまで記録を伸ばすことが出来るか楽しみである。

今年は9年連続200本安打のメジャー新記録が期待されている。
同時に、メジャー通算2000本安打までも残り193本。
イチローによって次々に塗り替えられていく記録。
もちろん記録のために野球をしているわけではないだろうが、ファンにとっては楽しみが尽きない。
不滅の大記録、ピート・ローズの持つ通算最多安打4256本も夢ではない。

ブログランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
**************************************************************************
<イチロー>日本プロ野球最多安打記録に並ぶ
 【シアトル小坂大】米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手(35=本名・鈴木一朗)が15日(日本時間16日)、当地のセーフコ・フィールドで行われたエンゼルス戦で2安打を放ち、日米通算安打を3085本として張本勲氏(元ロッテ、現野球評論家)の持つ日本プロ野球最多安打記録に並んだ。
 胃かいようを患った影響で、開幕直前に故障者リスト入りしていたイチローは今季初出場。「1番・右翼」で先発し、三回の第2打席で中前打、七回の第5打席で満塁本塁打を放った。マリナーズが11―3で勝ち、6連勝。
 イチローは記録更新をかけて、16日(同17日)に当地でのエンゼルス戦に臨む。大リーグの通算最多安打記録は、ピート・ローズの4256本。
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-16 16:12 | プロ野球 | Comments(0)  

「龍馬伝」主要キャスト発表!

「福山竜馬」共演に香川弥太郎、武田海舟

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」の脇役主要キャストが発表された。
福山雅治の坂本龍馬を、下記メンバーが支える。
●岩崎弥太郎・・・・香川照之
●勝 海舟・・・・・・武田鉄矢
●西郷隆盛・・・・・高橋克実

いずれも言わずと知れた演技派の面々。

このたびの「龍馬伝」において準主役的存在である弥太郎役の香川照之さんは、スペシャル大河ドラマの「坂の上の雲」でもやはり準主役の正岡子規役を演じている。
どちらもハマリ役で楽しみではあるが、同時期の放送だけに役柄がオーバーラップしてしまいそう。
勝海舟役の武田鉄也さんは、強烈な坂本龍馬の崇拝者であることは誰もが知るところ。
若き日は何度も龍馬役を演じていることからも、今回龍馬の恩師である勝海舟を演じるのは感無量だろう。
意外だったのは、西郷隆盛役の高橋克実さん。
「実直さを感じさせる配役。」ということだが、西郷隆盛の持つ「無骨感」というか「凄味」に欠けるような・・・?
どんな西郷になるのか観ものだ。

坂本龍馬役の福山雅治さんも最初発表になったときは違和感を感じたものの、今では楽しみになっている。
とにかく蓋を開けてからのお楽しみ。
放送開始が待ち遠しい。

ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

以下、記事本文引用
**********************************************************************
「福山竜馬」共演に香川弥太郎、武田海舟
 福山雅治(40)が主演するNHK大河ドラマ「龍馬伝」(来年1月スタート)に登場する岩崎弥太郎を香川照之(43)、勝海舟を武田鉄矢(59)、西郷隆盛を高橋克実(48)が演じることが14日、分かった。いずれも龍馬に大きな影響を与えた人物で、ドラマでも重要な役割を果たすことになりそう。個性的で実力ある演技派が“福山竜馬”を支え、もり立てる。
 「龍馬伝」は竜馬の生涯を三菱財閥創業者として知られる幕末屈指の経済人岩崎弥太郎の視点から描く。弥太郎にとって竜馬は同郷のあこがれの存在で、何度も衝突しながら、竜馬の死後はその志を引き継いだ。ドラマのカギを握る人物ともいえ、40代の俳優でトップクラスの演技力を誇る香川に白羽の矢が立てられた。香川はここ数年、映画やドラマの話題作出演が相次ぎ、作品のクオリティーを支える存在として引く手あまたの状態が続いており、今回も好演が期待される。
 竜馬と並ぶ幕末の人気キャラクター勝海舟を演じるのは武田鉄矢。武田は作家司馬遼太郎氏の小説「竜馬がゆく」に影響を受け、リーダーを務めたフォークグループを「海援隊」と命名したほど心酔している。過去にドラマや映画で竜馬を演じ、竜馬を主人公にした漫画の原作も執筆した。今回は土佐脱藩後に竜馬が弟子入りした恩師の勝を演じるが、思い入れの強い題材だけに熱演が予想される。
 西郷隆盛役に選ばれた高橋は、実直さを感じさせる雰囲気と幅広い役柄をこなす演技力で人気を集める個性派。西郷は竜馬が絶大な信頼を寄せていた人物といわれており、高橋が持つ独特の存在感が作品を盛り上げることになりそうだ。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-15 14:38 | 龍馬伝 | Comments(0)  

天地人 第15話「御館落城」

謙信の死後、約1年余り続いた「御館の乱」。本物語でも第10話から6回にまたがって展開した。
仙桃院の説得に耳を傾け、最後に少しだけ閉ざした心を開きかけた景虎だったが、道満丸暗殺によってもろくも崩れ去った。あまりにも悲しい結末である。
道満丸暗殺を、「降伏を良しとしない景虎陣営の者の仕業。」としたところが、悲しさを増す脚本だ。
有り得る話である。

この物語では、御館の乱を起こしたところからすべて遠山康光の陰謀のように描かれている。
道満丸暗殺の件も、おそらく遠山の仕組んだことという設定。鮫ヶ尾城において景虎と華姫の自刃をも想定していたかのように、不敵な笑みを浮かべて北条に向かう。
私は遠山康光という人物のことをよく知らないので、Wikipediaにて調べてみると、この争乱によって景虎とともに自害したとなっている。史実はどうなのだろう?
この物語では、彼は景虎を見捨てて北条に落ち延びた。謀をもってして内部から上杉を潰そうという北条の策略だったのだろうか?どうやら後にまた登場しそうな去り方。今後の展開に注目したい。

形勢不利になるとまわりの者たちも次々に去っていく。悲しいが現実的な話。
「裏切り」「寝返り」を数々経験し、人を信じる心を失ってしまった景虎。
「人を信じる。」というのは難しいことだと思う。自分に自信がなければ人を信じることは難しい。しかし、信じることが出来なければ人はついてこない。人の上に立つ人間の器が垣間見れる。
残ったのは華姫一人。最後に信じられる者が最愛の妻であったことは景虎の唯一の幸せだろう。
社会に敗北したとき、私の妻は側にいてくれるだろうか・・・?
あまり考えないことにしよう。


ブログ村ランキングに参加しています。
下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
     ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
[PR]

by sakanoueno-kumo | 2009-04-12 22:32 | 天地人 | Comments(0)